Select Language



【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年01月26日 14時00分]




X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離34㎜(換算51㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-0.3

FUJIFUILMフィルムシミュレーション~

フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。
独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。
フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。

今回はその中から”クラシッククローム”をご紹介いたします。

2014年秋に発売されたコンパクトデジタルカメラX30から新しいフィルムシミュレーションとして加わりました。
(※一部以前の機種ファームアップにて搭載)
それまでのフィルムシミュレーションはフジフイルムが発売してきたフィルム名がついたものでしたが、
クラシッククロームは新たにユーザーの要望に応え作られたものになります。
早速どのような写真になるのか見ていきましょう。


X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/180秒 ISO200 露出補正-0.3

コントラストが高くなり暗部の締まりが感じられます。
また彩度がおさえられたことで、いい意味で色褪せたような青色の空にになりました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離55㎜(換算82.5㎜) F8 1/420秒 ISO200

フィルムシミュレーションの話から脱線しますが、
使用したXF18-55mmは標準ズームレンズの中では描写力に定評があるレンズです。
私は単焦点レンズを使うことがほとんどですが、撮影中に咄嗟にレンズを交換するのは至難の業です。
広角から中望遠域までカバーしてくれる標準ズームレンズは大変重宝します。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離24㎜(換算36㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-1

ビルとビルの隙間から日が差し込み、自転車の影が出ていました。
何気ない写真でも落ち着いた印象になりドラマティックな雰囲気が感じられました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/300秒 ISO200 露出補正-2

露出補正でアンダーに撮影しシャドー部を潰して、日の当たる中心の建物を強調させました。
西日のオレンジ色が鈍ったことで、全体のトーンが重たくなりましたがノスタルジックな写真になりました。

クラシッククロームで撮影した感想として昔の海外の写真、特に1970年代にカラー写真が初めて芸術作品として認められ、
"ニューカラー"と呼ばれた時代の写真の色味に近い印象を受けました。

みなさまもフィルムシミュレーションで好みの"色"を見つけてはいかがでしょうか。


↓今回使用した機材はコチラ↓

↓お買い得なアウトレット品のご用意もございます!↓


↓中古のX-Pro2とXF18-55㎜はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年01月26日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]