MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



ママと息子とLeica Q

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月10日 12時35分]



Leica (ライカ) Q(Typ116)


以前から気になっていたLeica Qを片手に息子と公園へ。

ママって常に子供に神経使うので、カメラで色々な設定をしている時間なんて子供には与えてもらえません。

だからこそ、「簡単」に、「綺麗」に、「可愛く」撮れるカメラが欲しいもの。
と言っても、私はLeicaを使うのはこれが初めてでドキドキでした。

1枚目は頑張って遊具を登る息子。

そんな子供の姿にも、すぐさまピントを合わせてくれる!
このオートフォーカスの速さには驚きました。


Leica (ライカ) Q(Typ116)


ピントが合った部分が際立ち、とても立体的に。
解像力とボケ味の素晴らしさはさすがライカレンズの一言。


Leica (ライカ) Q(Typ116)


Leica Qにはもともと28mmのレンズが付いていますが、クロップ機能を使うと、35mm、50mmでの撮影も可能になります!

背面のボタンを押すだけで設定した画角の枠が液晶画面に表示されるので、画角を選びながら撮影するのもこれまた楽しい。


Leica (ライカ) Q(Typ116)


夜景での撮影も、ストレスなく撮影でき感動しました。
ライカQが再現する色がとても上品で個人的にとても好き。


Leica (ライカ) Q(Typ116)


Leica (ライカ) Q(Typ116)


Leica Qには、マクロモードやモノクロ機能など、まだまだ楽しめる機能が満載。


今回撮影してみて、Leica Qが再現する描写力に惚れてしまいました。

被写体を際立たせてくれるボケ味。
派手過ぎず、地味過ぎず、本当に見たままの色。
本当に素晴らしいの一言。

そして、小型軽量ボディでママが持っていても重くなく、一緒にお出かけしたくなる可愛いデザインとフォルム。

ライカカメラがこんなにサクサク撮れて、ワクワクさせてくれるカメラだとは……。
ライカは高くて難しそうだと思っていたのがもったいない!と後悔。

お値段はお安くはありませんがそれを凌駕するだけの魅力が詰まっているカメラです。

現在、マップカメラにはご購入を検討しているお客様の背中を押す超低金利ショッピングクレジットもございますので、
検討されている方は是非ご利用ください。


子供の成長、今見える景色は今しかないもの。
そんなあなたの大切な思い出を、Leica Qで撮ってみませんか?






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月10日 12時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
【Leica】たてもの園で撮る浴衣ポートレート 【Leica】たてもの園で撮る浴衣ポートレート 2018年08月07日
皆様こんにちは! 連日30℃超えの暑い日が続きます。 台風の接近に伴い、今日は涼しいですが…早く秋になってほしいなんて思ってしまいます。 今回は、ちょいちょい飲みに行くお店で「友達の浴衣姿を撮ってほしいんだけど…」とオファーを頂いたので 小金井にある「江戸東京たてもの園」に行ってきました。 初めましての人と初めての場所に行くというドキドキの幕開けです。 旧き良き日本の雰囲気でお送りします。 綺麗なシャンデリアです。 ガラスのきめ細やかな反射が美しいです。 カメラ...
続きを読む
【24人の24mm】ELMARIT M24でモノクロスナップ 【24人の24mm】ELMARIT M24でモノクロスナップ 2018年08月05日
ELMARIT M24でモノクロスナップ 【24人の24mm】でズミルックス、エルマーとご紹介して、今回は残るエルマリートになります。 Mマウントに24mmのラインナップが加わったのが1996年とM型の歴史を考えれば比較的最近のことです。 M3にモノクロフィルムを詰めて街中をスナップ撮影してきました。 夏の強い日差しが生み出すハイライトとシャドーをモノクロで収めたくなるのは私だけでしょうか? 個人的に24mmレンズを使った際の縦構図の路面と背景の収まりが好みです。 ...
続きを読む
【24人の24mm】広角日和。 【24人の24mm】広角日和。 2018年08月02日
広角日和。 さて、本日ご紹介いたします24mmはこちら。 「Elmar24mm F3.8 ASPH.」です。 M型ライカでは24mmという焦点距離のレンズは数が少なく、 ズミルックスとエルマリート、そしてこのエルマーの3種類のみ。 そして、現行のLeica レンジファインダーカメラで、 24mmの画角に対応するファインダーが搭載されているモデルはありません。 その為、M10やM(Typ240)などのライブビューが可能な機種では ファインダーではなく、モニターを見ながら撮影することで画...
続きを読む
【24人の24mm】”S”の衝撃 【24人の24mm】”S”の衝撃 2018年07月29日
”S”の衝撃 24mmという画角は普段全く使っていない焦点距離。 正直お話が来た時「果たして私で大丈夫なのか…?」と少し緊張もしました。 今回は中判フォーマットとなるLeica S(Typ007)と 換算24mm相当のElmarit-S 30mm F2.8 ASPH.を使用し、 モノクロームで撮ってきました。 ズシリと手に伝わる重量は、ボディ1260g、レンズ1006gという超重量級の組み合わせ。 この企画の中でも恐らくトップクラスの機材…緊張が走ります。 S(Typ006)まではCCDセンサーでしたが、S(Typ007)から...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]