α9/α7RIIIのフォーカスエリア設定を"詰める" | THE MAP TIMES 
Select Language



α9/α7RIIIのフォーカスエリア設定を"詰める"

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月05日 10時30分]



null

レンズのヘリコイドに添える手がかじかむ日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
この季節ならではの優しい日差しを求めてひた歩く筆者です。
より幅広いカスタムが可能となったα9とα7RIIIのカスタムキー、何をどう設定したらいいか分からない!というお客様も多いと思います。今回はその中でもフォーカス設定系に着目して筆者お気に入りの設定をご紹介しましょう。

それではどうぞ。

null


いきなりの答え合わせ、というか筆者が気に入っているフォーカスエリア設定のカスタムを貼りつけてみました。
フォーカスエリアも「ワイド」とか「ゾーン」とか色々な設定があると思うのですが、今回は常用の設定に「拡張フレキシブルスポット」を割り当てています。
上の画像の、画面中央上部に見える四角の周りにカギかっこが表示されているのが、「拡張フレキシブルスポット」設定時のフォーカスポイントになります。

フォーカスエリア選択時は「フレキシブルスポット」の下に位置しています。

null


通常の「フレキシブルスポット」と「拡張フレキシブルスポット」の違いは「拡張」の部分にあるわけですが、拡張されているのが四角の周辺部にあるカギかっこ。
「フレキシブルスポット」ではS/M/Lの3種類からサイズが選べ、測距するポイントの大きさが選べるようになっていますが、「拡張フレキシブルスポット」ではポイントの大きさが固定になっていて、サイズ表記はされていないものの、「フレキシブルスポット」時に最小となるSサイズをベースにその周りを8点の小さな測距点が囲っているのが「拡張フレキシブルスポット」です。
この「拡張フレキシブルスポット」、基本的に中央の測距点を使ってフォーカスしますが、被写体からピントが抜けてしまった時に周りの小さな8点で再びピントを合わせてくれるという優れもの。中央の小さな測距点の補強をしつつAFが行える為、通常の「フレキシブルスポット」よりも使い易くなっています。

さて、ここからが本題です。
今回はこの「拡張フレキシブルスポット」をベースに、複数のシーンで対応出来るフォーカスエリア設定をしていきたいと思います。
ここで冒頭の画像に戻るわけですが、今回行っている設定を先にお話しすると
『デフォルトのフォーカスエリアを「拡張フレキシブルスポット」にする事でピンポイントでの自由な測距点コントロールができ、必要に応じてマルチセレクターを押し込む事で一時的にフォーカスエリアを「ワイド」に変更、画面全体を使った動体追従などが可能になる。
更にコントロールホイールの中央ボタンに"フォーカススタンダード"を割り当てている事で、フォーカスエリアが「拡張フレキシブルスポット」時は測距点を中央に引き戻す事ができ、フォーカスエリアが「ワイド」の時は強制的に中央1点でのAFを即座に行う事ができる』

という設定です。
言葉を並べただけでは分かりづらいと思うので、画像を並べつつ設定していきましょう。


null

上の画像は設定が済んでいる状態のカスタムキー設定値になりますが、まずは"マルチセレクターの中央ボタン"に割り当てる「再押し登録フォーカスエリア」を設定していきます。
この「再押し登録フォーカスエリア」が今回の最大のキモで、割り当てたボタンを押すことで、もう一度同じボタンを押すまでは「フォーカスエリア登録機能」を使って、登録しているフォーカスエリアを一時的に呼び出すことが出来るというもの。


null


今回はここにフォーカスエリア「ワイド」を割り当てていきます。


null


一度フォーカスエリア登録機能を"入"にすると上記のようなメッセージが。


null


一時的にフォーカスエリア設定を、登録したいものに変更します。今回はワイドです。
その後、Fnキーを長押しするとフォーカスエリアの登録は完了です。


null


これで、"マルチセレクターの中央ボタン"を押し込む事で「AFエリア:拡張フレキシブルスポット⇔AFエリア:ワイド」の行き来が出来るようになりました。
今回はここからもうひと手間かけていきます。
コントロールホイールの"中央ボタン"に「フォーカススタンダード」を割り当てます。


null


以上で設定完了です。お疲れさまでした。

このフォーカススタンダードは、フォーカスエリア設定により挙動が異なります。
今回は『AFエリア「拡張フレキシブルスポット」時は「押し込みで中央に測距点を戻す」』、『AFエリア「ワイド」時は「押し込みで強制的に中央1点でAF開始』という挙動になります。

さて、これで少し使い易くなったのではないでしょうか。ポイントをまとめると
①「拡張フレキシブルスポット」で柔軟な測距点コントロール
②必要に応じてワンアクションで「ワイド」を呼出し可能
③2種類の働きをする「フォーカススタンダード」機能
の3つが今回の大まかな目玉になりますが、この様に自分で使い易く細やかに設定して行く事で自分だけのカスタム設定を作り出せるのがソニー機の面白いところでしょう。それでは今回はこの辺りで。


お求めはコチラから







マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]