Select Language



【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月14日 11時10分]



SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

今回は、1年とすこし前に購入してからすっかりハマってしまったオールドレンズ
『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2』をご紹介いたします。

冒頭の写真は、良い被写体があった!と思ってカメラを構えたところ、
ピントを合わせる前の画がとても幻想的だったのでそのままシャッターを切った1枚です。
マニュアルフォーカスレンズの良いところは、
こうした予期せぬ1枚に巡り合えるところにあると私は思っています。



SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

先ほどの1枚のピントを合わせた結果がこちら。
ヘリオスの柔らかなフレアがとても美しいです。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

今回掲載している写真は、すべて去年の元旦に撮影をしたものです。
だいたいどのお店も閉まっていて人通りも少ない元旦は、写真を撮る者にとって最高の環境!
ふらっと近くにある遊園地に訪れてみたらなんと釣り堀がやっていました。
元旦からの営業、おつかれさまです。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

営業しているとは言えど、園内に人はほとんどいません。
そんな中、我が物顔で階段に陣取るお猫様。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

釣り堀の周りにはなぜか猫がたくさん。
どうやら釣れた魚を狙っているようです…。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

何枚もシャッターを切っていたら、カメラ目線をくれました。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

このレンズ、実は7,800円で購入した並品。
安いし買ってみるかという軽い気持ちで購入をしたのですが、
想像以上に好みの写りをしてくれるので今ではすっかりスタメンです。
これだからオールドレンズはやめられない!


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

大きなボケ味と、優しい色味。
光が強いと派手なゴーストが出ることもありますが、それもまた味というもの。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

ヘリオスを購入してからというものの、すっかりロシアレンズ沼にハマってしまいました…。
毎日マップカメラの新着中古でロシアレンズを漁る日々。
意外と難あり品に掘り出し物があるのです。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

日もすっかり暮れて、せっかくなので初詣に。
さすが元旦!すごい行列です。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

さすがに周辺の解像力は落ちますが、中央の描写力は見事なもの。
絞り込めばよりいっそうシャープな画を見せてくれます。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

卒塔婆がシルエットになり、ちょっとイラストチックな1枚になりました。
夜空に浮かぶ三日月がとても美しいです。

『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)』いかがでしたでしょうか。
ヘリオス特有の柔らかい写りの魅力が少しでもお伝えできていたらとても嬉しいです。
人気商品なので入荷してもすぐに売り切れてしまうことが多いのですが、
見かけたときはぜひお手に取ってみてください。
ヘリオス越しの世界はとても幻想的で、病みつきになること間違いなしです。








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月14日 11時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]