【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 15時50分]



FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。
今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

開催場所は、港区・赤坂。
事前申込制で先着200名限定のイベントだったのですが、早い段階で満員御礼になるほどの人気ぶり。Xシリーズに対する注目度の高さが伺えます。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

会場前にはX-H1のスケッチが大きく貼り出されていました。人気のレンズ「XF16-55mm F2.8 R LM WR」が装着されています。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

会場に入ってまず目に飛び込んできたのが、X-H1で撮影された数々の作品です。冒頭でも触れましたが、X-H1にはボディ内手ブレ補正が搭載されているということでいつものXシリーズよりも動体の作品が多かったように感じます。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

更に奥へと進んでいくと、いよいよX-H1がお目見え!今までのXシリーズとGFX 50Sの中間のようながっしりとした重厚感のある外観が印象的です。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

メインはX-H1でしたが、それ以外にも開発中の新製品『GF 250mm』『GF 1.4X TC WR』のモックアップ、そして一際目を引いたのがX-H1のすぐそばに置かれていたXマウント対応の初めてのシネレンズ『MKX 50-135mm T2.9(6月発売予定)』の存在でした。
静止画だけでなく動画にも力を入れているという本機。正直今までのXシリーズに動画撮影のイメージはあまりありませんでしたが、X-H1の登場によってそのイメージも少しずつ変わってくることでしょう。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

タッチ&トライコーナーにずらりと並ぶたくさんのX-H1。1台1台にスタッフの方が付き、丁寧にX-H1についての説明をされていました。先着200名限定開催だったおかげか、来場されていた方々もじっくりとX-H1の魅力に触れられていたように思います。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

となりのブースでは、動画撮影体験コーナーも。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

さて、いよいよ私たちの順番がやってきました。
左から、X-T2、X-H1、X-Pro2の順に並べましたが、ぱっと見ただけでもX-H1がよりプロフェッショナル向けに作られたカメラであることがよく分かります。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

特にグリップ周りのデザインが大きく異なっています。深く握りやすくなったグリップと、大きくなったシャッターボタン。「フェザータッチシャッター」と称されていますが、まさにフェザータッチと呼ぶにふさわしい軽いシャッターフィーリングには驚きました。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

別売りの『パワー・ブースター・グリップ VPB-XH1』を取り付けるとその安定感はより確実なものとなります。連写速度のパフォーマンスも向上するので動体撮影をされる方におすすめのアイテムです。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

タッチパネルは撮影画面でのみ使用可能。メニュー画面では使用できないとのことでしたが、メニュー画面を探っていたところ「動画サイレント操作」なるものを発見しました。
動画サイレント操作をONにすることで、動画撮影時にシャッタースピード、F値、ISO感度のダイヤルが無効となり、その代わりタッチパネルでそれぞれの値が設定できるようになる機能です。確かに動画撮影時にカチカチとダイヤルを回してしまうと振動がカメラに伝わってしまいます。その点もしっかりと考慮されているのはムービーカメラマンにとってはかなり嬉しいポイントです。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

動画と言えば、もうひとつ。新しいフィルムシミュレーションモード「ETERNA」です。映画用カラーネガフィルムを再現したフィルムシミュレーションというだけあって、落ち着いた発色が魅力的。スタッフの方曰く「コントラストが低いため静止画だと少し物足りなく感じるかもしれませんが、動画撮影の際に真価を発揮します」とのこと。
せっかくなので他のフィルムシミュレーションと撮り比べてみました。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

フィルムシミュレーション:PROVIA / 使用機材:FUJIFILM X-H1 + XF 35mm F1.4 R


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

フィルムシミュレーション:クラシッククローム / 使用機材:FUJIFILM X-H1 + XF 35mm F1.4 R


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

フィルムシミュレーション:ETERNA / 使用機材:FUJIFILM X-H1 + XF 35mm F1.4 R


まるで映画のワンシーンを切り取ったかのような雰囲気のある1枚に仕上がりました。動画撮影時に真価を発揮するとのことですが、コントラストの低い写りが好きな方だったら静止画でも活躍すること間違いなしのフィルムシミュレーションです。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/18秒 / ISO:250 / 使用機材:FUJIFILM X-H1 + XF90mmF2 R LM WR


隣にあった手ブレ補正体験コーナーにモデルの方がいらっしゃったので、撮影をさせていただきました。Exifを見返してみると1/18秒となかなかの低速での撮影だったのですが、撮影中は全く気になりませんでした。今まで手ブレ補正の付いていなかったレンズを手ブレ補正ありで楽しめるというのは大きなメリットです。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

こちらはX-H1の中身の様子。ボディ内手ブレ補正のユニットもそうですが、個人的に気になったのは、シャッターユニットに搭載された衝撃吸収サスペンションの存在です。「Xシリーズ史上最も静かなシャッター音」と謳われていますが、その言葉に偽りはありません。室内や結婚式のイベント事など、静かな環境下でもためらうことなくシャッターを切ることが出来ます。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

X-H1の機能紹介と共に、風景カメラマンの方のトークショーもありました。


FUJIFILM Xスペシャルイベントレポート

イベントの片隅には、こんな今時なアイテムも。イベントの模様をSNSに投稿するとSDカードケースがいただけるとのことだったので、スタッフ全員で投稿。5種類のうち3種類をゲットすることができました。





イベントレポートをお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。
動画体験コーナー、手ブレ補正体験コーナー、トークショーなど、X-H1の魅力を存分に味わうことが出来るとても楽しいイベントでした。
フジの色が好きだから、とフジフイルムのカメラを使われている方が多いことからも分かるように、色表現力に力を注いでいるフジフイルム。静止画のみならず、今後は動画でもその名を轟かせるようになるのでしょうか。X-H1の発売を楽しみにすると共に、今後のフジフイルムの動きがどうなっていくのかとても興味深いです。


現在マップカメラでは、『FUJIFILM X-H1』のご予約を受け付けています。
▼皆様のご予約を心よりお待ちしております!▼





X-H1発売記念 Wキャンペーン 詳細はこちら





〓〓新製品〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月16日 15時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]