α9/α7RIIIのフォーカスエリア設定を"詰める" » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





null

レンズのヘリコイドに添える手がかじかむ日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
この季節ならではの優しい日差しを求めてひた歩く筆者です。
より幅広いカスタムが可能となったα9とα7RIIIのカスタムキー、何をどう設定したらいいか分からない!というお客様も多いと思います。今回はその中でもフォーカス設定系に着目して筆者お気に入りの設定をご紹介しましょう。

それではどうぞ。

null


いきなりの答え合わせ、というか筆者が気に入っているフォーカスエリア設定のカスタムを貼りつけてみました。
フォーカスエリアも「ワイド」とか「ゾーン」とか色々な設定があると思うのですが、今回は常用の設定に「拡張フレキシブルスポット」を割り当てています。
上の画像の、画面中央上部に見える四角の周りにカギかっこが表示されているのが、「拡張フレキシブルスポット」設定時のフォーカスポイントになります。

フォーカスエリア選択時は「フレキシブルスポット」の下に位置しています。

null


通常の「フレキシブルスポット」と「拡張フレキシブルスポット」の違いは「拡張」の部分にあるわけですが、拡張されているのが四角の周辺部にあるカギかっこ。
「フレキシブルスポット」ではS/M/Lの3種類からサイズが選べ、測距するポイントの大きさが選べるようになっていますが、「拡張フレキシブルスポット」ではポイントの大きさが固定になっていて、サイズ表記はされていないものの、「フレキシブルスポット」時に最小となるSサイズをベースにその周りを8点の小さな測距点が囲っているのが「拡張フレキシブルスポット」です。
この「拡張フレキシブルスポット」、基本的に中央の測距点を使ってフォーカスしますが、被写体からピントが抜けてしまった時に周りの小さな8点で再びピントを合わせてくれるという優れもの。中央の小さな測距点の補強をしつつAFが行える為、通常の「フレキシブルスポット」よりも使い易くなっています。

さて、ここからが本題です。
今回はこの「拡張フレキシブルスポット」をベースに、複数のシーンで対応出来るフォーカスエリア設定をしていきたいと思います。
ここで冒頭の画像に戻るわけですが、今回行っている設定を先にお話しすると
『デフォルトのフォーカスエリアを「拡張フレキシブルスポット」にする事でピンポイントでの自由な測距点コントロールができ、必要に応じてマルチセレクターを押し込む事で一時的にフォーカスエリアを「ワイド」に変更、画面全体を使った動体追従などが可能になる。
更にコントロールホイールの中央ボタンに"フォーカススタンダード"を割り当てている事で、フォーカスエリアが「拡張フレキシブルスポット」時は測距点を中央に引き戻す事ができ、フォーカスエリアが「ワイド」の時は強制的に中央1点でのAFを即座に行う事ができる』

という設定です。
言葉を並べただけでは分かりづらいと思うので、画像を並べつつ設定していきましょう。


null

上の画像は設定が済んでいる状態のカスタムキー設定値になりますが、まずは"マルチセレクターの中央ボタン"に割り当てる「再押し登録フォーカスエリア」を設定していきます。
この「再押し登録フォーカスエリア」が今回の最大のキモで、割り当てたボタンを押すことで、もう一度同じボタンを押すまでは「フォーカスエリア登録機能」を使って、登録しているフォーカスエリアを一時的に呼び出すことが出来るというもの。


null


今回はここにフォーカスエリア「ワイド」を割り当てていきます。


null


一度フォーカスエリア登録機能を"入"にすると上記のようなメッセージが。


null


一時的にフォーカスエリア設定を、登録したいものに変更します。今回はワイドです。
その後、Fnキーを長押しするとフォーカスエリアの登録は完了です。


null


これで、"マルチセレクターの中央ボタン"を押し込む事で「AFエリア:拡張フレキシブルスポット⇔AFエリア:ワイド」の行き来が出来るようになりました。
今回はここからもうひと手間かけていきます。
コントロールホイールの"中央ボタン"に「フォーカススタンダード」を割り当てます。


null


以上で設定完了です。お疲れさまでした。

このフォーカススタンダードは、フォーカスエリア設定により挙動が異なります。
今回は『AFエリア「拡張フレキシブルスポット」時は「押し込みで中央に測距点を戻す」』、『AFエリア「ワイド」時は「押し込みで強制的に中央1点でAF開始』という挙動になります。

さて、これで少し使い易くなったのではないでしょうか。ポイントをまとめると
①「拡張フレキシブルスポット」で柔軟な測距点コントロール
②必要に応じてワンアクションで「ワイド」を呼出し可能
③2種類の働きをする「フォーカススタンダード」機能
の3つが今回の大まかな目玉になりますが、この様に自分で使い易く細やかに設定して行く事で自分だけのカスタム設定を作り出せるのがソニー機の面白いところでしょう。それでは今回はこの辺りで。


お求めはコチラから







マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:02月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 2018年02月25日
待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。 カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。 辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。 こっちみてます 視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。 曲がってます 直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な...
続きを読む
小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】『とびきりの一枚コンテストVol.3』本日スタート! 2018年02月23日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より毎度ご好評いただいている『とびきりの一枚コンテスト』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテストVol.3!! 3月16日(金)までの期間中毎日とびきりの一枚を選考し発表します! ※初回は本日ご投稿の写真から明日厳選の上発表いたします! 受賞作にはマップカメラで使えるシュッピンポイント1000円分を進呈! さらに、3月の第1~第3水曜日に週間グラ...
続きを読む
null シェア “したい” 写真 2018年02月23日
  &nbsp 気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。 昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。 それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。 私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。   &nbsp 35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。 またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 2018年02月23日
【FUJIFILM X-H1 先行展示&作例展示 実施中】 ただいまマップカメラ本館3階では、フジフイルムのフラッグシップ X-H1の実機デモ展示ほか、多数の作例写真を店内に展開中です! 高性能プリンターで出力したA3ノビサイズの写真を店内壁面に展示。さらに手に取ってご覧いただける作例集もご用意しております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]