【Canon】EOS 5D MarkIV ウェディング撮影 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】EOS 5D MarkIV ウェディング撮影

[ Category:Canon|掲載日時:2018年02月22日 16時00分]



昨年秋に友人の結婚式を撮影。
今回、使用機材はこちらを使用しました。
EOS 5D MarkⅣ
EF24-70mm F2.8L II USM
スピードライト 600EX II-RT


どのレンズを持って行こうか、何本持って行こうかとても悩みましたが、
参列者としてゆっくり楽しみたいという気持ちがあったので今回はシンプルにズームレンズ一本で挑みました。


EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F3.5 1/80 ISO-4000 24mm

新郎新婦入場。
場所取りに出遅れ、前から5列目の新郎側席で撮影。
赤味の強い式場でしたが下手にWB調整をすると違和感を覚えるので、あまり青味は入れませんでした。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F3.5 1/80 ISO-4000 70mm




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5.6 1/100 ISO-3200 70mm フラッシュあり

フラッシュを入れると色味がスッキリとします。
前から5列目となると、新郎新婦の表情を大きく抑えられず厳しいです。
やはり理想は望遠レンズを着けたカメラがもう一台欲しい。
難しい判断です。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F4.5 1/160 ISO-200 70mm



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F4.5 1/250 ISO-200 50mm

この日は曇りで、屋外では非常に撮影しやすかったです。
フラワーシャワーは一瞬の出来事でしたが、EOS 5D MarkⅣはAFも向上してその一瞬も逃しません。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/160 ISO-1600 70mm

新郎新婦入場シーン。
披露宴内は照明がよく切り替わるので、瞬時に設定を変えなければなりません。
EOS 5D MarkⅣならタッチパネル搭載で操作性が良く、ストレスなく設定切替出来ました。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/50 ISO-2000 70mm




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/160 ISO-800 70mm+トリミング

EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/160 ISO-800 70mm+トリミング フラッシュあり

同じシーンをフラッシュなし・ありで比較。
大分色味が変わります。
雰囲気を重視するならフラッシュなし。
表情を明るく撮影したいならフラッシュあり。
私はどちらも好きなので、大切なシーンは両方撮影します。
フラッシュは、やはり結婚式や室内撮影には必需品。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/100 ISO-1600 70mm フラッシュあり




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/320 ISO-1250 24mm フラッシュあり

絞り開放で撮影。
小物を撮るときにはF2.8通しレンズだと雰囲気が出て綺麗に撮れるので重宝します。


EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5.6 1/160 ISO-2000 70mm+トリミング

歓談中の新婦笑顔。
表情には沢山種類があって、沢山撮影しても、実はお気に入りの画はほんの少し。
たった一瞬の良い表情なのに、ブレていたり、ピントがずれていたり、酷い時には撮りたい瞬間にシャッターが切れない!
今回はそんなことは全くなく、暗闇でもシャッターが切れるし、ブレもしないし、撮りたい瞬間に撮りたい画が撮れる。
イベントが盛りだくさんの結婚式、AFがしっかり合って一瞬の表情も逃さず、
撮影者にとってストレスの少ない非常に素晴らしい機材でした。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5.6 1/160 ISO-2000 70mm+トリミング




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F6.3 1/80 ISO-4000 70mm


今まではずっとEOS 5D MarkIII+EF24-105mm F4L IS USMの組み合わせで結婚式を撮影していました。
その組み合わせと比べた結果、
やはりEOS 5D MarkⅣは解像度もAFも色味も操作性も、全ての性能が非常に向上していました!!
本当に素晴らしい機材です。

EOS 5D MarkⅣになってから少し赤味が抜けてスッキリとした印象の写真に。
式場内と披露宴内の赤味が出やすい状況でも、WBが調整しやすかったです。
解像度とISO感度も向上していて、原寸表示でもノイズが少なく非常に美しい。
EF24-70mm F2.8L II USMだと少し距離が足りないので一部トリミングをしていますが、トリミングして大きく引き伸ばしても問題のないレベルです。
EF24-105mm F4L IS II USMとどちらにしようか迷いどころですが、画質と解像度を優先すると、EF24-70mmが良いと思います。
ただトリミングするのが手間と考える場合はEF24-105mmの方が表情を大きくとらえられるので、それぞれの好みに合わせて選ぶのも良いです。

今回の写真はトリミング以外の画像処理をいじっておらず、全てJPEG撮って出しです。
結婚式の写真は色味調整が難しいので勿論RAW現像処理がベストですが、
いつも撮影枚数が500~1000枚と多いので全て現像すると多大な時間が掛かります。。。
EOS 5D MarkⅣなら失敗も少なく、JPEG撮って出しでも充分綺麗な写真を沢山残せました。
これから春の結婚式シーズンにぜひ!

お仕事で使われる方は勿論、お子様やご家族を撮影される方、趣味で撮影される方にも断然おすすめです!



↓今回使用した機材はコチラ!↓












〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年02月22日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]