Select Language

【FUJIFILM】X MOUNT LENS SELECTION × 風景

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年03月07日 10時30分]

『X MOUNT LENS × 風景』
Xマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」として
Xシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
レンズの種類には、単焦点レンズとズームレンズに分けられます。
撮りたいシーンに合わせた最適なレンズの上手な選び方とは?
最初の一本はどちらを選ぶべきか!ズームは便利だが、小型の単焦点ならではの機動力も捨てがたい。
画角が固定の単焦点は、寄ったり引いたりと最適なポジションを探りながら足を使う撮影は写真の真髄が潜んでいるものだと思います。

前回は他のスタッフが『X MOUNT LENS × SNAP』ということで
「フジノン XF23mm F2 R WR」を使って撮影に行きました。

今回は「フジノン XF90mm F2 R LM WR」コチラを使って撮影に行きました!!

フジノン XF90mm F2 R LM WR

まずはモノクロで一枚!!
思ったより距離が足りませんでしたね、飛行機が小さくなってしまいました。


フジノン XF90mm F2 R LM WR

線路脇の壁を一枚、
灰色の壁に枯木がヒビの様に一体化しています。
今はただの枯木ですが徐々に葉が付き、花が咲き、また散る。
常に季節と共にあり、見ていて飽きません。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

水面に現われた木片、WBモードを「電球」にして一枚。
小さな波が静寂を演出して、心地良い感じの一枚になりました。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

夕方になり日が傾く。
ふと横目に映ったのは、
何も変哲も無い茂みを一瞬にして神秘的に変えた世界。
「すぐにシャッター切らなきゃ」そう思いながら衝動的にシャッターを切りました。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

街灯が日没を教えてくれました。
普段暗い夜道を上から照らしてくれる街灯を、
横から撮影したいな、と思い少し高い所から一枚。
後ろに写る建物の明かりが綺麗な円形ボケになっており、
もっと夜景が綺麗なところに行けば良かったと、少しばかり後悔してしまいました。

撮影が終わると足が疲れているのに気づきました。
「何時間歩いたのだろう」
一瞬考えてしまうくらい時間を忘れていました。
それだけ没頭した証拠だと思います。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

最後に近所に咲いてる梅の花を一枚、
フィルムシミュレーションをASTIAにして少しやさしい雰囲気に、
厳しい冬の終わりとこれから始まる新しい季節の始まりを感じさせます。

フルサイズ換算で135mmの焦点距離、
普段標準レンズばかり使う私にとって、距離感を掴むのに一苦労しました。
しかし、その苦労の先には普段では見る事の出来ない世界があります。
是非一度使ってみては如何でしょうか。


ただいま本館3階では【X MOUNT LENS SELECTION】本当に必要なレンズをそろえようを開催中!
【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行













『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年03月07日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!74票


ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む