Select Language



【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:2018年01月22日 17時25分]


渡辺 浩徳氏

渡辺 浩徳氏
1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業
20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。
現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。

PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス
小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難ですが、このアルビノのエゾリスは比較的、人馴れしているので撮影しやすい被写体だった。
落ち葉の絨毯の上を走り回りエサを探している時のカットですが、赤系色の表現性が優れているために色鮮やかな落ち葉を克明に再現されている。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


食事中のナキウサギ
150ミリ~450ミリとレンズのズーム幅が3倍と小さいため、色収差や歪曲収差が発生しにくいので安心して解放から使えるレンズです。この1本で幅の広い撮影が可能である。
食事中、ナキウサギの後ろ姿を捉えた1枚。450ミリの開放値にしても解像力が良く紅葉した背景のボケ味も理想通りに表現できました。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:250 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


瞑想中のナキウサギ
5軸に対応する手ぶれ補正のために、三脚撮影で対応しきれない動きの速い動物たちを手持ちで被写体を追う撮影を可能にしている。
山に登り撮影するので最少機材で取り組むことができる。標高が高く雪の多い山岳地帯など厳しい環境下での撮影でも信用のできるカメラとレンズの組み合わせである。
素早く動き回るナキウサギが日向ぼっこをしている時のポートレート写真。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:640 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


サケの遡上を待つエゾヒグマ
主に小動物を撮影しているが、時にヒグマなどの大型動物も撮影対象になる。
安全な距離を保つことを心掛けているが、450ミリの望遠で充分な距離を保てながら作品を作ることができる。
ほどよいボケ感でヒグマの存在感を表現できた。秋、サケの遡上と共にヒグマが川に現れる。サケを追うことに夢中になっているときに目が合った瞬間である。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


雪の中で生活するナキウサギ
天候の変化が激しい山岳地帯で、防塵・防滴の組み合わせは必須。
雪の中で、ほんの数秒のみ姿を見せたエゾナキウサギ。
予測不能な動物の動きで、一瞬のチャンスを逃さずにピントを合わせるオートフォーカスの速さも魅力。光が足りない中、積もった雪のシャープさが表現された。


written & photo by 渡辺 浩徳













〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:2018年01月22日 17時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]