Select Language



戌年だって猫写真を撮りたい!

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月27日 10時30分]


Nikon AF-S 70-200mm F4G ED VR 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:400
使用機材:Nikon D4 +AF-S 70-200mm F4G ED VR


2018年戌年。早いもので、もう最初の一月が終わろうとしています。
マップカメラでも「コミュレビ犬賞」など、戌年にちなんだイベントを行っておりますが、猫派の筆者にとっては少々複雑な気持ち。 「猫にもスポットライトを当てて欲しい!!」 そこで今回は、フォトプレビューサイトKasyapaの撮影時に出合った猫達を振り返って見ることにしました。
ご覧いただいているお客様はとっくにお気づきかもしれませんが、Kasyapaにはたくさんの猫さんにご登場いただいています。

まずは、2012年12月に「Nikon AF-S 70-200mm F4G ED VR」で撮影した写真。 この日は霜柱が立つほどの寒い日で、暖かい撮影場所を求め温室のある植物園に向かう途中に遭遇しました。 猫も暖かい日当たりの良い場所を求めていた様子。歩道の真ん中で顔を洗っていたので人に慣れているのかと思いきや近づくと警戒する様子を見せたため、200mmの望遠を駆使して間合いを詰めます。 すると、再びリラックスした表情で顔を洗いはじめました。70-200mmという焦点距離がとても使いやすく、暖かい日差しと柔らかい毛並みを綺麗に再現してくれました。






SIGMA S150-600mm F5-6.3 DG OS HSM 焦点距離:600mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:800
使用機材:Canon EOS 6D +SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM


次のカットは2860gもある超望遠レンズ「SIGMA Sports 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM」です。 数時間徒歩で撮影を続けていると、じわじわと負担に感じるこの重さ。そろそろ撮影を切り上げようかと思った時に遭遇しました。 本日のラストチャンスと思い慌ててカメラを向けると、猫も機材の大きさにビックリしたのか、逃げ出してしまいました。途中一度だけこちらの様子を確認するように振り返った瞬間を捉えたものです。スポーツの名がつくだけあって、わずかな一瞬を逃さず捉えてくれました。綺麗な青い目がとても印象的で、遠く離れた被写体の色再現の良さに驚いたのを覚えています。






Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM 焦点距離:63mm(35mm換算:100mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS M5 +EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


展望施設の入口で招き猫役を務めていた白猫さん。カメラのチルト液晶の用いて顔の前までカメラを近づけても微動だにしません。とはいいつつ突然怒り出しても困るので、タッチ液晶を使って素早く撮影を。 ローアングルでも素早く撮影できる便利な小型ミラーレス機にマッチする軽量な望遠レンズ「Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」は、リードスクリュータイプのステッピングモーターによる速くて静かなAFのおかげで、猫の警戒心を煽る事がありません。モフモフの柔らかい毛並みも綺麗に捉えてくれました。 これまで使用してきたレンズが大型レンズだっただけに、小型軽量の恩恵がより大きく感じます。






Nikon AF-S 35mm F1.4G 焦点距離:35mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100
使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


時には人懐こい猫に遭遇することもあります。公園を散策中に出会った猫は私の後ろをずっと着いてきて、振り向いてカメラを向けるとソッポを向く不思議な猫でした。 「だるまさんが転んだ」をしているような感覚で、時々振り返ってはシャッターを切るを繰り返したのですが、いずれも高い解像力と美しいボケを披露してくれました。 さずが35mmのフラッグシップ「Nikon AF-S 35mm F1.4G」です。






SIGMA A 14mm F1.8 DG HSM 焦点距離:14mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D850 +SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM


観光地にいる猫は餌付けされている子も多くさらに人懐こい猫に出会うことがあります。 撮影場所に着き準備のためカメラバッグを開けた途端、餌をくれると勘違いした猫が目の前のテーブルに乗っかてきました。 餌でないと分かっても、目の前から動こうとしません。超広角の「SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM」で目一杯に寄ってこの迫力です。近接できる広角レンズの楽しさを改めて実感できました。 それにしても、Nikon D850とSIGMA Artレンズの組み合わせは、凄い解像力です。






CarlZeiss Milvus 85mm F1.4 焦点距離:85mm / 絞り:F1.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800
使用機材:Nikon D810 +CarlZeiss Milvus 85mm F1.4 ZF.2


最後はポートレートの王道レンズ「CarlZeiss Milvus 85mm F1.4」で撮影した写真を。 近所のお寺に住み着いてる猫で、度々遭遇する顔見知りさん。この日も私の足元にやってきてスリスリと甘えてきました。 ピント合わせのために少し距離をとると、急に不機嫌な表情を見せ切り株の上に座り込んでしまいました。そんな感情をポートレートの最高峰レンズがしっかり捉えてくれました。






他にも沢山の猫写真がKasyapaに掲載されていますが、今回はここまで。
いずれも表情豊かに可愛く撮れている描写力の高いレンズが一杯です。ぜひ他の商品も探してみてください。


SONY FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS






〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月27日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]