【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月20日 12時00分]


Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH

50mm F0.95 1/125秒 ISO320

皆様こんにちは。
本日はマップカメラ本館地下にある「ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU」の設立5周年の記念日です。
皆様に支えられて、まずは5年という節目を迎えることが出来ました!
誠にありがとうございます。

本日は、4年ぶりくらいに会った中学時代からの友人をモデルに、夕方~夜の時間の街中ポートレートをお送りします。
使用機材はLeica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHです。

その日のファーストカットだった、ちょっと固い笑顔からスタートです。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH

50mm F0.95 1/125秒 ISO125

日が暮れて辺りが暗くなってきました。
少し離れて歩いてもらい、しゃべり歩きながらパシャリ。
現行のノクティルックスはF0.95なので50mmの標準域ながら大きなボケが得られます。
浮き立つようなボケがとても魅力的です。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH

50mm F0.95 1/125秒 ISO800

お気に入りのカフェで休憩。
ほぼ最短撮影距離(1m)に近い距離にて。
ピントが合っている部分からボケ始める部分にかけてのなめらかさは特筆ものです。
ボケが自然だと立体感がより感じられます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH

50mm F0.95 1/125秒 ISO1250

前から気になっていた鶏肉の美味しいお店の前でパシャリ。
背の高い植物が被写体を額縁のように縁取ってくれるちょうどいい場所でした。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH

50mm F0.95 1/125秒 ISO320

夜の街らしく、光を活かしてみました。
ポートレートでは、目線の先の余白を詰めると緊張感が出ます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH

50mm F0.95 1/125秒 ISO640

今回はこのカットでおしまい。
この1日でだいぶ撮られ慣れたのか、表情も自然な感じに。
ポートレート撮影はお互いのコミュニケーションが肝心です。

今回はストロボを持っていかなかったので、自然光のみで撮影していました。
この写真も、薄暗い場所でしたがレンズの明るさに助けられました。

全体的にかなりアンダーで撮影してからRAW現像で持ち上げたのですが、シャドー部にノイズがほとんど見られませんでした。
これはもちろんレンズではなく、カメラが優秀だからこそ成せるものです。

最近はLeica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHを使うようになってからというもの
自前のカメラの出番がめっきり減ってしまいました。
こうなってしまうのも、最高峰のカメラとレンズの組合わせなので無理もないですが
「コレを使って撮りたい!」という気持ちってすごく大切だと思います。
気持ちが乗ってくると写真を撮るのが楽しいだけでなく、出来上がるものも変わってきます。

皆様も「コレだ!」というカメラやレンズを手にして充実したカメラライフをお過ごしください。

マップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」
Leica SL (Typ601)の作例を公開中!
Leica初の35mm判フルサイズセンサー搭載のミラーレスカメラとして世に出た本機の実力や如何に!


ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHの作例もございます!
歴代最高峰の明るさを手にした至高のレンズ。
写真を見れば一度は使ってみたい、と憧れを抱かせてくれます。










マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月20日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~ 【Leica】Qと旅する~青森編~ 2018年09月11日
今回Leica Q(Typ116)とともに訪れたのは青森!! 車移動+美術館メインの旅の為、写真は少な目ですがご覧ください。 最初に(スイッチ式の)エンジンのかけ方が分からないというトラブルがあったりカーナビに惑わされたものの、 なんとか目的地へ…。 天気が心配でしたが、涼しく本当に気分爽快!! 思えば人生で一番北に来ました。 やってきたのは青森県立美術館! 青森を代表する芸術家、奈良美智氏や棟方志功の作品が 展示されているなど、見どころ満載です。 なかでも『あおもり犬』は見...
続きを読む
Leica (ライカ) Q(Typ116) 【Leica】非日常を楽しむ 2018年08月26日
「夏休み」というと子供の頃は特別の時間が流れていて、 その時に感じた想いや感動が大人になってもずっと忘れられない。 今回、Leica (ライカ) Q(Typ116)を持ってそんな夏休みの高原に出掛けてみた。 もう40年以上も昔のこと、大学で写真を勉強していた頃に小型でいつでも持ち歩ける、それでいて高い描写力の高性能コンパクトカメラが欲しくて学内のカメラ店に立ち寄った。 そこで出会った LEITZ-MINOLTA CL M-ROKKOR QF 40mm F2 付。 一瞬で一目惚れして、貧乏学生が一大決心をして分割で購...
続きを読む
null 【Leica】M10-P ファーストインプレッション 2018年08月25日
使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 遂に本日発売となりました『Leica M10-P』。基本性能はM10を踏襲しつつも、より静音性の高いシャッターの採用や、M型初となるタッチパネルの採用など、今までのプロフェッショナル仕様である“P”よりも特別感のあるポジションを手にいれたように感じます。そんな『Leica M10-P』を早速フィールドへ持ち出し撮影をしてきました。是非その性能の片鱗を感じて頂けたらと思います。 使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 ...
続きを読む
【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 2018年08月22日
皆様こんにちは ついにこの時がやって参りました。 Leica M10-Pのご予約受付け開始!! 正面の赤丸ロゴの代わりに天面に刻印が入ったことで 「P」の名の通りプロフェッショナルな雰囲気が漂う逸品です。 しかも今回はタッチパネル採用です。 ライブビュー撮影時のピント拡大や画像再生時の操作が快適になりました。 ナント今回、発売前ですが展示用に実機がやってきました! ライカといえば赤でしょう。 ということで、折角の刻印入りなので俯瞰から布を敷いてパシャリ。 クロームボデ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]