フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 | THE MAP TIMES 
Select Language



フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』

[ Category:etc.|掲載日時:2018年02月17日 10時30分]



Bergger Pancro 400

2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、
フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。
しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。
街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。
フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。
レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。
そこでこのブログではフィルムに焦点を当ててご紹介いたします。

今回は昨年新たに発売されたモノクロフィルム『BERGGER Pancro 400』をご紹介します。

BERGGERはフランスの感材メーカーとして主に印画紙の製造を行っています。
フィルム名称の"Pancro(パンクロ)"とは人の目で見える波長の光"可視光"に対して感光するという意味になります。

機材はCONTAX G2とBiogon 28mm F2.8(G)で撮影を行いました。
写真はプリントをスキャナー(EPSON GT-X820)で取り込んだものになります。


Bergger Pancro 400

特徴として感材に異なる2種類のハロゲン化銀(臭化銀とヨウ化銀)が使われていることで、
非常にラティチュードが広くハイライトからシャドーまで白トビや黒潰れが起きることなく写し出してくれます。


Bergger Pancro 400

ガラス越しになりますが、諧調が豊かなのでディスプレイされている衣服の布の質感まで写し出してくれます。
また、反射で分かりずらいですが店内のシャドー部も潰れていません。


Bergger Pancro 400

粒状性はあまり良いとは言えませんが、曇り空の出方はワザとらしさはなく自然な印象になりました。
諧調の豊かさ反面、被写体や使用するレンズによってはコントラストが低く"ねむたい"印象に仕上がることもあると思います。


Bergger Pancro 400

鶴ヶ城の石垣の石もそれぞれ濃淡がしっかり区別されて、立体感が感じられます。

フィルムを一本通してみて、諧調の豊かさや柔らかさを活かした、
ポートレートや花など質感の描写を求められる被写体に向いているフィルムだと思います。
今回使用したレンズCONTAX Biogon T*28mm F2.8(G)はコントラストが高めでシャープな描写です。
フィルムの特徴と、レンズの特色を考えてバランスをとることはフィルムカメラの醍醐味だと改めて感じました。


↓今回使用したフイルムはコチラ↓




↓BERGGER Pancro 400フィルムサイズ違いはコチラ↓





※このフィルムは新しいフィルムのため、現像所によっては受付ができないところもあります。



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年02月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
null 【フォトコンテスト】とびきりの1枚vol.4 「美しい風景」フォトコンテスト 2018年09月14日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! とびきりの1枚vol.4 「美しい風景」フォトコンテスト 皆さまが撮影した、「美しい風景」をエビフォトにご投稿下さい!毎日、エヴィフォトスタッフが選出させていただきます! 参加方法は、エビフォトに投稿するだけ!皆さま奮ってご参加ください!
続きを読む
運動会にはMicroFourThirds 運動会には MicroFourThirds 2018年09月14日
運動会は年に一度の貴重なイベント!失敗できない大切なシーンだからこそ、スマホではなく「良いカメラ」で撮影したいものです。 今回は初心者でも使いやすく、長時間の撮影でも疲れにくい小型・軽量のマイクロフォーサーズカメラを紹介いたします。 高速連写と速いAFで決定的瞬間を逃さない! 強力な手ぶれ補正で失敗カットも減らすハイスペック機 撮りたい瞬間を逃さない新機能「プロキャプチャーモード」も搭載し、撮影者に必要なスペックがギュッ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]