フィルター機能で撮ってみよう~LX100編~ | THE MAP TIMES 
Select Language



フィルター機能で撮ってみよう~LX100編~

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年02月11日 05時00分]


ミラーレスのカメラには当たり前のようについている
「フィルター(画像効果)」機能。
PhotoshopやLightroomなどの現像ソフトを使っているとあまり使わない機能かもしれません。
しかし、筆者のようにまだまだソフトの勉強が足りなかったり、その場で感じたインスピレーションをすぐに作品に投影したい。
昨今のSNSブームでカメラで撮りたいけど、撮ってその場ですぐに写真を共有したいという方も多いのではないでしょうか。


そこで、今回はPanasonic LUMIX DMC-LX100のフィルター機能を使って色々な写真を撮影してみました。


では早速1枚目
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

トイフォトモードにて撮影
四隅が減光気味になり、写りがチープ気味になるのが特徴。
トイカメラで撮影したことある方ならびびっとくるのではないでしょうか。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

セピアにて撮影
多くのカメラにモノクロと並んで付いてる機能なのですが、意外と使ったことがなく新鮮でした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

比較用にほぼ同じ場所からフィルターのみ変えて撮影しました。
上がハイキー、下がローキーです。
露出量が違うとやはり写真の雰囲気も大きく変わります。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

シルキーモノクロームにて撮影
LX100はモノクロームの種類だけで4種類あるのでその中の1つです。
ハイキー+モノクロームという感じです。
モノクロでありながらどこか幻想的な雰囲気を醸し出せるかもしれないフィルターです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

クロスプロセスにて撮影
聞き慣れない単語という方もいるかもしれませんが、フィルムの現像テクニックの一つで「青」「緑」「紫」「黄色」が強調されます。
特殊な色合いなので好き嫌い分かれるかもしれませんがフィルムの雰囲気を手軽に味わえます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

サンシャインにて撮影
上の写真と同じ時間・場所で撮影していますが、さっきまでなかった太陽が出現。
自分で撮っておきながら頭に「?」が浮かびました。
簡潔に言うと太陽(光源)を写真上に合成するモードのようです。
当然そこに本当に光源があるわけではないのですが、写真を少しでも明るい雰囲気に持っていきたい方に是非。
今回は試せませんでしたが夜景に使うとどうなるのでしょう。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

レトロにて撮影
名前のままですが、すこし懐かしいノスタルジックな雰囲気が出せるモードです。
冬の平日とあって誰もいないグラウンドを撮影したのですが、良い雰囲気がでてると思います。
思い出の場所やアンティークな物を撮影するときなどに向いていると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

ワンポイントカラーにて撮影
画面内の指定した色だけを残して他の色はすべてモノクロに。
これだけで十分すぎるぐらいに独創的な世界が広がります。
個人的にはLX100を買った方・すでに持っている方には一度は試して頂きたいフィルターの一つです。


LX100には全22種類のフィルターがあるのですが、紹介しきれませんので厳選したものを掲載しました。


今回撮影に使ったLX100はコンパクトなサイズながら、24-70mm(35mm換算)f1.7-f2.8と非常にレンズが明るく
広角側で3cmまで寄れるので簡易マクロのような撮影もできてしまいます。

また、シャッタースピードや絞りなどがダイヤルで操作するアナログ操作ということもあり「カメラを弄る」という楽しさを再認識させてくれます。

フィルターの紹介をさせて頂きましたが、スマートフォンからのステップアップにも、サブ機を探しいる方にも
そして、メイン機にもなりえるこの1台をこの機会にお試しください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年02月11日 05時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]