小さい、ということ | THE MAP TIMES 
Select Language



小さい、ということ

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月24日 01時00分]




35mm。
これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで
幅広い撮影に使われる焦点距離です。

一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、
35mmというのは人の目に見えている範囲、
すなわち「視界」に近いのではないかと思います。

日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、
機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。

今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE
はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。
ソニーの純正レンズにもSonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z
がありますが、本レンズはそれと焦点距離や明るさは
同一でありながら質量(本体のみ)で85.6gと軽く、
お値段もリーズナブルになっています。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

スキー場へ向かう車窓から。
窓ガラス越しではありますが、遠くの雪山はシャープ、
そして開放付近での適度な周辺光量の減少によって
より旅情感が強まります。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

途中で立ち寄ったサービスエリアでの一コマ。
この日は風が強く、細かな雪の粒が風で巻き上がっていました。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

スキー場の屋根。
F8まで絞れば全体的にシャープになります。
開放時との描写の違いがはっきりしているので使い分け次第で写真の表情を変化させることが出来ます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE


所変わってとある路地。
光が差し込む階段のひび割れが時代を感じさせます。
モノクロにすると絞った時のシャープさがより引き立ちます。

SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE


当然ながら、写真はカメラを構えなければ撮ることはできません。
ふとした瞬間にカメラがそこになければ何もできないのです。
このレンズならボディに装着してもほとんど存在を感じさせないほどに軽くコンパクトです。
たとえバッグの中にしまっていたとしてもすぐにサッと取り出すことができます。
そして何よりフルサイズ対応というのは驚くべきことです。

撮りたいと思った瞬間にカメラを持っている、
というのはどんな機材を使うか、ということより増して重要です。
ふとした瞬間を高画質で気軽に撮れる、
SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FEで気の向くままに
撮影をお楽しみください


今回使用した機材はこちら
SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R
SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE


















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月24日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

私がカメラを始めたきっかけ 私がカメラを始めたきっかけ Vol.8 2018年09月21日
-私がカメラを始めたきっかけ- さて、「私が愛してやまないニコン」、の切り口で いつも記事を書かせていただいておりますが、 もっとも私が最初に手をしたカメラは、 今所持しているD850などとは似ても似つかない、 さらにはメーカーはニコンでもない、 非常にコンパクトなカメラだったのです。 私は平成に生を受けました。 私が物心付いたころに周囲にあったカメラといえば、 デジタルカメラがほとんどで、 フィルムカメラなどは「写ルンです」程度しかしらない世代です。 カ...
続きを読む
【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]