【Leica】ライブ撮影 with SL(Typ601)+ノクティルックス » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





皆様こんにちは。
東京では先日雪が降ったばかりですが、2月頭にも再び雪の予報が出ています。
写真撮影も楽しいですが、防寒対策など万全にしていきましょう。
もしくはゆったり室内で撮る、というのもたまにはいいのかもしれません。

Leica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH.

50mm F0.95 1/60秒 ISO5000

さて、本日ご紹介するのは私が昨年ずっと追いかけていたバンドのライブ風景です。
普段はPENTAX K-1 + Carl Zeiss 85mm F1.4 ZKという稀有な組み合わせで撮影をしていますが
今回は機材を借りることが出来たので、以前から気になっていたLeica SL(Typ601)で挑みました。
ミラーレスカメラでは数少ない35mmフルサイズセンサーを採用!
440万ドットの超高精細なEVF(電子ビューファインダー)を搭載しています。
組み合わせたレンズは、Leica最高峰の明るさを誇る「ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH」!
被写界深度(ピントが合って見える範囲)の浅さが何よりの特徴です。

Leica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH.

50mm F0.95 1/60秒 ISO640

いつも撮っているバーでのライブ。
照明がカウンターのアルコールランプと演者を照らすライトのみ。
部屋全体を照らす照明は無いので、音楽に浸るには良い塩梅の暗さです。
しかし写真を撮らなくてはいけない私にとって、この暗さは問題です。
ISO感度をかなり高くして撮影するか、明るいレンズを用意しないといけません。

Leica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH.

50mm F1.4 1/125秒 ISO4000

私がライブ撮影の際にいつも気にかけて行っていることが1つあります。
「露出をアンダーにして、後で現像時に明るさを持ち上げる。」
その場の適正露出で撮ろうとすると、ISO感度が1~2段分高くなってしまい、ノイズだらけの写真になってしまいます。
この写真も、もし適正露出で撮ろうとしたらISO12500くらいになっていたでしょう。
DNG+JPEGで撮影していますが、元データは全体的にかなり暗いです。

Leica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH.

50mm F0.95 1/125秒 ISO4000

ノクティルックスは「F0.95」という大口径レンズなので、暗い場所でシャッタースピードを稼ぎつつ
ボケもしっかり出したいという方には是非オススメのレンズです。
レンズ名の「Noctilux」は「Noct=夜」と「lux=光」という意味です。
まさにこういったシーンや、夜景撮影で活躍するレンズです。

Leica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH.

50mm F0.95 1/125秒 ISO5000

明るいレンズというのはメリットばかりではなく、明るければ明るいほどピントが合う範囲がとても狭いです。
ピント合わせに苦労しそうだ…と思って使う前から覚悟していましたが、良い意味で裏切られました。
SL(Typ601)との組み合わせで使うと不思議なくらいピントの山がつかみやすいです!
EVF(電子ビューファインダー)の性能が素晴らしく、ピント拡大をしなくても充分ピントが合わせられました。
ポートレート撮影や静物撮影ならじっくりピント合わせが出来ますが
ライブ撮影になると被写体が動いているので、ピント拡大をしてじっくり…という時間はありません。
「ピント面を拡大しなくてもピントが合わせられる」というメリットは絶大です。

大口径レンズを快適に扱える最高の組み合わせだと感じました。
Leica SL(Typ601)に様々なレンズを付けてまた撮影に行きたいと思います。

3月31日まで、新品Leica SL(Typ601)をお買い上げいただくと
「SL/TL用 Mレンズアダプタープレゼントキャンペーン」実施中です!
Mマウント用レンズを組み合わせて使ってみたいと思っていた方には朗報です。
私もこの機会に…とかなり惹かれています。









マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!

フォトコンテスト参加者募集中!

〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:01月30日 15時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 2018年02月25日
待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。 カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。 辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。 こっちみてます 視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。 曲がってます 直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な...
続きを読む
小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】『とびきりの一枚コンテストVol.3』本日スタート! 2018年02月23日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より毎度ご好評いただいている『とびきりの一枚コンテスト』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテストVol.3!! 3月16日(金)までの期間中毎日とびきりの一枚を選考し発表します! ※初回は本日ご投稿の写真から明日厳選の上発表いたします! 受賞作にはマップカメラで使えるシュッピンポイント1000円分を進呈! さらに、3月の第1~第3水曜日に週間グラ...
続きを読む
null シェア “したい” 写真 2018年02月23日
  &nbsp 気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。 昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。 それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。 私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。   &nbsp 35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。 またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 2018年02月23日
【FUJIFILM X-H1 先行展示&作例展示 実施中】 ただいまマップカメラ本館3階では、フジフイルムのフラッグシップ X-H1の実機デモ展示ほか、多数の作例写真を店内に展開中です! 高性能プリンターで出力したA3ノビサイズの写真を店内壁面に展示。さらに手に取ってご覧いただける作例集もご用意しております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]