【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中!

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 14時00分]



FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】
フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。
ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。

X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。
最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。
さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。
濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル!
究極の表現力を目指して、まもなく第三のフラッグシップX-H1が登場します。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

X-H1は「Xシリーズ」初搭載のボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機能や
「Xシリーズ」初の「フリッカー低減撮影機能」と高速・高精度AFにより、さまざまなシーンで決定的瞬間を捕捉します。
長年シネマ業界をリードし高い評価を受けてきた映画用フィルムの色・階調を再現した新フィルムシュミレーション『ETERNA(エテルナ)』の搭載や
200Mbpsの高ビットレート記録にも対応した動画機能などXシリーズ史上最高のパフォーマンスを発揮するフラッグシップモデルX-H1予約受付中です!

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

Xシリーズの魅力は!センサー、ボディとレンズのバランスの良さとサイズ感にあります。
各魅力を損なうことなく描写と携帯性を両立していることが、最大の魅力!
そこで、しっかりと写真に向き合うため、状況によって使い分けるため、Xシリーズ最大限の魅力を引き出すために必要なレンズを選びたいはずです。
ただいま本館3階では、【FUJIFILM X MOUNT LENS SELECTION 本当に必要なレンズをそろえよう】を開催しております。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

最高の写真画質を体感することができるXマウントレンズは、2012年のX-Pro1と共に誕生しました。
そしてXマウントはミラーレス一眼の特徴を生かした短いフランジバックと、マウント面からレンズを深くもぐり込ませた広い開放部のため、自由度の高い光学設計が可能なのです。
そのデザインと素材は、上質なアルミ素材による金属外装を採用し、触れた時の心地良さと確かな操作性を両立しています。

そしてXマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」としてXシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
Xシリーズに相応しい極上の写真画質を体感するため、XFレンズを中心にZOOMレンズとPRIMEレンズの二つに分けて、
その多彩なラインナップから選択してみてください。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【ZOOMレンズセレクション】
『レッドバッジズームレンズ』
圧倒的な描写性能を誇るフラッグシップズームレンズで、最高性能の証として赤いバッジが目印です。
『プレミアムズームレンズ』
高い光学性能を誇るハイクラスズームレンズで、最新テクノロジーにより高い解像力を発揮します。
『スタンダードズームレンズ』
コストパフォーマンス抜群のコンパクトズームレンズで、小型軽量のためカジュアルに持ち出せます。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行





Message from XXX

メーカーキャンペーン『X-H1発売記念 Wキャンペーン』も実施





『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓新製品〓〓〓〓セール情報〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]