Select Language

【FUJIFILM】X MOUNT LENS SELECTION × SNAP

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年02月21日 10時30分]

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

『X MOUNT LENS × SNAP』
Xマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」として
Xシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
レンズの種類には、単焦点レンズとズームレンズに分けられます。
撮りたいシーンに合わせた最適なレンズの上手な選び方とは?
最初の一本はどちらを選ぶべきか!ズームは便利だが、小型の単焦点ならではの機動力も捨てがたい。
画角が固定の単焦点は、寄ったり引いたりと最適なポジションを探りながら足を使う撮影は写真の真髄が潜んでいるものだと思います。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

今回はスナップに最適と思われるレンズ・・・XF23mmF2 R WRを装着したX-Pro2を選びました。
約180gの小型軽量と高い解像力を両立させた広角レンズで、静音、高速なAFに防塵防滴などあらゆるシーンで
撮影が楽しめるコンパクト単焦点レンズです。
動きのある瞬間を切り取るスナップは、写真の醍醐味のひとつでもあります。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

FUJIFILM Xシリーズの魅力は!センサー、ボディとレンズのバランスの良さとサイズ感にあります。
各魅力を損なうことなく描写と携帯性を両立していることが、最大の魅力!まさにスナップには最適の組み合わせであり、
良いシャッターチャンスにめぐり逢えるので楽しくなり良い写真が撮れるような気がします。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

スナップは普段の姿を撮るところにあるため出来る限り、相手にカメラを意識させずに撮るようにする。
また自然な姿を撮るためには相手とある程度距離をおいて、出来るだけ素早くカメラを構えてシャッターを押すようにする必要があります。
スナップ写真は、いいなと思ったその瞬間を抑えられるかが重要なのです。
その場の空気感全部を収めるようなイメージで、フレーミングも考えず、とにかく目で見たままを写す。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

一般日常でのスナップをするには、特にこれはと思うような被写体を見つける「目」も必要になると思います。
また街の人物が被写体になる場合も結構ありますが、そう言うときは相手に十分に配慮する必要があります。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

スナップ写真を上達するためには、シャッターをたくさん切ることも大事だと思います。
瞬時に撮影していくことで、リアルで魅力的なもの!
きっと上手く撮るよりも、一瞬のその光景を逃さず撮ることの方が大切であり、見ている人に伝わるような気がします。
X MOUNT LENSは手軽で気軽なスナップ撮影に最適なレンズであり、スナップのために必要な要素を持った重要なレンズなのです。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

ただいま本館3階では【X MOUNT LENS SELECTION】本当に必要なレンズをそろえようを開催中!
【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行











『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年02月21日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!74票


Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む