【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月19日 21時00分]



Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


皆様こんにちは!
だいぶ前になりますが、江ノ島へ旅に出ました。

オトモに選んだのはLeica Mモノクローム(Typ246)、ズマリット M35mm F2.4 ASPHです。
M型は手に取った時のサイズ感がちょうどよく、特にレンズが小型・軽量なので
一日中歩き回っても負担になりません。


Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


この日は片瀬江ノ島駅からスタート。
大橋を渡る前からいい景色です。
だいぶ雲が多いので少し不安だったもののまだ大丈夫そう。
むしろ雲量が多い空をモノクロで撮るとすごく良い感じです。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


まずはヨットハーバーの方からグルリと周ります。

「Mモノクローム」という名前の通り、モノクロしか撮れないカメラが発売された時は衝撃を受けました。
「え…モノクロだけしか撮れないなんて、実に尖ったカメラだ。」そう思いました。
カメラのセンサー上からカラーフィルターを廃し、明るさだけを識別して記録するというコアなカメラ。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


相変わらず雨は降らないものの、どんよりした空模様。
雲の階調が豊かだな、なんて普段気にしないところに目が行くのもモノクロ写真ならではの楽しみです。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


この日はヨットレースが開催されていました。
今回持ち出したズマリット M35mm f2.4 ASPHは小型・軽量で実に快適!
カメラと合わせても1kgを切る軽さです。
非球面レンズを使用した設計でスッキリと写ります。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


公園で猫に会いました。
後ろ足を伸ばしてだらっとしていますが、睨まれています。
35mmの準広角でありながら、遠目にも猫の毛の質感が分かるのは流石ライカ。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


岩屋の方に向かうと陽が出てきました。
光がキラキラして眩しい水面、風もあったので波立つ水面。
色が無いことで「被写体の質感」に目が行きます。
カラーの写真とは違った視点から物が見れるのでモノクロ写真は面白いのです。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH


最後に1枚。
雲の滑らかなグラデーションと、支柱の影になっている部分も黒く潰れていない粘りの良さ。
センサーにカラーフィルターがない為
同じ35mm判フルサイズセンサーの他機種とは受け取っている情報量が違うのでしょう。
驚異のダイナミックレンジとグラデーションの滑らかさです。

マップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」でも作例を掲載しています。
モノクロの奥深い世界が待っています、是非ご覧下さい!








マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月19日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~ 【Leica】Qと旅する~青森編~ 2018年09月11日
今回Leica Q(Typ116)とともに訪れたのは青森!! 車移動+美術館メインの旅の為、写真は少な目ですがご覧ください。 最初に(スイッチ式の)エンジンのかけ方が分からないというトラブルがあったりカーナビに惑わされたものの、 なんとか目的地へ…。 天気が心配でしたが、涼しく本当に気分爽快!! 思えば人生で一番北に来ました。 やってきたのは青森県立美術館! 青森を代表する芸術家、奈良美智氏や棟方志功の作品が 展示されているなど、見どころ満載です。 なかでも『あおもり犬』は見...
続きを読む
Leica (ライカ) Q(Typ116) 【Leica】非日常を楽しむ 2018年08月26日
「夏休み」というと子供の頃は特別の時間が流れていて、 その時に感じた想いや感動が大人になってもずっと忘れられない。 今回、Leica (ライカ) Q(Typ116)を持ってそんな夏休みの高原に出掛けてみた。 もう40年以上も昔のこと、大学で写真を勉強していた頃に小型でいつでも持ち歩ける、それでいて高い描写力の高性能コンパクトカメラが欲しくて学内のカメラ店に立ち寄った。 そこで出会った LEITZ-MINOLTA CL M-ROKKOR QF 40mm F2 付。 一瞬で一目惚れして、貧乏学生が一大決心をして分割で購...
続きを読む
null 【Leica】M10-P ファーストインプレッション 2018年08月25日
使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 遂に本日発売となりました『Leica M10-P』。基本性能はM10を踏襲しつつも、より静音性の高いシャッターの採用や、M型初となるタッチパネルの採用など、今までのプロフェッショナル仕様である“P”よりも特別感のあるポジションを手にいれたように感じます。そんな『Leica M10-P』を早速フィールドへ持ち出し撮影をしてきました。是非その性能の片鱗を感じて頂けたらと思います。 使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 ...
続きを読む
【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 2018年08月22日
皆様こんにちは ついにこの時がやって参りました。 Leica M10-Pのご予約受付け開始!! 正面の赤丸ロゴの代わりに天面に刻印が入ったことで 「P」の名の通りプロフェッショナルな雰囲気が漂う逸品です。 しかも今回はタッチパネル採用です。 ライブビュー撮影時のピント拡大や画像再生時の操作が快適になりました。 ナント今回、発売前ですが展示用に実機がやってきました! ライカといえば赤でしょう。 ということで、折角の刻印入りなので俯瞰から布を敷いてパシャリ。 クロームボデ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]