MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月26日 14時00分]




X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離34㎜(換算51㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-0.3

FUJIFUILMフィルムシミュレーション~

フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。
独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。
フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。

今回はその中から”クラシッククローム”をご紹介いたします。

2014年秋に発売されたコンパクトデジタルカメラX30から新しいフィルムシミュレーションとして加わりました。
(※一部以前の機種ファームアップにて搭載)
それまでのフィルムシミュレーションはフジフイルムが発売してきたフィルム名がついたものでしたが、
クラシッククロームは新たにユーザーの要望に応え作られたものになります。
早速どのような写真になるのか見ていきましょう。


X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/180秒 ISO200 露出補正-0.3

コントラストが高くなり暗部の締まりが感じられます。
また彩度がおさえられたことで、いい意味で色褪せたような青色の空にになりました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離55㎜(換算82.5㎜) F8 1/420秒 ISO200

フィルムシミュレーションの話から脱線しますが、
使用したXF18-55mmは標準ズームレンズの中では描写力に定評があるレンズです。
私は単焦点レンズを使うことがほとんどですが、撮影中に咄嗟にレンズを交換するのは至難の業です。
広角から中望遠域までカバーしてくれる標準ズームレンズは大変重宝します。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離24㎜(換算36㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-1

ビルとビルの隙間から日が差し込み、自転車の影が出ていました。
何気ない写真でも落ち着いた印象になりドラマティックな雰囲気が感じられました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/300秒 ISO200 露出補正-2

露出補正でアンダーに撮影しシャドー部を潰して、日の当たる中心の建物を強調させました。
西日のオレンジ色が鈍ったことで、全体のトーンが重たくなりましたがノスタルジックな写真になりました。

クラシッククロームで撮影した感想として昔の海外の写真、特に1970年代にカラー写真が初めて芸術作品として認められ、
"ニューカラー"と呼ばれた時代の写真の色味に近い印象を受けました。

みなさまもフィルムシミュレーションで好みの"色"を見つけてはいかがでしょうか。


↓今回使用した機材はコチラ↓

↓お買い得なアウトレット品のご用意もございます!↓


↓中古のX-Pro2とXF18-55㎜はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年01月26日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【24人の24mm】FUJIFILM de TOKYO SNAP 2018 【24人の24mm】FUJIFILM de TOKYO SNAP 2018 2018年08月06日
TOKYO SNAP 2018 東京をテーマに今回の企画である24mmという焦点距離に挑戦してきました。 使用したカメラとレンズは、FUJIFILM X-H1にXF16mm F1.4R WRを装着。35mm換算で24mmの画角になります。 『カラフルで愉快な仲間たち』 どこからともなく、湧いてくる愉快な仲間たち。上から下へ、右から左へと右往左往しているカラフルな仲間たち! ワイワイガヤガヤとちょっと不気味な笑い声も聞こえてきます。 そんな仲間たちと出逢えた瞬間を捉えた一枚!これこそスナ...
続きを読む
モノクロと黒猫と。 モノクロと黒猫と。 2018年07月31日
「FUJIFILM NEOPAN 100 ACROS」 白黒写真用のネガティブフィルムです。 ISO感度は100。 超微粒子かつ豊かな階調性、そしてシャープネスを兼ね備えたフィルム。 様々なシーンに使える一本です。 カメラはいつも使っているCONTAX RTSⅡとPlanar T* 50mm F1.4。 我が家の黒猫たちを撮ってみました。 (今回は前置きは短く…。) この猫は七夕の次の日に、ひょこっと我が家にやってきた子です。 Planar T* 50mm F1.4は開放F1.4だと少し滲んだような描写になります。 この一枚はF2.4あたり...
続きを読む
【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム~台湾編~ 【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム~台湾編~ 2018年07月07日
F8 1/480秒 ISO200 ~FUJIFUILMフィルムシミュレーション~ フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。 独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。 フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。 今回は以前もご紹介いたしました”クラシッククローム”で台湾を撮影してきました。 F2.8 1/220秒 ISO200 台湾のうだるような暑さには水分...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X100F 【FUJIFILM】通勤時の電車 2018年06月27日
『FUJIFILM X100F』 -言葉を写真に- 毎日同じ道を辿る通勤電車のなか… 同じ電車、同じ時間でも、毎日違う人が私の前を通っていき、 私自身も毎日違う感情を抱きながら通勤しています。 そのため毎日様々な感情に流され、電車の中でも写真を写したいという衝動が私の中で走ります。 ですがさすがに電車の中となると…撮影するのに気を遣う必要があり… いつも写真を撮ることを諦めていました。 そんな私を写真の世界へ連れ出してくれたのがX100Fでした。 絞り、ス...
続きを読む
【FUJIFILM】X100F お天気雨の日 【FUJIFILM】X100F お天気雨の日 2018年06月10日
春も過ぎ、空気が潤いだす季節です。 怪しい天気でしたが、ひと雨降る前に鎌倉を歩いてきました。 今回の相棒はFUJIFILM X100F。 クラシカルな見た目にフジフイルムの技術の粋を詰めこんだ、たまらなくニクいカメラです。 駅につき仲町に足を向けた矢先、 狐の嫁入りに歓迎され足早く近くのクレープ屋さんへ逃げ込むことに。 雨の間にいただくチョコレートのクレープはアルコール入りで、 ちょっとだけ大人な気分。 さすが23mm、使い勝手がよくその場の雰囲気をそのまま映しだしています。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]