MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



マクロで歩く雪景色

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月02日 10時05分]




ここ数日は寒い日が続いています。
都内でも数年ぶりに雪が積もり、久しぶりの雪化粧をした風景が広がりました。

この機会を逃すまじと少し浮かれながら今回は雪の粒を捉えるため、
ソニーのα7Rとあえて通常のレンズではなくマクロレンズ FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28を持ち出すことにしました。

マクロレンズは被写体にギリギリまで近づいて細部を撮るもの、というイメージが強いかもしれませんが
しっかり無限遠まで撮ることができます。
むしろ通常のレンズでは「もう少し近づきたい」といった被写体までのもどかしい距離を埋めてくれる
頼もしい存在なのです。



SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


まずは雪を被った車のエンブレム。
エンブレムの赤が雪の白の中で映えます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


少し引いて雪を被ったマンホール。
雪の粒の質感を際立たせるためにあえてモノクロで撮影しました。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


日の光に輝く氷と葉の緑。
同じ自然のものでも全く異なる質感に今更ながら驚かされます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28<br />


足元の凍った水たまり。
画像を少し切り抜いていますが、氷のひび割れや中の気泡までシャープに再現されています。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


掘られた氷の上に置かれたシャベル。
モノクロにすると金属の光沢が際立ちます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


雪の積もった道と神社の外塀。
マクロレンズといえどこういった風景も難なく撮ることができます。



今回使用したソニーのFE 50mm F2.8 Macro SEL50M28は防塵・防滴に配慮して設計されているため、
レンズに雪が付いて少し濡れた程度ではまったく問題ありませんでした。
(完全な防水ではありませんので、ご使用の際はご注意下さい)

さらにレンズ鏡筒部分にあるレバーを動かすことでピントが合う範囲を限定できるので、
遠・近距離の撮影を使い分けることもできて便利です。
ただしAF速度は高速で合焦するレンズではありませんので、焦らずじっくりと撮影されることをおすすめします。


風景から足元まで。
“あと少し”のかゆい所に手が届く FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28をぜひ使ってみてください。




今回使用した機材はこちら
SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R
SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28

















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月02日 10時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 2018年08月11日
正式発表より大きな反響を呼んでいる『SONY FE400mm F2.8 GM OSS』。プロユース向けの超望遠レンズとしては異例とも言える人気は、世界中のプロカメラマンが使用する機材が変わってきたことを意味しているのかもしれません。そんな大注目のレンズを一足お先にソニーストアの先行展示にて体験してきました。今回はその様子をレポートいたします。 ついに登場した、超望遠FEレンズの大本命。   報道・スポーツカメラマン向けのプロユースレンズとして絶対的な地位を築いている『...
続きを読む
【SONY】カメラと旅を。 【SONY】カメラと旅を。 2018年08月09日
私自身、写真を撮ることは好きですが、以前はカメラの知識はほとんどなく、いつもプログラムオートかシーンモードを使っていました。 本日のブログはそんな初心者でも簡単にお使いいただけるカメラを紹介していこうと思います。 撮影地は『死ぬ前に行きたい絶景』に選ばれた南米ボリビアのウユニ塩湖です。 長期旅行のため、カメラはSONY ‪α‬5100 +E PZ16-50mm F3.5-5.6 とGoPro Hero6を持って行きました。 こちら2つともびっくりするほど小型。カメラをずっと首に下げていても疲れず、G...
続きを読む
【24人の24mm】牛久シャトー 【24人の24mm】牛久シャトー 2018年08月04日
牛久シャトー 16-35㎜のズームレンズのため、24㎜という画角はあまり使用していなかったのですが、いい機会ということで地元にある牛久シャトーに行ってきました。 こちらは地元では昔から有名な場所。2011年の地震で建物の一部に被害が生じ、約5年の歳月をかけて修復されました。 そんな歴史もありつつ巡ります。 まずは本館の外観。 もうここが一番のメインといっても過言ではありません。建物内には入れませんがいつ見てもきれいです。 もう面影はありませんが...
続きを読む
続・デジタル一眼はじめました。 続・デジタル一眼はじめました。 2018年07月27日
東京は、酷暑ならぬ“極暑”と呼ばれる暑い日が一旦落ち着いております。 その極暑中のある日、一日中エアコンの効いた室内に籠もっているのもそれはまた体に悪いと思い、 熱中症対策を整え、多少日差しが和らいだ夕方から出掛けることにしました。 目的地は自宅からほど近い、大きな水辺のある公園。 機材は前回同様、α6500とVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z です。 途中、西日に照らされた犬の置物の前を通り過ぎます。 普段から暑そうに見えるのですが、この日は特にそう感...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]