Select Language

【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中!

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 14時00分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】
フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。
ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。

X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。
最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。
さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。
濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル!
究極の表現力を目指して、まもなく第三のフラッグシップX-H1が登場します。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

X-H1は「Xシリーズ」初搭載のボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機能や
「Xシリーズ」初の「フリッカー低減撮影機能」と高速・高精度AFにより、さまざまなシーンで決定的瞬間を捕捉します。
長年シネマ業界をリードし高い評価を受けてきた映画用フィルムの色・階調を再現した新フィルムシミュレーション『ETERNA(エテルナ)』の搭載や
200Mbpsの高ビットレート記録にも対応した動画機能などXシリーズ史上最高のパフォーマンスを発揮するフラッグシップモデルX-H1予約受付中です!

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

Xシリーズの魅力は!センサー、ボディとレンズのバランスの良さとサイズ感にあります。
各魅力を損なうことなく描写と携帯性を両立していることが、最大の魅力!
そこで、しっかりと写真に向き合うため、状況によって使い分けるため、Xシリーズ最大限の魅力を引き出すために必要なレンズを選びたいはずです。
ただいま本館3階では、【FUJIFILM X MOUNT LENS SELECTION 本当に必要なレンズをそろえよう】を開催しております。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

最高の写真画質を体感することができるXマウントレンズは、2012年のX-Pro1と共に誕生しました。
そしてXマウントはミラーレス一眼の特徴を生かした短いフランジバックと、マウント面からレンズを深くもぐり込ませた広い開放部のため、自由度の高い光学設計が可能なのです。
そのデザインと素材は、上質なアルミ素材による金属外装を採用し、触れた時の心地良さと確かな操作性を両立しています。

そしてXマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」としてXシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
Xシリーズに相応しい極上の写真画質を体感するため、XFレンズを中心にZOOMレンズとPRIMEレンズの二つに分けて、
その多彩なラインナップから選択してみてください。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【ZOOMレンズセレクション】
『レッドバッジズームレンズ』
圧倒的な描写性能を誇るフラッグシップズームレンズで、最高性能の証として赤いバッジが目印です。
『プレミアムズームレンズ』
高い光学性能を誇るハイクラスズームレンズで、最新テクノロジーにより高い解像力を発揮します。
『スタンダードズームレンズ』
コストパフォーマンス抜群のコンパクトズームレンズで、小型軽量のためカジュアルに持ち出せます。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1
FUJIFILM (フジフイルム) X-H1 FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行





Message from XXX

メーカーキャンペーン『X-H1発売記念 Wキャンペーン』も実施





『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓新製品〓〓〓〓セール情報〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 14時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!93票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む