いろんなレンズで愛犬を撮ってみよう! | THE MAP TIMES 
Select Language



いろんなレンズで愛犬を撮ってみよう!

[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月18日 15時00分]




TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD A035


今年は戌年!
マップカメラでは、日頃から使用している機材のレビューをお客様が書いて投稿できるサービスがあるのですが、1月末までワンちゃんの写真を投稿頂くと500円分のポイントをGETできるキャンペーンを行っています。

犬レビュー大賞


戌年だし、今年はわが家の愛犬写真を撮影してみようかな?
でも、動物を撮るレンズはあまり持ってないし… なんて声を耳にします。

ワンちゃんの撮影は望遠レンズで走っている写真のイメージが先行しがちですが、広角レンズから単焦点レンズまで、いろんなレンズ撮影を楽しむことが出来ます。これを機に、いろいろなレンズで愛犬を撮ってみてはいかがでしょうか?

今回は自宅にある機材を引っ提げて、埼玉にあるドッグランで撮影を行ってきました。

犬の撮影を行う際は
◎音がなるおもちゃ(スマートフォンでも)
◎小さなオヤツ

などなど、目線をカメラに向けさせらるような物を持っていくと便利ですので
ぜひカメラと共に持って行ってみてください。


~魚眼レンズで撮る~

Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
EOS 5D MarkIII + EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM


一時期ブームになった鼻デカ写真、魚眼レンズを使うことで誰でも簡単に撮影することが出来ます。
我が家のチワワは鼻先が小さく尖がっているので思い通りの写真にならなかったのが残念ですが、子犬や鼻先が可愛いワンちゃんにはぜひ一度試していただきたいレンズです。

キヤノンのEF 8-15mm F4L フィッシュアイは全周魚眼撮影が出来るので、ワンちゃんをメインに周りの環境も取り入れた一枚を狙ってみたり、フィッシュアイ系のレンズは最短撮影距離が短く被写体に近づけるので、思いっきり寄ってみてダイナミックな一枚に仕上げることも出来ます。

~標準レンズで撮る~

Canon EF17-40mm F4L USM
EOS 5D MarkIII + EF17-40mm F4L USM(40mmにて撮影)


便利で使用率の高い標準レンズは、いつもと同じ構図になってしまいがち…
そんなときはちょっと面白い構図を狙ってみて、変化を出してみると思いがけない一枚が撮れるかも?
上の写真はオヤツで釣って食べたいアピールをしている所を一枚パシャリ。おやつは撮影をする上で必須アイテムです。


~明るい短焦点レンズで撮る~

SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM

SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM

EOS 5D MarkIII + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM



人物撮影に使われるようなポートレートレンズ、もちろんワンちゃんの撮影にも使えます。
ふんわりしたボケ味を生かして、いつもとは違う一枚を撮ってみてください。

余談ですが、定番のワンちゃんが首を傾げているポーズ。ここぞと言う時に中々でなくて困ることはありませんか?

犬の首かしげポーズは、いつも聞きなれない音がした時にする本能行動のひとつなので、カメラの上にスマートフォンを掲げて、ちょっとした音を聞かせたりすると、首かしげポーズを披露してくれるかも。
大きな音を出すとびっくりしてしまうので、小さい音量からトライして反応を見てみてください。


~オールドレンズで撮る~

FD 85mm F1.2L

FD 85mm F1.2L
EOS 5D MarkIII +NewFD 85mm F1.2L


最近はマウントアダプターでオールドレンズを嗜む方が増えていますが、もちろんワンちゃん撮影にも使えます。

猫と違ってワンちゃんは動きがすばやく、中々ピントが合わずにボケボケ写真が量産… と、大変ではありますが、オールドレンズならではの描写を楽しむのも一興です。

家に眠っていたり、スナップでしか使用しないレンズ、一度ワンちゃん撮影に使ってみてください。雰囲気満載のワンちゃんが撮影できるはずです。

~望遠レンズで撮る~

TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD A035

TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD A035
EOS 5D MarkIII + TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD A035



最後は定番の望遠レンズ。
走っている姿をピタっと撮影できた時の感動は、ワンちゃん撮りの醍醐味。
撮り方はいろいろとありますが、まずはシャッターをたくさん切って沢山写真を撮る!これが一番の近道です。

公園で1人の撮影だと、どうしてもリードが入ってしまったり
おもちゃを投げて走らせると、口におもちゃを咥えた写真が量産されてしまいがちですが、ドッグランでは沢山のワンちゃんと共に自由に遊んでくれるので、リードやおもちゃのない自然な姿の写真を撮影することが出来ます。
沢山走って遊べるドッグランはワンちゃんのストレス解消にもなるので一石二鳥、少し遠出してみてはいかがでしょうか?

まだレビュー期限まで時間がありますので、私はあえてこのレンズで撮ってみた!
などなど、沢山のご応募お待ちしております。


↓今回使用したレンズはコチラ↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月18日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

私がカメラを始めたきっかけ 私がカメラを始めたきっかけ Vol.8 2018年09月21日
-私がカメラを始めたきっかけ- さて、「私が愛してやまないニコン」、の切り口で いつも記事を書かせていただいておりますが、 もっとも私が最初に手をしたカメラは、 今所持しているD850などとは似ても似つかない、 さらにはメーカーはニコンでもない、 非常にコンパクトなカメラだったのです。 私は平成に生を受けました。 私が物心付いたころに周囲にあったカメラといえば、 デジタルカメラがほとんどで、 フィルムカメラなどは「写ルンです」程度しかしらない世代です。 カ...
続きを読む
【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]