Select Language



Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年01月22日 18時50分]


null


ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック
G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが
スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。

今までの機種とは一線を画する本機
店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。

発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。


-パナソニック史上最高の表現力-

G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。
まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合いを目指すため、1年間の歳月を要しました。

カタログスペック上ではGH5と同じセンサーであり、あまり変わっていないのでは?と感じる方も多いと思いますが
G9 PROで撮影した写真はGH5とは全く異なる絵作りであり
今までのマイクロフォーサーズの常識を覆す仕上がりであるといっても過言ではありません。

店頭ではG9 PROで撮影した写真をフロア内に多数掲示しており
マイクロフォーサーズセンサーとは思えない質感と奥深いグラデーションに
お客様から驚きと賞賛の声を頂いております。

null

null

マップカメラ本館 4階ではA3ノビから、A1相当の作例を掲載しています。
マイクロフォーサーズとは思えない色調と解像力を是非ご覧ください。


-スチル撮影を極めるためのボディ設計-

撮影者が使いやすく、快適に撮影できるために計算し尽くされたボディ。
今までのGシリーズとは一線を画す仕上りのボディを手に取った時、思わず"持ちやすい"と言葉をこぼし
撮影しようとファインダーを覗いた瞬間に広がる、圧倒的なファインダー倍率に脱帽される方が後を絶ちません。
何より撮影時の扱いやすさが抜群に良くなったとご好評頂いています。

G9 PROは見た目のデザインも然ることながら
スチル撮影に決して欠かすことのできないファインダーを全ての中心と考えた上で設計されています。
ボタン一つ一つの配置から、有機ELファインダーのきめ細やかさまでこだわった本機、是非手にとって確かめてみて下さい。

null

店頭で触ったお客様からは絶賛の声が多数。
今までのミラーレス一眼の概念を崩し、次世代への進化をその手で触れて感じてください。


先日当ホームページに掲載された開発者インタビューにて
G9 PRO開発に関する熱意や想いをひしひしと感じ取ることができます。
カタログでは語られていない裏話を是非ご覧ください。


ただいまG9 PROをご予約いただいたお客様全員に
高級ガラスフィルム GRAMAS をプレゼントしております。


〓〓新製品〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年01月22日 18時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]