【Nikon】史上最高の本格ズームFX24-70mm~日常に標準ズームスパイス~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】史上最高の本格ズームFX24-70mm~日常に標準ズームスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]



日常にスパイス 03

1月某日、機会に恵まれ、北陸は石川県へ
旅行へ行くことができました。

いつか降りしきる雪を撮影したいと思っていましたので、
絶好の機会と思い、23時新宿発の夜行バスに飛び乗りました。

バスで揺られること約8時間。トンネルを抜けるとそこは・・・
というわけでもなく、現地石川県金沢市は冷たい雨でした。
前日までに薄く積もった雪も雨によって流れてしまって、
これと行って雪が積もっているわけでもありません。
落胆しながら一日を過ごし、その日は眠りにつきました。

翌日、目を覚ますと、外が非常に静かであると感じました。
障子を開くと、外は一面真っ白な雪景色に変貌していました。
さっそく、カメラを持って出かけることとします。

今回の撮影機材は、最新機種であるD850。
レンズは、AF-S 24-70mm F2.8G EDとAi-S Micro Nikkor 55mm F2.8。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


まずはマニュアルフォーカスレンズをつけてスナップ。
兼六園はご覧のような雪景色となりました。
より荘厳な雰囲気が漂います。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


続いて東茶屋街へ移動。古い佇まいの家屋が多く立ち並んでいます。
フォーカスを外してしまいました。久々にMFを使うと難しく感じます。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


東茶屋街そばの急坂を上ると、街を一望できました。
それにしてもすごい雪。遠くまで見ることができません。
雪を踏みしめる音が、なんとも心地よいです。

しばらく歩いた後、昔ながらの喫茶店で
少し雪宿りなどをしつつ、その日の撮影は終了としました。

翌日は、七尾線を使って能登島、和倉温泉方面へ。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


バス停の近くで一枚。
この日からAF-S 24-70mm F2.8G EDをメインに使用しています。
D850との組み合わせでは、旧大三元にふさわしい
ポテンシャルを発揮します。
あえてISO感度を64まで下げてみると、
その階調の表現能力に驚かされます。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


駅でスナップを一枚。
露出を少しアンダー目にしているのは、
雪の反射でオーバーになることを避けるためですが、
この場合だと、なんだかドラマチックな雰囲気になりました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


雪道で一枚。なんだか少しうっそうとした雰囲気です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


少し高い丘の上から撮影。水のグラデーションがきれいで、
なんだか吸い込まれてしまいそうな魅力があります。
この色表現能力も、D850の魅力です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


歩き続けると、晴れ間が見えました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


大きく厚い、雪を降らせる雲から、光が差していました。
日本海側の厳しさと、それによって育まれる
環境を如実に感じることができます。

こうして、石川県旅行を終えました。
実際にD850を使用してみてまず感じたのが、
その高画素ゆえの表現力の高さです。
画素数が高いことによって描き出される細部のディテールや、
低感度時のダイナミックレンジ、階調表現の豊かさ。
前機種であるD810のベースは踏襲しつつ、
確実にさまざまな機能を堅実にグレードアップして、
すばらしい機種として一段階上のステージへと
上ったように感じました。

また、すでに一つ前の型となったAF-S 24-70mm F2.8G EDは、
全域を通して開放から使うことができます。
過酷な北陸の冬景色も、しっかりと写し取ることができました。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8は、
マクロレンズでありながら非常にシャープネスが強い、
風景撮影も可能なオールラウンダーなレンズです。
Nikonのフィルムカメラとデジタルカメラを併用している方や、
お手頃な価格でシャープネスの強いレンズを探されてる方に
お勧めのレンズとなります。

新品D850は2/7現在、ご予約の状況となりますが、
これから一年間の撮影で活躍すること間違いございません。
是非ご予約ください。

AF-S 24-70mm F2.8G EDは、中古でのお求めですと、
現行AF-S 24-70mm F2.8E ED VRのおおよそ半額程度となっております。
お求め安い価格で大三元の一つを手に入れることができるチャンス!
こちらも是非チェックしてみてください。



▼今回使用したカメラとレンズはこちら▼











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】R Playing  vol.04 【Canon】R Playing vol.04 2019年01月16日
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100 今回はプライベートでも最も愛用している画角、 中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。 レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚) 最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13) フィルター径:58mm  重量:約425g 1992年生まれなので27歳。 今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。 持ってみるととにかく軽い。 ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。 毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので シテ...
続きを読む
日常にスパイス09 【Nikon】大口径望遠単焦点で日常にスパイス 2019年01月16日
日常にスパイス 09 最近、加速度的に、時間が早く経過していくように感じます。 「あぁ、2018年ももうすぐ終わりだなぁ」なんて考えていたら、 いつの間にか、年が明けてすでに2週間も経過してしまいました。 昨年は、Z7,Z6が発売し、AF-S 500mm F5.6E PF ED VRや、各種Zマウント用レンズなど、 Nikonを愛してやまない私にとっては、そのNikonを存分に堪能できた一年でした。 その上で、新たに今年の抱負も設けるとすれば、「もっとNikonを知り尽くす」です。 「昨年とそんなに変わらな...
続きを読む
null 新しいフォトコンテスト始まりました! 2019年01月16日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 週替わりフォトコンテスト「動物」フォトコンテスト 1/16(水)~1/23(水)の期間中に投稿された動物写真作品が対象です! 何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! 他のフォトコンテストへの同時投稿でW授賞のチャンス! 動物写真作品を投稿するだけ! 今ならW受賞のチャンス 同時開催...
続きを読む
【OLYMPUS】フィルムからミラーレスへ 【OLYMPUS】フィルムからミラーレスへ 2019年01月16日
『OLYMPUS PEN-F』 私がマップカメラで働き始めてから、初めて買ったカメラです。 フィルム時代からのフォルムをそのまま再現しており、フィルムカメラに憧れがあるが難易度が高いと考えていた私は一目惚れしました。 実際に使ってみると簡単な操作性と高スペックが揃っております。 焦点距離:25mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200 OLYMPUS公式ホームページにはこんな一文があります。『聞こえていた音、空気感までもが写真に残る。そんな写真を撮る楽しさを提供できるカメラを...
続きを読む
M-Eが良い。 【Leica】M‐Eが良い。 2019年01月15日
今回私が興味を持ったライカは、M-E 中身はM9と同じです。 違いはUSBケーブルの差し込み端子がない事と、 フレームセレクトレバーがないこと。 そして、独特なグレーのペイント。 このペイントが非常に良く、 光の加減で、青みがかったり、緑がかったり深みのある色です。 そして、使い込んでいくと、よく擦れる場所や、ぶつけた部分が剥げ真鍮の金色が覗いてきます。 長く使っていきたいカメラです。 早速持ち出して撮影へ 慣れない運転に苦心し、久々に訪れた相模湖。 寒い。そして既に...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]