【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月19日 21時00分]



Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


皆様こんにちは!
だいぶ前になりますが、江ノ島へ旅に出ました。

オトモに選んだのはLeica Mモノクローム(Typ246)、ズマリット M35mm F2.4 ASPHです。
M型は手に取った時のサイズ感がちょうどよく、特にレンズが小型・軽量なので
一日中歩き回っても負担になりません。


Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


この日は片瀬江ノ島駅からスタート。
大橋を渡る前からいい景色です。
だいぶ雲が多いので少し不安だったもののまだ大丈夫そう。
むしろ雲量が多い空をモノクロで撮るとすごく良い感じです。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


まずはヨットハーバーの方からグルリと周ります。

「Mモノクローム」という名前の通り、モノクロしか撮れないカメラが発売された時は衝撃を受けました。
「え…モノクロだけしか撮れないなんて、実に尖ったカメラだ。」そう思いました。
カメラのセンサー上からカラーフィルターを廃し、明るさだけを識別して記録するというコアなカメラ。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


相変わらず雨は降らないものの、どんよりした空模様。
雲の階調が豊かだな、なんて普段気にしないところに目が行くのもモノクロ写真ならではの楽しみです。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


この日はヨットレースが開催されていました。
今回持ち出したズマリット M35mm f2.4 ASPHは小型・軽量で実に快適!
カメラと合わせても1kgを切る軽さです。
非球面レンズを使用した設計でスッキリと写ります。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


公園で猫に会いました。
後ろ足を伸ばしてだらっとしていますが、睨まれています。
35mmの準広角でありながら、遠目にも猫の毛の質感が分かるのは流石ライカ。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


岩屋の方に向かうと陽が出てきました。
光がキラキラして眩しい水面、風もあったので波立つ水面。
色が無いことで「被写体の質感」に目が行きます。
カラーの写真とは違った視点から物が見れるのでモノクロ写真は面白いのです。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


最後に1枚。
雲の滑らかなグラデーションと、支柱の影になっている部分も黒く潰れていない粘りの良さ。
センサーにカラーフィルターがない為
同じ35mm判フルサイズセンサーの他機種とは受け取っている情報量が違うのでしょう。
驚異のダイナミックレンジとグラデーションの滑らかさです。

マップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」でも作例を掲載しています。
モノクロの奥深い世界が待っています、是非ご覧下さい!








マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月19日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

私がカメラを始めたきっかけ 私がカメラを始めたきっかけ Vol.8 2018年09月21日
-私がカメラを始めたきっかけ- さて、「私が愛してやまないニコン」、の切り口で いつも記事を書かせていただいておりますが、 もっとも私が最初に手をしたカメラは、 今所持しているD850などとは似ても似つかない、 さらにはメーカーはニコンでもない、 非常にコンパクトなカメラだったのです。 私は平成に生を受けました。 私が物心付いたころに周囲にあったカメラといえば、 デジタルカメラがほとんどで、 フィルムカメラなどは「写ルンです」程度しかしらない世代です。 カ...
続きを読む
【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]