【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

明治37年から昭和47年まで、約70年間に渡って横浜で活躍した路面電車、「横浜市電」。
そのノスタルジックな雰囲気たっぷりの車両と横浜の歴史を存分に味わえる横浜市電保存館に行ってきました。
無料の駐車場と、大人(高校生以上)300円 3歳から中学生100円というリーズナブルな料金で、とってもおススメ!
と言いますか本当は内緒にしておきたいくらいの良い所です。

相棒はフルサイズセンサーと大口径カールツァイスレンズを搭載した夢のコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1です。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


エントランスを通るとすぐに現れる車両展示コーナー。
激動の時代を駆け抜けた歴史ある7両の車両達が、今にも動き出しそうなピカピカな姿で並んでいます。
停留所標識や敷石も当時の姿で保存され、タイムスリップした様な気持ちになる事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


車両の中に入る事もできます。内部は木造で味わい深く、クラシックなムード満点!
あちこちに残るキズも当時の利用者がつけたものかな、などと市電が活躍した時代に想いを馳せます。
RX1の美しい描写で、木や金属の質感がしっかり感じられる写真になりました。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電廃止の際に作られた花電車が復活!
お別れの時を飾った車両が、時を経てまたみんなに会いにくるなんて…。感慨深いです。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX


実はこの市電保存館、去年の1月にリニューアルされ、新しく歴史展示コーナーができました。
貴重な資料や解説を見ながら、横浜の歴史や市内の交通のあゆみを知る事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


子供達が釘付けになる鉄道ジオラマコーナー。
地下鉄 私鉄 JR 市電など様々な車両が走っていて、いつまでも見ていられます。
自分で運転できるものもあります。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


鉄道ファンにはたまらないシミュレーター。操作は簡単で、誰でも運転手気分を味わえます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電の歴史を映像で見る事ができるシアターコーナー。
横浜市電が街を走る姿はもう映像でしか見る事ができませんが、大きな画面で当時の雰囲気がしっかり伝わってきます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


訪れたのは平日の昼間だった為、ゆっくりじっくり見学できました。横浜市内を元気に走り、市民に愛された市電。
なんだか暖かい気持ちになり、私も現代を頑張って生きなければ、と元気をもらった1日でした。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


相棒のRX1は絞り操作リングや露出補正ダイヤルが使いやすく配置され、快適に撮影できました。
ズーム機能の無い単焦点レンズが素晴らしい描写はもちろん、工夫しながら写真を撮る楽しさも与えてくれます。
適度に重さがあり、質感やデザインにも優れたボディが持っていて満足感があります。
カメラファンの夢が詰まったフルサイズセンサーコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1
ぜひ手に入れて、素敵な作品を撮ってください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:01月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 2018年02月25日
待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。 カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。 辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。 こっちみてます 視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。 曲がってます 直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な...
続きを読む
小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】『とびきりの一枚コンテストVol.3』本日スタート! 2018年02月23日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より毎度ご好評いただいている『とびきりの一枚コンテスト』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテストVol.3!! 3月16日(金)までの期間中毎日とびきりの一枚を選考し発表します! ※初回は本日ご投稿の写真から明日厳選の上発表いたします! 受賞作にはマップカメラで使えるシュッピンポイント1000円分を進呈! さらに、3月の第1~第3水曜日に週間グラ...
続きを読む
null シェア “したい” 写真 2018年02月23日
  &nbsp 気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。 昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。 それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。 私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。   &nbsp 35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。 またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 2018年02月23日
【FUJIFILM X-H1 先行展示&作例展示 実施中】 ただいまマップカメラ本館3階では、フジフイルムのフラッグシップ X-H1の実機デモ展示ほか、多数の作例写真を店内に展開中です! 高性能プリンターで出力したA3ノビサイズの写真を店内壁面に展示。さらに手に取ってご覧いただける作例集もご用意しております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]