Select Language



【Nikon】史上最高の本格ズームFX24-70mm~日常に標準ズームスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]



日常にスパイス 03

1月某日、機会に恵まれ、北陸は石川県へ
旅行へ行くことができました。

いつか降りしきる雪を撮影したいと思っていましたので、
絶好の機会と思い、23時新宿発の夜行バスに飛び乗りました。

バスで揺られること約8時間。トンネルを抜けるとそこは・・・
というわけでもなく、現地石川県金沢市は冷たい雨でした。
前日までに薄く積もった雪も雨によって流れてしまって、
これと行って雪が積もっているわけでもありません。
落胆しながら一日を過ごし、その日は眠りにつきました。

翌日、目を覚ますと、外が非常に静かであると感じました。
障子を開くと、外は一面真っ白な雪景色に変貌していました。
さっそく、カメラを持って出かけることとします。

今回の撮影機材は、最新機種であるD850。
レンズは、AF-S 24-70mm F2.8G EDとAi-S Micro Nikkor 55mm F2.8。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


まずはマニュアルフォーカスレンズをつけてスナップ。
兼六園はご覧のような雪景色となりました。
より荘厳な雰囲気が漂います。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


続いて東茶屋街へ移動。古い佇まいの家屋が多く立ち並んでいます。
フォーカスを外してしまいました。久々にMFを使うと難しく感じます。


Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S


東茶屋街そばの急坂を上ると、街を一望できました。
それにしてもすごい雪。遠くまで見ることができません。
雪を踏みしめる音が、なんとも心地よいです。

しばらく歩いた後、昔ながらの喫茶店で
少し雪宿りなどをしつつ、その日の撮影は終了としました。

翌日は、七尾線を使って能登島、和倉温泉方面へ。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


バス停の近くで一枚。
この日からAF-S 24-70mm F2.8G EDをメインに使用しています。
D850との組み合わせでは、旧大三元にふさわしい
ポテンシャルを発揮します。
あえてISO感度を64まで下げてみると、
その階調の表現能力に驚かされます。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


駅でスナップを一枚。
露出を少しアンダー目にしているのは、
雪の反射でオーバーになることを避けるためですが、
この場合だと、なんだかドラマチックな雰囲気になりました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


雪道で一枚。なんだか少しうっそうとした雰囲気です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


少し高い丘の上から撮影。水のグラデーションがきれいで、
なんだか吸い込まれてしまいそうな魅力があります。
この色表現能力も、D850の魅力です。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


歩き続けると、晴れ間が見えました。


Nikon (ニコン) AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8 G ED


大きく厚い、雪を降らせる雲から、光が差していました。
日本海側の厳しさと、それによって育まれる
環境を如実に感じることができます。

こうして、石川県旅行を終えました。
実際にD850を使用してみてまず感じたのが、
その高画素ゆえの表現力の高さです。
画素数が高いことによって描き出される細部のディテールや、
低感度時のダイナミックレンジ、階調表現の豊かさ。
前機種であるD810のベースは踏襲しつつ、
確実にさまざまな機能を堅実にグレードアップして、
すばらしい機種として一段階上のステージへと
上ったように感じました。

また、すでに一つ前の型となったAF-S 24-70mm F2.8G EDは、
全域を通して開放から使うことができます。
過酷な北陸の冬景色も、しっかりと写し取ることができました。

Ai-S Micro Nikkor 55mm F2.8は、
マクロレンズでありながら非常にシャープネスが強い、
風景撮影も可能なオールラウンダーなレンズです。
Nikonのフィルムカメラとデジタルカメラを併用している方や、
お手頃な価格でシャープネスの強いレンズを探されてる方に
お勧めのレンズとなります。

新品D850は2/7現在、ご予約の状況となりますが、
これから一年間の撮影で活躍すること間違いございません。
是非ご予約ください。

AF-S 24-70mm F2.8G EDは、中古でのお求めですと、
現行AF-S 24-70mm F2.8E ED VRのおおよそ半額程度となっております。
お求め安い価格で大三元の一つを手に入れることができるチャンス!
こちらも是非チェックしてみてください。



▼今回使用したカメラとレンズはこちら▼











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年02月07日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~ 暑い祭りに高画素機片手にぶらつく話 【Nikon】Nikonの話~ 暑い祭りに高画素機片手にぶらつく話 2018年07月11日
今年もそろそろ夏本番となり気温も高くなり夏らしい日々が続いております 毎年のことではありますが熱中症にも気を付けていきましょう さて成田では夏の始まりを告げる祇園祭が行われました 毎年、7日に一番近い金土日の三日間におこなわれます 今年は6日から8日に開催され私は中日の7日に参加しました ちなみに成田で祇園祭がおこなわれる際には雨が降る傾向が強い気がします 今年も初日が雨に見舞われていました 毎年、参加してみるに祇園祭に訪れる方が増えているような気がします 参...
続きを読む
【Nikon】D810と新宿夜景 【Nikon】D810と新宿夜景 2018年07月06日
本日は夜景撮影をするためにD810を持って新宿まで撮影に行ってきました。 まずは新宿の大歓楽街「歌舞伎町」にて撮影。 11時を過ぎているのに多くの人で賑わっています。 ネオン街をバックに人の流れを写したかったので三脚を立てて長時間露光で撮影。 いい1枚が撮れました。 お次はお気に入りの撮影スポット、思い出横丁にて撮影。 金曜日ということもあり、とても賑わっています。 小さなお店が軒を連ねる思い出横丁。 細い路地は、沢山ある焼き鳥屋さんのケムリがモクモク...
続きを読む
先黒と歩く浅草 先黒と歩く浅草 2018年07月02日
昨年9月にリニューアルされたVoigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用)。 レンズの高性能化が盛んな中、クラシカルな外見の中に 現代の光学技術が詰め込まれたコンパクトなマニュアル専用レンズです。 本レンズは前モデルと同様にニコンのAi-S仕様とCPU内蔵を継承しつつ、 前モデルにはなかったいわゆる「カニ爪(距離計連動爪)」が追加されてAi以前のニコンカメラにも対応しています。 今回は通称“先黒(さきぐろ)”と呼ばれるブラックリムカラーのこのレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]