【FUJIFILM】X MOUNT LENS SELECTION × SNAP | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X MOUNT LENS SELECTION × SNAP

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月21日 10時30分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

『X MOUNT LENS × SNAP』
Xマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」として
Xシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
レンズの種類には、単焦点レンズとズームレンズに分けられます。
撮りたいシーンに合わせた最適なレンズの上手な選び方とは?
最初の一本はどちらを選ぶべきか!ズームは便利だが、小型の単焦点ならではの機動力も捨てがたい。
画角が固定の単焦点は、寄ったり引いたりと最適なポジションを探りながら足を使う撮影は写真の真髄が潜んでいるものだと思います。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

今回はスナップに最適と思われるレンズ・・・XF23mmF2 R WRを装着したX-Pro2を選びました。
約180gの小型軽量と高い解像力を両立させた広角レンズで、静音、高速なAFに防塵防滴などあらゆるシーンで
撮影が楽しめるコンパクト単焦点レンズです。
動きのある瞬間を切り取るスナップは、写真の醍醐味のひとつでもあります。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

FUJIFILM Xシリーズの魅力は!センサー、ボディとレンズのバランスの良さとサイズ感にあります。
各魅力を損なうことなく描写と携帯性を両立していることが、最大の魅力!まさにスナップには最適の組み合わせであり、
良いシャッターチャンスにめぐり逢えるので楽しくなり良い写真が撮れるような気がします。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

スナップは普段の姿を撮るところにあるため出来る限り、相手にカメラを意識させずに撮るようにする。
また自然な姿を撮るためには相手とある程度距離をおいて、出来るだけ素早くカメラを構えてシャッターを押すようにする必要があります。
スナップ写真は、いいなと思ったその瞬間を抑えられるかが重要なのです。
その場の空気感全部を収めるようなイメージで、フレーミングも考えず、とにかく目で見たままを写す。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

一般日常でのスナップをするには、特にこれはと思うような被写体を見つける「目」も必要になると思います。
また街の人物が被写体になる場合も結構ありますが、そう言うときは相手に十分に配慮する必要があります。

FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro2+フジノン XF23mm F2 R WR

スナップ写真を上達するためには、シャッターをたくさん切ることも大事だと思います。
瞬時に撮影していくことで、リアルで魅力的なもの!
きっと上手く撮るよりも、一瞬のその光景を逃さず撮ることの方が大切であり、見ている人に伝わるような気がします。
X MOUNT LENSは手軽で気軽なスナップ撮影に最適なレンズであり、スナップのために必要な要素を持った重要なレンズなのです。

FUJIFILM (フジフイルム) X-H1

ただいま本館3階では【X MOUNT LENS SELECTION】本当に必要なレンズをそろえようを開催中!
【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行











『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年02月21日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

GFX50S×GF45F28 【FUJIFILM】GFXでスナップ撮影 2018年12月16日
F8 1/125秒 ISO100 GFX50SにGF45mm F2.8 R WRを付けて京急線の新子安から子安の区間を撮影しました。 F8 1/80秒 ISO100 露出補正-0.7 新子安駅に着く直前、車内から線路脇にある寺院を見つけ早速来た道を戻る事にしました。 燈籠、踏み切り、門という見慣れない光景に思わず撮影しました。 参道を電車が横切るなんて珍しい場所でした。 F2.8 1/680秒 ISO100 露出補正-0.7 中判カメラの開放とはいかほどのものか試してみたく燈籠を撮影しました。 ピント面の緻密な描写とアウト...
続きを読む
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す 【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す。 2018年12月03日
【FUJIFILM】X-H1でエテルナを試す  “Eternal(永遠なるもの)”を語源とする映画用フィルムがかつてありました。時代の流れか、フィルムは生産終了となり、それ以来このフィルムの持つ独特の発色・粒状性・階調バランスは、まさに語源通りに(永遠)に見られなくなると思われました。 しかし、エテルナは蘇りました。かつては映画用ということもあり、一般的には使われることのなかったエテルナが、フィルムシュミレーションとして、ミラーレ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 4 2018年11月22日
レンズ・周辺機器について 50R向けとして50mmの薄型単焦点レンズをPhotokina2018で開発発表されておりましたが、50R 用にグリップや外付けのファインダーといった趣味性の高いアクセサリー類の登場・開発などは今後あるのでしょうか? 構想には上がったのですが、今のところはございません。 グリップは、あればよりしっか...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 3 2018年11月22日
中判センサーの優位性について フルサイズ機でも4000万画素といった高画素モデルが出てきている中、中判5000万画素の有利な点はどういったところでしょうか? 仮に同じ画素数でも、一見して画質が違うと思います。ただ、そ...
続きを読む
【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 【FUJIFILM×マップカメラ】GFX 50R 担当者インタビュー : Part 2 2018年11月22日
センサー開発について 今回の50Rは50Sをより外に持ち出しやすく組み替えたというコンセプトだと伺いました。開発の際にはセンサーを新規で開発するといった考えはあったのでしょうか? 基本的にはありませんでした。その最大の理由はやはりコストです。 50S はレンズ性能・画質含めて「やっぱりフルサイズと比べてもワンラン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]