【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編)

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月19日 17時00分]



前回に引き続き冬の道央、上川地方を旅してまいります。
昨日掲載の別スタッフの記事を見て、社内に真冬の北海道を旅しているスタッフがいたのかと驚きました。
ご覧の皆様も定番の夏に限らず、冬の北海道はいかがでしょうか。きっとその美しさに魅せられます。

SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2000)

雪を照らす豆球の光が優しく、心が洗われます。
時間に追われ目まぐるしく状況が変わる都会も悪くはありませんが、
このような心穏やかな環境も私は大変魅力的に感じます。


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA + Kenko PRO1Dプロソフトン[A]
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA + Kenko PRO1Dプロソフトン[A] (1/60s f/2.0 ISO800)

富良野市・新富良野プリンスホテル敷地内「ニングルテラス」という場所です。
雑貨屋さんやお土産屋さんなど雰囲気ある小さなお店が集まっており、
冬は雪の中ということもあって大変ロマンチックな場所です。
本当は天体撮影用に持参したKenko製プロソフトン[A]フィルターを併用しました。


SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM
SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM (1/320s f/4.5 ISO100)

場所は変わって、こちらは旭川市・旭山動物園にて。
氷点下5度にも関わらず、レッサーパンダが屋外で元気に走り回っていました。
純正レンズと違い使用できる測距点が画面中央部近くに限られる、瞳AFが動作しないなど制限もありますが、
今回使用したMC-11とEF70-200mm F4Lの組み合わせでは不満なく被写体を追いかけることが出来ました。


SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM
SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM (1/250s f/4.0 ISO160)

大人のおサルさんたちはみんな集まってじっとしていますが、
子ザルは寒さなど気にしない様子。設置されたワイヤーや遊具を飛び回っています。


SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM
SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM (1/200s f/8.0 ISO100)

富良野市・富良野ワインハウス前より富良野岳方面を望む。
大変お天気がよく、目の前は雄大な景色とあって大変気持ちが良かったです。


SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM (1/3200s f/4.5 ISO100)

旅の最後に訪問した美瑛町・北西の丘展望公園。
空港からも比較的近く、文字通り美瑛の丘が楽しめる公園です。
除雪されないため冬はアクセスしにくくなりますが幸い踏み固めてあり到達できました。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/100s f/2.8 ISO100)

あっという間に北海道を離れる時が来てしまいました。楽しい事をしていると時間を忘れてしまいます。
冬の北海道、この時にはしばらく来る機会はないだろうと思っていましたが数週後、札幌雪まつりに行くことに。
またの機会がありましたら記事にしたいと思います。


今回、撮影に使用しましたEF70-200mm F4LやFA31mm F1.8 Limitedはこちらからお求め頂けます。
α7IIシリーズであれば純正レンズはもちろん、マウントアダプターを介して様々なレンズをお楽しみただけます。
今回の旅では純正Eマウント・キヤノンEFマウント・ペンタックスKマウントの3種類を使用しましたが、
昨日掲載の別スタッフの記事ではライカLマウントやライカMマウントも使用しております。

様々なレンズと親和性が高く、ほとんどのレンズでボディ内手ブレ補正の恩恵が受けられるα7IIシリーズ。
まだ体験されてない皆様、この機会にぜひお手に取ってご体験ください。
フルサイズの画角でマウントの垣根を超える便利さには、きっと魅せられると思います。


気兼ねなく使いたいお客様には中古品をお勧め致します。
良品・並品は新品との値段差が大きくお買い得です!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月19日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]