【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




渡辺 浩徳氏

渡辺 浩徳氏
1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業
20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。
現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。

PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス
小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難ですが、このアルビノのエゾリスは比較的、人馴れしているので撮影しやすい被写体だった。
落ち葉の絨毯の上を走り回りエサを探している時のカットですが、赤系色の表現性が優れているために色鮮やかな落ち葉を克明に再現されている。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


食事中のナキウサギ
150ミリ~450ミリとレンズのズーム幅が3倍と小さいため、色収差や歪曲収差が発生しにくいので安心して解放から使えるレンズです。この1本で幅の広い撮影が可能である。
食事中、ナキウサギの後ろ姿を捉えた1枚。450ミリの開放値にしても解像力が良く紅葉した背景のボケ味も理想通りに表現できました。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:250 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


瞑想中のナキウサギ
5軸に対応する手ぶれ補正のために、三脚撮影で対応しきれない動きの速い動物たちを手持ちで被写体を追う撮影を可能にしている。
山に登り撮影するので最少機材で取り組むことができる。標高が高く雪の多い山岳地帯など厳しい環境下での撮影でも信用のできるカメラとレンズの組み合わせである。
素早く動き回るナキウサギが日向ぼっこをしている時のポートレート写真。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:640 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


サケの遡上を待つエゾヒグマ
主に小動物を撮影しているが、時にヒグマなどの大型動物も撮影対象になる。
安全な距離を保つことを心掛けているが、450ミリの望遠で充分な距離を保てながら作品を作ることができる。
ほどよいボケ感でヒグマの存在感を表現できた。秋、サケの遡上と共にヒグマが川に現れる。サケを追うことに夢中になっているときに目が合った瞬間である。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


雪の中で生活するナキウサギ
天候の変化が激しい山岳地帯で、防塵・防滴の組み合わせは必須。
雪の中で、ほんの数秒のみ姿を見せたエゾナキウサギ。
予測不能な動物の動きで、一瞬のチャンスを逃さずにピントを合わせるオートフォーカスの速さも魅力。光が足りない中、積もった雪のシャープさが表現された。


written & photo by 渡辺 浩徳













〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:01月22日 17時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 2018年02月16日
【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】 フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。 ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。 濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル! 究極の表現力を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]