【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月19日 10時30分]



SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

明治37年から昭和47年まで、約70年間に渡って横浜で活躍した路面電車、「横浜市電」。
そのノスタルジックな雰囲気たっぷりの車両と横浜の歴史を存分に味わえる横浜市電保存館に行ってきました。
無料の駐車場と、大人(高校生以上)300円 3歳から中学生100円というリーズナブルな料金で、とってもおススメ!
と言いますか本当は内緒にしておきたいくらいの良い所です。

相棒はフルサイズセンサーと大口径カールツァイスレンズを搭載した夢のコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1です。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


エントランスを通るとすぐに現れる車両展示コーナー。
激動の時代を駆け抜けた歴史ある7両の車両達が、今にも動き出しそうなピカピカな姿で並んでいます。
停留所標識や敷石も当時の姿で保存され、タイムスリップした様な気持ちになる事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


車両の中に入る事もできます。内部は木造で味わい深く、クラシックなムード満点!
あちこちに残るキズも当時の利用者がつけたものかな、などと市電が活躍した時代に想いを馳せます。
RX1の美しい描写で、木や金属の質感がしっかり感じられる写真になりました。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電廃止の際に作られた花電車が復活!
お別れの時を飾った車両が、時を経てまたみんなに会いにくるなんて…。感慨深いです。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX


実はこの市電保存館、去年の1月にリニューアルされ、新しく歴史展示コーナーができました。
貴重な資料や解説を見ながら、横浜の歴史や市内の交通のあゆみを知る事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


子供達が釘付けになる鉄道ジオラマコーナー。
地下鉄 私鉄 JR 市電など様々な車両が走っていて、いつまでも見ていられます。
自分で運転できるものもあります。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


鉄道ファンにはたまらないシミュレーター。操作は簡単で、誰でも運転手気分を味わえます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電の歴史を映像で見る事ができるシアターコーナー。
横浜市電が街を走る姿はもう映像でしか見る事ができませんが、大きな画面で当時の雰囲気がしっかり伝わってきます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


訪れたのは平日の昼間だった為、ゆっくりじっくり見学できました。横浜市内を元気に走り、市民に愛された市電。
なんだか暖かい気持ちになり、私も現代を頑張って生きなければ、と元気をもらった1日でした。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


相棒のRX1は絞り操作リングや露出補正ダイヤルが使いやすく配置され、快適に撮影できました。
ズーム機能の無い単焦点レンズが素晴らしい描写はもちろん、工夫しながら写真を撮る楽しさも与えてくれます。
適度に重さがあり、質感やデザインにも優れたボディが持っていて満足感があります。
カメラファンの夢が詰まったフルサイズセンサーコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1
ぜひ手に入れて、素敵な作品を撮ってください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
愛機と共に 【私のお気に入り】愛機と共に 2019年08月18日
モノを購入する際、 「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」 といったことがあります。 今回【私のお気に入り】ということで、 カメラ機材に全く関係のない腕時計を 上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。 是非お読みいただければ幸いです。 初めての機械式時計は10年以上前に購入した OMEGAのスピードマスターだったのですが、 手首の上でジリジリと回るローターの感覚… スムースに動くスイープ運針… たまりませんでした。 すっかり機械式時計に魅了され、あの時計...
続きを読む
null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む
角形フィルターで遊ぼう 【marumi】最新の角形フィルターを試みる 2019年08月16日
α7III + FE16-35mm F2.8 GM + M100 + C-PL For M100 + Soft GND8 + ND16 18mm | F8 | 20s | ISO100 千葉県佐倉市 印旛沼にて 「marumi」から最新鋭の角形フィルター誕生 EXUSやEXUS SOLIDといったレンズフィルターをご存知でしょうか。 レンズフィルター専業メーカーとして名の知れる「マルミ光機」通称「marumi」。 marumiのフィルターを愛用する写真愛好家は多いと思います。 レンズフィルターとは、レンズ前面のガラスの保護を目的として装着する「保護フィルター」が一般的ですが、 ...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]