MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【SONY】お気に入りレンズ1本勝負!

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月03日 14時25分]


天気の良い休日の朝、「さて今日はどの機材をお供に出かけようか・・」とワクワクしながら悩む時間も楽しみつつ、
今日の「相棒に!」とチョイスしたのがSONY α7IIFE 24-240mm F3.5-6.3 OSSに決定!さあ出発です!
クルマに乗る1時間、今日のお出かけスポットは『横須賀』に決めました。

以前、テレビで見た横須賀軍港クルーズというのがとても気になっていたので気分も上々に現地に到着。

隣接のショッピングモールのお隣が乗船場でした。『軍港クルーズ』と言えばマニアな人たちの集まり・・・をイメージしていましたが
乗船を待つ長蛇の列には老若男女問わず、ご夫婦、カップル、ファミリーと予想以上の賑わいにびっくりしました。

チケットを購入しいざクルーズ船の桟橋へ向かいます。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
焦点距離:24mm ISO:100 シャッター:1/320 絞り:F5.6

ガイドは男性、女性の方がいて皆さんイケメン、美女揃い。しかも初めての人にもとてもわかりやすい説明をしてくれるので
楽しみながら学べて感動しました。ちなみに私の乗船したガイドさんは女性だったのでテンションも上々にさあ出航です。


出航し直ぐに目に飛び込んできたのがこちら↓大きなクジラ!??が2頭??

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
焦点距離:112mm ISO:100 シャッター:1/320 絞り:F6.3

艦尾に日の丸がある様に海上自衛隊の潜水艦でした。
私、初めて実物を見ましたが、真っ黒な容姿と相まって正にこれぞ海中の忍者といった感じで見ていました。
時折デッキに居る自衛官の方が手を振ってくれるので女性、子供のお客様は大盛り上がりでした。


次に見えてきたのが同じグレーの船体ながらこちらはアメリカ海軍のイージス艦です。
イージス艦とはコンピューターによる高度な情報処理システムを搭載した艦艇であり、200以上の目標を追尾し10か所以上を同時に攻撃できる海上の守り神のような軍艦です。凄い!!

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
130mm ISO:100 シャッター:1/500 絞り:F6.3

イージス艦の見分け方は写真にも写っている8角形のレーダーが目印とか。
隙が無いとは、私にもイージスシステムが欲しい・・・などと妄想をしているうちに次の船が見えてきました。


一見して「で、でかっ!」と口にでてしまったくらいの大きな船です。
アメリカ海軍の空母ロナルド・レーガンです。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
94mm ISO:100 シャッター:1/400 絞り:F5.6

高倍率ズームの利点を生かし目いっぱい寄ってみましたが・・・相手が大きすぎました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
240mm ISO:100 シャッター:1/200 絞り:F6.3

普段は任務のため、世界中の洋上に出ているのでなかなか見る機会は少ないようですが幸運にもこの日は整備のために入港中。

写真では伝えきれていませんがとにかく巨大な船で、なんと乗組員は6,000人以上もいると案内が。
館内には売店、美容室、病院があり、なんとスタバもあるとか!これぞアメリカの船といった感じでしょうか。
いったいどんなラテアートを描いてくれるのでしょうか。。。一度でいいので利用してみたいものです。


次に見えてきた船は海上自衛隊の潜水艦救難のための船です。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
焦点距離:118mm ISO:100 シャッター:1/500 絞り:F6.3

船体中央に見える小型潜水艇で海中に居る潜水艦に接近し乗員をレスキューする任務をもっている様です。
出動はして欲しくないですが自衛艦と一口にいってもあらゆる役割の船が見られるので豆知識はどんどん増していきました。
楽しいひと時です。

約45分間のクルーズもラストです。
最後に見えてきた大きな船は、これまたちょっと不思議な形をしていました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
100mm ISO:100 シャッター:1/200 絞り:F5.6

海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」です。
この角度ではわかりませんが広い甲板がヘリポートとなり同時に5機のヘリコプターの発着ができる様です。

万一の災害派遣にも使われるそうで、正に洋上の飛行場といった感じがしました。
まさに最後に真打登場といった流れで楽しいクルーズを終えました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240


今回は近景、遠景と撮影シーンが目まぐるしく変化しましたが、船上からの制約のある撮影でも高倍率ズームの存在はとても助かりました。
写真も撮りたい、でもフットワーク良く身軽に観光も楽しみたい!といった“贅沢”!?な要望にも応えてくれる機材はとてもおすすめです。



















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月03日 14時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 2018年08月13日
【はじまるMap 3D Travel】 ただいま本館3階では、マップタイムズで大好評シリーズ『はじまる410』と『マップカメラ』の 奇跡のスペシャルコラボ『世界を巡る夢の旅』を開催しております。 世界を見る。世界を感じる。世界を撮る。3Dの世界! 長い歴史の中で輝きを放っていて、見るものの心に残る世界のシンボル、 見どころ満載の世界のシンボルがマップカメラに出現! これを見なくては旅が始まらない世界のシンボルを間近で堪能できます。 はてしない旅の始まりをここから出発して...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]