Select Language

【Nikon】史上最高の本格ズームFX24-70mm~日常に標準ズームスパイス~

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]


日常にスパイス 03

1月某日、機会に恵まれ、北陸は石川県へ
旅行へ行くことができました。

いつか降りしきる雪を撮影したいと思っていましたので、
絶好の機会と思い、23時新宿発の夜行バスに飛び乗りました。

バスで揺られること約8時間。トンネルを抜けるとそこは・・・
というわけでもなく、現地石川県金沢市は冷たい雨でした。
前日までに薄く積もった雪も雨によって流れてしまって、
これと行って雪が積もっているわけでもありません。
落胆しながら一日を過ごし、その日は眠りにつきました。

翌日、目を覚ますと、外が非常に静かであると感じました。
障子を開くと、外は一面真っ白な雪景色に変貌していました。
さっそく、カメラを持って出かけることとします。

今回の撮影機材は、最新機種であるD850。
レンズは、AF-S 24-70mm F2.8G EDとAi-S Micro Nikkor 55mm F2.8。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


まずはマニュアルフォーカスレンズをつけてスナップ。
兼六園はご覧のような雪景色となりました。
より荘厳な雰囲気が漂います。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


続いて東茶屋街へ移動。古い佇まいの家屋が多く立ち並んでいます。
フォーカスを外してしまいました。久々にMFを使うと難しく感じます。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


東茶屋街そばの急坂を上ると、街を一望できました。
それにしてもすごい雪。遠くまで見ることができません。
雪を踏みしめる音が、なんとも心地よいです。

しばらく歩いた後、昔ながらの喫茶店で
少し雪宿りなどをしつつ、その日の撮影は終了としました。

翌日は、七尾線を使って能登島、和倉温泉方面へ。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


バス停の近くで一枚。
この日からAF-S 24-70mm F2.8G EDをメインに使用しています。
D850との組み合わせでは、旧大三元にふさわしい
ポテンシャルを発揮します。
あえてISO感度を64まで下げてみると、
その階調の表現能力に驚かされます。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


駅でスナップを一枚。
露出を少しアンダー目にしているのは、
雪の反射でオーバーになることを避けるためですが、
この場合だと、なんだかドラマチックな雰囲気になりました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


雪道で一枚。なんだか少しうっそうとした雰囲気です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


少し高い丘の上から撮影。水のグラデーションがきれいで、
なんだか吸い込まれてしまいそうな魅力があります。
この色表現能力も、D850の魅力です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


歩き続けると、晴れ間が見えました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


大きく厚い、雪を降らせる雲から、光が差していました。
日本海側の厳しさと、それによって育まれる
環境を如実に感じることができます。

こうして、石川県旅行を終えました。
実際にD850を使用してみてまず感じたのが、
その高画素ゆえの表現力の高さです。
画素数が高いことによって描き出される細部のディテールや、
低感度時のダイナミックレンジ、階調表現の豊かさ。
前機種であるD810のベースは踏襲しつつ、
確実にさまざまな機能を堅実にグレードアップして、
すばらしい機種として一段階上のステージへと
上ったように感じました。

また、すでに一つ前の型となったAF-S 24-70mm F2.8G EDは、
全域を通して開放から使うことができます。
過酷な北陸の冬景色も、しっかりと写し取ることができました。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8は、
マクロレンズでありながら非常にシャープネスが強い、
風景撮影も可能なオールラウンダーなレンズです。
Nikonのフィルムカメラとデジタルカメラを併用している方や、
お手頃な価格でシャープネスの強いレンズを探されてる方に
お勧めのレンズとなります。

新品D850は2/7現在、ご予約の状況となりますが、
これから一年間の撮影で活躍すること間違いございません。
是非ご予約ください。

AF-S 24-70mm F2.8G EDは、中古でのお求めですと、
現行AF-S 24-70mm F2.8E ED VRのおおよそ半額程度となっております。
お求め安い価格で大三元の一つを手に入れることができるチャンス!
こちらも是非チェックしてみてください。



▼今回使用したカメラとレンズはこちら▼











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!50票


OM-D E-M5 Mark III

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III で早速パナライカを試す【カメラを愉しむ vol.5】[2019年12月07日]

更なるプロフェッショナルモデルへと進化した「OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark III」。121点オールクロス像面位相差AFによる高速、高精度なオートフォーカス性能を小型・軽量ボディが魅力的な新製品。 これに組み合わせるレンズは「Panasonic (パナソニック) LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.」。 正直121点のオールクロス像面位相差AFの高性能をフルで活かすならやはりオ...
続きを読む
東京紅葉Z50

【Nikon】東京紅葉Z50[2019年12月07日]

東京で秋を感じたいと思い、 皇居・丸の内エリアにNikon (ニコン) Z50 と Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR、 Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR を持参して撮影にいきました。 ※Nikon (ニコン) マウントアダプター FTZ装着しています。 まず最初にイルミネーションで有名な 丸の内仲通りを歩きます。 通り沿いにオブジェが並んでいます。 ま...
続きを読む
楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む