コンセプトにベタ惚れ!~ピークデザインにはまる今日この頃~ | THE MAP TIMES 
Select Language



コンセプトにベタ惚れ!~ピークデザインにはまる今日この頃~

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 12時00分]


SONY α7RIII + FE 24-70mm F2.8 GM
SONY α7R III + FE 24-70mm F2.8 GM

厳冬だった前回執筆時から一転、少しずつ気温が上がり始めた今日この頃。
日も長くなり、季節の移ろいをより一層感じます。
peak design(ピークデザイン)「エブリデイバックパック20L」
購入してからというもの、すっかりpeak designの虜になった筆者。
ファンになってから日は浅く、ディープな話はまだまだですが、
使い勝手の良さを追求した造りに惚れ惚れしてしまいます。
一例をあげると、スーツケースの持ち手を通せるバッグ背面の仕様や、
撮影スタイルに合わせて周辺アクセサリーを追加で装着できたり・・・
言い尽くせないほどの便利機能に溢れており、これは良い意味で攻略し甲斐があります。

また、製品すべてにおいて洗練されたデザインで統一されている点もポイントです。
機能性に富んだカメラバッグのデザインは、概して大型かつブラック一辺倒。
仕事使いには良いものの、オシャレを楽しみたい休日に持ち出すのは勇気がいるかな、というのが個人的な考えでした。
その意味において、機能性とデザインを両立させるpeak designのセンスの良さは、一見の価値ありと思っています。

peak design クラッチ、良い仕事をしてくれます。

さて今日の本題。次は何を買おう?と思い立った筆者。
最近カメラを手にしたまま動くことが多いので、ハンドストラップの類を・・・と探してみたところ、あるではありませんか。
「カフ リストストラップ」「クラッチ CL-2」
どちらもハンドストラップであることに変わりなし。
当店の税込価格(執筆時点)も、カフは¥3,880-、クラッチは¥5,240-と、近い価格帯に収まっています。
どちらにすべきか迷いに迷い、筆者はクラッチを購入しました。

重量級の取り回しが楽になりました

筆者は焦点を1つに絞り、シンプルに考えてみました。
ずばり、重量を感じる手首の負担を軽くしたい、ということ。
筆者の普段使いのカメラは、SONY α7R IIIとFE 24-70mm F2.8 GM。
小型軽量のミラーレス一眼とはいえ、大口径ズームレンズとセットということもあり、重量は約1500g。
この重さに加えて、カメラを握ると小指が余って持ち辛いと感じることが一番の悩みでした。
手の甲部分に配置されたクッション入りストラップが、しっかり握ることをサポートしてくれる
構造のクラッチは、まさにうってつけのアイテム。
おかげさまで、カメラを長時間手に持ったまま動けるようになりました。

一方、カフのようなストラップを手首に通すタイプは、軽量なカメラを使っている方にオススメしたいと思います。
単焦点レンズを装着したOLYMPUS PEN-Fなど、コンパクトネスが売りのカメラは、その小ささ故の落下リスクが伴います。
万が一のとき、命綱のような役割として「カフ」は役立ってくれそうです。


新しいアイテムを手に入れると、次は何を買おうかとワクワクしてきます。
レンズ沼とは有名な言葉ですが、筆者はどうやらpeak designの沼にはまりつつあるようです。
皆様もカメラやレンズと同じくらい、お気に入りのアイテムを見つけてみてください。



▼今回の使用機材はこちら!▼





▼こちらも捨てがたい!▼


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
null 【フォトコンテスト】とびきりの1枚vol.4 「美しい風景」フォトコンテスト 2018年09月14日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! とびきりの1枚vol.4 「美しい風景」フォトコンテスト 皆さまが撮影した、「美しい風景」をエビフォトにご投稿下さい!毎日、エヴィフォトスタッフが選出させていただきます! 参加方法は、エビフォトに投稿するだけ!皆さま奮ってご参加ください!
続きを読む
運動会にはMicroFourThirds 運動会には MicroFourThirds 2018年09月14日
運動会は年に一度の貴重なイベント!失敗できない大切なシーンだからこそ、スマホではなく「良いカメラ」で撮影したいものです。 今回は初心者でも使いやすく、長時間の撮影でも疲れにくい小型・軽量のマイクロフォーサーズカメラを紹介いたします。 高速連写と速いAFで決定的瞬間を逃さない! 強力な手ぶれ補正で失敗カットも減らすハイスペック機 撮りたい瞬間を逃さない新機能「プロキャプチャーモード」も搭載し、撮影者に必要なスペックがギュッ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]