中野新橋‐中野駅周辺 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






「Panasonic LUMIX DMC-GX8ボディ」と「Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」を首から下げ、中野新橋から中野駅方面に向かって歩く。


DMC-GX8 ボディ
DMC-GX8 ボディ

花見橋からの都庁。季節や時間によって、いろいろな顔を見せてくる。
2枚目は別の日、約1時間前に撮ったもの。
花見橋、神田川にかかる小さな橋。上流にあるのが桜橋、下流は月見橋。


DMC-GX8 ボディ
DMC-GX8 ボディ
DMC-GX8 ボディ

本郷氷川神社。中野新橋駅近くにある神社。規模は大きくはないが、歴史を感じさせてくれる。
狛犬の一体が、授乳をしている。御祭神は素戔鳴尊(すさのおのみこと)。


DMC-GX8 ボディ
DMC-GX8 ボディ
DMC-GX8 ボディ

紅葉山公園、中野ZEROホールの裏にある公園。公園内にひっそりとたたずむSL機関車。
朝早いためかまだ人も少ないが、昼過ぎには子供たちの遊び場として賑わう。
大きすぎず小さすぎず、自然があり、ゆっくりするにはもってこいの場所。


DMC-GX8 ボディ

中野駅南口、側面の壁の絵。


DMC-GX8 ボディ

中野駅北口にある中野サンプラザ前の時計。
中野サンプラザは、2000人規模のコンサートホールとして有名。
この日もコンサートがあるのか、入場待ちで並び始めている人がチラホラ。
結婚式場やホテルにもなっており、地下にはボーリング場。以前は図書室もあった。
2022年に解体され、リニューアルされる予定。


DMC-GX8 ボディ
DMC-GX8 ボディ
DMC-GX8 ボディ

中野区役所横にある、犬の銅像。
戌年ということで。


DMC-GX8 ボディ

雪の降った翌日に撮ったもの。
ハチ公の方が、雪には合ったか。

「GX8ボディ」、散歩用のカメラとしてはやや大きい気もするが、これくらいのグリップの方が持ちやすい気もする。
手軽に快適な撮影を楽しむには、丁度良いカメラ。
デザインもカッコいい。

「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」使い方勝手の良いレンズ。
遠くのものを近くに撮れる。近くのものもしっかり撮れる。柵があっても大丈夫。
初めてでも使いやすく、多くのシーンに対応できる、大変便利な一本。

レンズキットとしても販売されており、今回のような街を歩きでの撮影だけでなく、旅行、運動会のような行事などでも活躍するであろうベストな組み合わせ。










〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:01月28日 15時52分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 2018年02月16日
【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】 フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。 ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。 濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル! 究極の表現力を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]