【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月19日 10時30分]



SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

明治37年から昭和47年まで、約70年間に渡って横浜で活躍した路面電車、「横浜市電」。
そのノスタルジックな雰囲気たっぷりの車両と横浜の歴史を存分に味わえる横浜市電保存館に行ってきました。
無料の駐車場と、大人(高校生以上)300円 3歳から中学生100円というリーズナブルな料金で、とってもおススメ!
と言いますか本当は内緒にしておきたいくらいの良い所です。

相棒はフルサイズセンサーと大口径カールツァイスレンズを搭載した夢のコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1です。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


エントランスを通るとすぐに現れる車両展示コーナー。
激動の時代を駆け抜けた歴史ある7両の車両達が、今にも動き出しそうなピカピカな姿で並んでいます。
停留所標識や敷石も当時の姿で保存され、タイムスリップした様な気持ちになる事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


車両の中に入る事もできます。内部は木造で味わい深く、クラシックなムード満点!
あちこちに残るキズも当時の利用者がつけたものかな、などと市電が活躍した時代に想いを馳せます。
RX1の美しい描写で、木や金属の質感がしっかり感じられる写真になりました。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電廃止の際に作られた花電車が復活!
お別れの時を飾った車両が、時を経てまたみんなに会いにくるなんて…。感慨深いです。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX


実はこの市電保存館、去年の1月にリニューアルされ、新しく歴史展示コーナーができました。
貴重な資料や解説を見ながら、横浜の歴史や市内の交通のあゆみを知る事ができます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


子供達が釘付けになる鉄道ジオラマコーナー。
地下鉄 私鉄 JR 市電など様々な車両が走っていて、いつまでも見ていられます。
自分で運転できるものもあります。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


鉄道ファンにはたまらないシミュレーター。操作は簡単で、誰でも運転手気分を味わえます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


市電の歴史を映像で見る事ができるシアターコーナー。
横浜市電が街を走る姿はもう映像でしか見る事ができませんが、大きな画面で当時の雰囲気がしっかり伝わってきます。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


訪れたのは平日の昼間だった為、ゆっくりじっくり見学できました。横浜市内を元気に走り、市民に愛された市電。
なんだか暖かい気持ちになり、私も現代を頑張って生きなければ、と元気をもらった1日でした。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1


相棒のRX1は絞り操作リングや露出補正ダイヤルが使いやすく配置され、快適に撮影できました。
ズーム機能の無い単焦点レンズが素晴らしい描写はもちろん、工夫しながら写真を撮る楽しさも与えてくれます。
適度に重さがあり、質感やデザインにも優れたボディが持っていて満足感があります。
カメラファンの夢が詰まったフルサイズセンサーコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1
ぜひ手に入れて、素敵な作品を撮ってください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]