【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年06月02日 15時40分]


渡辺 浩徳氏

渡辺 浩徳氏
1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業
20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。
現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。

PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス
小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難ですが、このアルビノのエゾリスは比較的、人馴れしているので撮影しやすい被写体だった。
落ち葉の絨毯の上を走り回りエサを探している時のカットですが、赤系色の表現性が優れているために色鮮やかな落ち葉を克明に再現されている。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


食事中のナキウサギ
150ミリ~450ミリとレンズのズーム幅が3倍と小さいため、色収差や歪曲収差が発生しにくいので安心して解放から使えるレンズです。この1本で幅の広い撮影が可能である。
食事中、ナキウサギの後ろ姿を捉えた1枚。450ミリの開放値にしても解像力が良く紅葉した背景のボケ味も理想通りに表現できました。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:250 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


瞑想中のナキウサギ
5軸に対応する手ぶれ補正のために、三脚撮影で対応しきれない動きの速い動物たちを手持ちで被写体を追う撮影を可能にしている。
山に登り撮影するので最少機材で取り組むことができる。標高が高く雪の多い山岳地帯など厳しい環境下での撮影でも信用のできるカメラとレンズの組み合わせである。
素早く動き回るナキウサギが日向ぼっこをしている時のポートレート写真。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:640 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


サケの遡上を待つエゾヒグマ
主に小動物を撮影しているが、時にヒグマなどの大型動物も撮影対象になる。
安全な距離を保つことを心掛けているが、450ミリの望遠で充分な距離を保てながら作品を作ることができる。
ほどよいボケ感でヒグマの存在感を表現できた。秋、サケの遡上と共にヒグマが川に現れる。サケを追うことに夢中になっているときに目が合った瞬間である。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


雪の中で生活するナキウサギ
天候の変化が激しい山岳地帯で、防塵・防滴の組み合わせは必須。
雪の中で、ほんの数秒のみ姿を見せたエゾナキウサギ。
予測不能な動物の動きで、一瞬のチャンスを逃さずにピントを合わせるオートフォーカスの速さも魅力。光が足りない中、積もった雪のシャープさが表現された。


written & photo by 渡辺 浩徳













〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年06月02日 15時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]