【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中!

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 14時00分]



FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】
フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。
ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。

X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。
最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。
さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。
濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル!
究極の表現力を目指して、まもなく第三のフラッグシップX-H1が登場します。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

X-H1は「Xシリーズ」初搭載のボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機能や
「Xシリーズ」初の「フリッカー低減撮影機能」と高速・高精度AFにより、さまざまなシーンで決定的瞬間を捕捉します。
長年シネマ業界をリードし高い評価を受けてきた映画用フィルムの色・階調を再現した新フィルムシュミレーション『ETERNA(エテルナ)』の搭載や
200Mbpsの高ビットレート記録にも対応した動画機能などXシリーズ史上最高のパフォーマンスを発揮するフラッグシップモデルX-H1予約受付中です!

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

Xシリーズの魅力は!センサー、ボディとレンズのバランスの良さとサイズ感にあります。
各魅力を損なうことなく描写と携帯性を両立していることが、最大の魅力!
そこで、しっかりと写真に向き合うため、状況によって使い分けるため、Xシリーズ最大限の魅力を引き出すために必要なレンズを選びたいはずです。
ただいま本館3階では、【FUJIFILM X MOUNT LENS SELECTION 本当に必要なレンズをそろえよう】を開催しております。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

最高の写真画質を体感することができるXマウントレンズは、2012年のX-Pro1と共に誕生しました。
そしてXマウントはミラーレス一眼の特徴を生かした短いフランジバックと、マウント面からレンズを深くもぐり込ませた広い開放部のため、自由度の高い光学設計が可能なのです。
そのデザインと素材は、上質なアルミ素材による金属外装を採用し、触れた時の心地良さと確かな操作性を両立しています。

そしてXマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」としてXシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
Xシリーズに相応しい極上の写真画質を体感するため、XFレンズを中心にZOOMレンズとPRIMEレンズの二つに分けて、
その多彩なラインナップから選択してみてください。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【ZOOMレンズセレクション】
『レッドバッジズームレンズ』
圧倒的な描写性能を誇るフラッグシップズームレンズで、最高性能の証として赤いバッジが目印です。
『プレミアムズームレンズ』
高い光学性能を誇るハイクラスズームレンズで、最新テクノロジーにより高い解像力を発揮します。
『スタンダードズームレンズ』
コストパフォーマンス抜群のコンパクトズームレンズで、小型軽量のためカジュアルに持ち出せます。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行





Message from XXX

メーカーキャンペーン『X-H1発売記念 Wキャンペーン』も実施





『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓新製品〓〓〓〓セール情報〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]