フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 | THE MAP TIMES 
Select Language



フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』

[ Category:etc.|掲載日時:2018年02月17日 10時30分]



Bergger Pancro 400

2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、
フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。
しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。
街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。
フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。
レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。
そこでこのブログではフィルムに焦点を当ててご紹介いたします。

今回は昨年新たに発売されたモノクロフィルム『BERGGER Pancro 400』をご紹介します。

BERGGERはフランスの感材メーカーとして主に印画紙の製造を行っています。
フィルム名称の"Pancro(パンクロ)"とは人の目で見える波長の光"可視光"に対して感光するという意味になります。

機材はCONTAX G2とBiogon 28mm F2.8(G)で撮影を行いました。
写真はプリントをスキャナー(EPSON GT-X820)で取り込んだものになります。


Bergger Pancro 400

特徴として感材に異なる2種類のハロゲン化銀(臭化銀とヨウ化銀)が使われていることで、
非常にラティチュードが広くハイライトからシャドーまで白トビや黒潰れが起きることなく写し出してくれます。


Bergger Pancro 400

ガラス越しになりますが、諧調が豊かなのでディスプレイされている衣服の布の質感まで写し出してくれます。
また、反射で分かりずらいですが店内のシャドー部も潰れていません。


Bergger Pancro 400

粒状性はあまり良いとは言えませんが、曇り空の出方はワザとらしさはなく自然な印象になりました。
諧調の豊かさ反面、被写体や使用するレンズによってはコントラストが低く"ねむたい"印象に仕上がることもあると思います。


Bergger Pancro 400

鶴ヶ城の石垣の石もそれぞれ濃淡がしっかり区別されて、立体感が感じられます。

フィルムを一本通してみて、諧調の豊かさや柔らかさを活かした、
ポートレートや花など質感の描写を求められる被写体に向いているフィルムだと思います。
今回使用したレンズCONTAX Biogon T*28mm F2.8(G)はコントラストが高めでシャープな描写です。
フィルムの特徴と、レンズの特色を考えてバランスをとることはフィルムカメラの醍醐味だと改めて感じました。


↓今回使用したフイルムはコチラ↓




↓BERGGER Pancro 400フィルムサイズ違いはコチラ↓





※このフィルムは新しいフィルムのため、現像所によっては受付ができないところもあります。



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年02月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む
秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]