MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



α9/α7RIIIのフォーカスエリア設定を"詰める"

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月05日 10時30分]



null

レンズのヘリコイドに添える手がかじかむ日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
この季節ならではの優しい日差しを求めてひた歩く筆者です。
より幅広いカスタムが可能となったα9とα7RIIIのカスタムキー、何をどう設定したらいいか分からない!というお客様も多いと思います。今回はその中でもフォーカス設定系に着目して筆者お気に入りの設定をご紹介しましょう。

それではどうぞ。

null


いきなりの答え合わせ、というか筆者が気に入っているフォーカスエリア設定のカスタムを貼りつけてみました。
フォーカスエリアも「ワイド」とか「ゾーン」とか色々な設定があると思うのですが、今回は常用の設定に「拡張フレキシブルスポット」を割り当てています。
上の画像の、画面中央上部に見える四角の周りにカギかっこが表示されているのが、「拡張フレキシブルスポット」設定時のフォーカスポイントになります。

フォーカスエリア選択時は「フレキシブルスポット」の下に位置しています。

null


通常の「フレキシブルスポット」と「拡張フレキシブルスポット」の違いは「拡張」の部分にあるわけですが、拡張されているのが四角の周辺部にあるカギかっこ。
「フレキシブルスポット」ではS/M/Lの3種類からサイズが選べ、測距するポイントの大きさが選べるようになっていますが、「拡張フレキシブルスポット」ではポイントの大きさが固定になっていて、サイズ表記はされていないものの、「フレキシブルスポット」時に最小となるSサイズをベースにその周りを8点の小さな測距点が囲っているのが「拡張フレキシブルスポット」です。
この「拡張フレキシブルスポット」、基本的に中央の測距点を使ってフォーカスしますが、被写体からピントが抜けてしまった時に周りの小さな8点で再びピントを合わせてくれるという優れもの。中央の小さな測距点の補強をしつつAFが行える為、通常の「フレキシブルスポット」よりも使い易くなっています。

さて、ここからが本題です。
今回はこの「拡張フレキシブルスポット」をベースに、複数のシーンで対応出来るフォーカスエリア設定をしていきたいと思います。
ここで冒頭の画像に戻るわけですが、今回行っている設定を先にお話しすると
『デフォルトのフォーカスエリアを「拡張フレキシブルスポット」にする事でピンポイントでの自由な測距点コントロールができ、必要に応じてマルチセレクターを押し込む事で一時的にフォーカスエリアを「ワイド」に変更、画面全体を使った動体追従などが可能になる。
更にコントロールホイールの中央ボタンに"フォーカススタンダード"を割り当てている事で、フォーカスエリアが「拡張フレキシブルスポット」時は測距点を中央に引き戻す事ができ、フォーカスエリアが「ワイド」の時は強制的に中央1点でのAFを即座に行う事ができる』

という設定です。
言葉を並べただけでは分かりづらいと思うので、画像を並べつつ設定していきましょう。


null

上の画像は設定が済んでいる状態のカスタムキー設定値になりますが、まずは"マルチセレクターの中央ボタン"に割り当てる「再押し登録フォーカスエリア」を設定していきます。
この「再押し登録フォーカスエリア」が今回の最大のキモで、割り当てたボタンを押すことで、もう一度同じボタンを押すまでは「フォーカスエリア登録機能」を使って、登録しているフォーカスエリアを一時的に呼び出すことが出来るというもの。


null


今回はここにフォーカスエリア「ワイド」を割り当てていきます。


null


一度フォーカスエリア登録機能を"入"にすると上記のようなメッセージが。


null


一時的にフォーカスエリア設定を、登録したいものに変更します。今回はワイドです。
その後、Fnキーを長押しするとフォーカスエリアの登録は完了です。


null


これで、"マルチセレクターの中央ボタン"を押し込む事で「AFエリア:拡張フレキシブルスポット⇔AFエリア:ワイド」の行き来が出来るようになりました。
今回はここからもうひと手間かけていきます。
コントロールホイールの"中央ボタン"に「フォーカススタンダード」を割り当てます。


null


以上で設定完了です。お疲れさまでした。

このフォーカススタンダードは、フォーカスエリア設定により挙動が異なります。
今回は『AFエリア「拡張フレキシブルスポット」時は「押し込みで中央に測距点を戻す」』、『AFエリア「ワイド」時は「押し込みで強制的に中央1点でAF開始』という挙動になります。

さて、これで少し使い易くなったのではないでしょうか。ポイントをまとめると
①「拡張フレキシブルスポット」で柔軟な測距点コントロール
②必要に応じてワンアクションで「ワイド」を呼出し可能
③2種類の働きをする「フォーカススタンダード」機能
の3つが今回の大まかな目玉になりますが、この様に自分で使い易く細やかに設定して行く事で自分だけのカスタム設定を作り出せるのがソニー機の面白いところでしょう。それでは今回はこの辺りで。


お求めはコチラから







マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 2018年08月11日
正式発表より大きな反響を呼んでいる『SONY FE400mm F2.8 GM OSS』。プロユース向けの超望遠レンズとしては異例とも言える人気は、世界中のプロカメラマンが使用する機材が変わってきたことを意味しているのかもしれません。そんな大注目のレンズを一足お先にソニーストアの先行展示にて体験してきました。今回はその様子をレポートいたします。 ついに登場した、超望遠FEレンズの大本命。   報道・スポーツカメラマン向けのプロユースレンズとして絶対的な地位を築いている『...
続きを読む
【SONY】カメラと旅を。 【SONY】カメラと旅を。 2018年08月09日
私自身、写真を撮ることは好きですが、以前はカメラの知識はほとんどなく、いつもプログラムオートかシーンモードを使っていました。 本日のブログはそんな初心者でも簡単にお使いいただけるカメラを紹介していこうと思います。 撮影地は『死ぬ前に行きたい絶景』に選ばれた南米ボリビアのウユニ塩湖です。 長期旅行のため、カメラはSONY ‪α‬5100 +E PZ16-50mm F3.5-5.6 とGoPro Hero6を持って行きました。 こちら2つともびっくりするほど小型。カメラをずっと首に下げていても疲れず、G...
続きを読む
【24人の24mm】牛久シャトー 【24人の24mm】牛久シャトー 2018年08月04日
牛久シャトー 16-35㎜のズームレンズのため、24㎜という画角はあまり使用していなかったのですが、いい機会ということで地元にある牛久シャトーに行ってきました。 こちらは地元では昔から有名な場所。2011年の地震で建物の一部に被害が生じ、約5年の歳月をかけて修復されました。 そんな歴史もありつつ巡ります。 まずは本館の外観。 もうここが一番のメインといっても過言ではありません。建物内には入れませんがいつ見てもきれいです。 もう面影はありませんが...
続きを読む
続・デジタル一眼はじめました。 続・デジタル一眼はじめました。 2018年07月27日
東京は、酷暑ならぬ“極暑”と呼ばれる暑い日が一旦落ち着いております。 その極暑中のある日、一日中エアコンの効いた室内に籠もっているのもそれはまた体に悪いと思い、 熱中症対策を整え、多少日差しが和らいだ夕方から出掛けることにしました。 目的地は自宅からほど近い、大きな水辺のある公園。 機材は前回同様、α6500とVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z です。 途中、西日に照らされた犬の置物の前を通り過ぎます。 普段から暑そうに見えるのですが、この日は特にそう感...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]