【Leica】ズマールと行く北海道旅行 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】ズマールと行く北海道旅行

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月18日 15時30分]



Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。
持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。

時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたようで、意外と冬の北海道に訪れる人は多いんだなと思いました。持って行った機材の大きさと多さにかなりの違いがありますが…。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

出発当日、東京は生憎の雨模様。
はじめて飛行機に乗るためのバスに乗りましたが、社会科見学のようで楽しかったです。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

実は今回使用しているズマールは、ちょうど2年前くらいにマップカメラで難あり品として販売されていたもの。びっくりするほどのクモリ具合が逆に楽しくて購入後しばらくはそのまま使い続けていたのですが、(その時のブログはこちら)そろそろ綺麗にしてあげようと思いオーバーホールに出しました。その結果、拭きキズはどうにもならなかったものの、クモリはほとんど綺麗に取れました!正直ここまで綺麗になるとは思っていなかったので嬉しかったです。
ご自身でメンテナンスが出来る方は、ぜひ難あり品から掘り出し品を見つけてみてください。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

飛行機が北へと向かうに連れて、だんだんと景色が白に染まってきました。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

北海道旅行1日目は函館へ。空港でレンタカーを借りた私たちが真っ先に向かったのは、観光名所である五稜郭でも函館山でもなく、北海道にしかない大人気のハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」でした。
今回の旅行の最大の目的はさっぽろ雪まつりですが、それと同じくらい大事なのが北海道のグルメを味わうこと。別のスタッフの北海道旅行ブログでは美しい風景の写真がたくさん掲載されていましたが、私のブログは食事の写真多めでお送りいたします。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

東京とは打って変わって、函館はとても良い天気でした。晴れているのに雪がちらほら舞ったりとなかなか東京では見ない光景に遭遇することもしばしば。
しかし、つい数か月前まであんなにクモっていたレンズだとは到底思えない写りです。少し絞るだけですっきりとクリアな描写を見せてくれました。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

差し込む光が良い感じです。線の1本1本はシャープですが、どこか柔らかい描写なのはズマールだからこそ。
ライカレンズの中でも比較的安価であるということもあり、大人気のズマール。最近は前と比べて中古で見かけることも少なくなりました。もし中古で出会えたらラッキーです。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

函館では「世界三大夜景」の1つとも言われる夜景を函館山から臨むことができます。
そして、それとは別に「裏夜景」と呼ばれるスポットが存在していることをご存じでしょうか。この写真の場所はちょうどその裏夜景スポットなのですが、さすがに昼間では私たちしか人がいませんでした。夜になるときっとたくさんのカメラマンでにぎわうことでしょう。気になった方はぜひ調べてみてください。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

五稜郭に移動すると、周りの池がすっぽりと雪で覆われていました。よく見ると動物の足跡が。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

少し時間が空いたので、近くにあったカフェへ。柔らかな光が店内を包みます。
50mmは風景の一部を自然に切り取ってくれます。最近は35mmを使うことが多くなっていましたが、やっぱり50mmもいいなと感じた1枚です。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

ズマールの独特な絞り羽根の形状は、ずっと見ていられる美しさ。少し絞ったときに現れる6角形のボケが可愛らしいです。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

さて、ここで本日の1番の楽しみ。回らないお寿司です。値段の記載のないところだったのでお会計の際にすこしヒヤヒヤしましたが、納得の美味しさ。北海道は何を食べても美味しいですが、やはり魚介類はその中でもレベルが違います。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

お腹もいっぱいになったところで、三脚を抱えて函館山ロープウェイに乗り込みます。
眼下に広がる函館の夜景が無数の点光源となり美しいボケを見せてくれました。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

つい5分前まで少し雪がちらついている程度だったのに、山頂に着くころにはすごい吹雪に。とても寒かったですがこれはこれで楽しかったです。肝心の函館山の夜景はズマールではなく『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』で撮影をしたので、またの機会に…。

ズマールと行く北海道旅行、いかがでしたでしょうか。これから2日目、3日目と別のレンズで撮影した写真もありますので、近いうちにまたブログに掲載したいと思います。お楽しみに。


現在、ライカフォトコンテスト開催中!
ライカ社製カメラで撮影された写真が選考対象となります。

▼ フォトコンテストについて詳しくはこちらから ▼

ライカフォトコンテスト






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月18日 15時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~ 【Leica】Qと旅する~青森編~ 2018年09月11日
今回Leica Q(Typ116)とともに訪れたのは青森!! 車移動+美術館メインの旅の為、写真は少な目ですがご覧ください。 最初に(スイッチ式の)エンジンのかけ方が分からないというトラブルがあったりカーナビに惑わされたものの、 なんとか目的地へ…。 天気が心配でしたが、涼しく本当に気分爽快!! 思えば人生で一番北に来ました。 やってきたのは青森県立美術館! 青森を代表する芸術家、奈良美智氏や棟方志功の作品が 展示されているなど、見どころ満載です。 なかでも『あおもり犬』は見...
続きを読む
Leica (ライカ) Q(Typ116) 【Leica】非日常を楽しむ 2018年08月26日
「夏休み」というと子供の頃は特別の時間が流れていて、 その時に感じた想いや感動が大人になってもずっと忘れられない。 今回、Leica (ライカ) Q(Typ116)を持ってそんな夏休みの高原に出掛けてみた。 もう40年以上も昔のこと、大学で写真を勉強していた頃に小型でいつでも持ち歩ける、それでいて高い描写力の高性能コンパクトカメラが欲しくて学内のカメラ店に立ち寄った。 そこで出会った LEITZ-MINOLTA CL M-ROKKOR QF 40mm F2 付。 一瞬で一目惚れして、貧乏学生が一大決心をして分割で購...
続きを読む
null 【Leica】M10-P ファーストインプレッション 2018年08月25日
使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 遂に本日発売となりました『Leica M10-P』。基本性能はM10を踏襲しつつも、より静音性の高いシャッターの採用や、M型初となるタッチパネルの採用など、今までのプロフェッショナル仕様である“P”よりも特別感のあるポジションを手にいれたように感じます。そんな『Leica M10-P』を早速フィールドへ持ち出し撮影をしてきました。是非その性能の片鱗を感じて頂けたらと思います。 使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 ...
続きを読む
【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 2018年08月22日
皆様こんにちは ついにこの時がやって参りました。 Leica M10-Pのご予約受付け開始!! 正面の赤丸ロゴの代わりに天面に刻印が入ったことで 「P」の名の通りプロフェッショナルな雰囲気が漂う逸品です。 しかも今回はタッチパネル採用です。 ライブビュー撮影時のピント拡大や画像再生時の操作が快適になりました。 ナント今回、発売前ですが展示用に実機がやってきました! ライカといえば赤でしょう。 ということで、折角の刻印入りなので俯瞰から布を敷いてパシャリ。 クロームボデ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]