【FUJIFILM】X MOUNT LENS SELECTION × 風景 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X MOUNT LENS SELECTION × 風景

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年03月07日 10時30分]


『X MOUNT LENS × 風景』
Xマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」として
Xシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
レンズの種類には、単焦点レンズとズームレンズに分けられます。
撮りたいシーンに合わせた最適なレンズの上手な選び方とは?
最初の一本はどちらを選ぶべきか!ズームは便利だが、小型の単焦点ならではの機動力も捨てがたい。
画角が固定の単焦点は、寄ったり引いたりと最適なポジションを探りながら足を使う撮影は写真の真髄が潜んでいるものだと思います。

前回は他のスタッフが『X MOUNT LENS × SNAP』ということで
「フジノン XF23mm F2 R WR」を使って撮影に行きました。

今回は「フジノン XF90mm F2 R LM WR」コチラを使って撮影に行きました!!

フジノン XF90mm F2 R LM WR

まずはモノクロで一枚!!
思ったより距離が足りませんでしたね、飛行機が小さくなってしまいました。


フジノン XF90mm F2 R LM WR

線路脇の壁を一枚、
灰色の壁に枯木がヒビの様に一体化しています。
今はただの枯木ですが徐々に葉が付き、花が咲き、また散る。
常に季節と共にあり、見ていて飽きません。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

水面に現われた木片、WBモードを「電球」にして一枚。
小さな波が静寂を演出して、心地良い感じの一枚になりました。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

夕方になり日が傾く。
ふと横目に映ったのは、
何も変哲も無い茂みを一瞬にして神秘的に変えた世界。
「すぐにシャッター切らなきゃ」そう思いながら衝動的にシャッターを切りました。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

街灯が日没を教えてくれました。
普段暗い夜道を上から照らしてくれる街灯を、
横から撮影したいな、と思い少し高い所から一枚。
後ろに写る建物の明かりが綺麗な円形ボケになっており、
もっと夜景が綺麗なところに行けば良かったと、少しばかり後悔してしまいました。

撮影が終わると足が疲れているのに気づきました。
「何時間歩いたのだろう」
一瞬考えてしまうくらい時間を忘れていました。
それだけ没頭した証拠だと思います。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

最後に近所に咲いてる梅の花を一枚、
フィルムシミュレーションをASTIAにして少しやさしい雰囲気に、
厳しい冬の終わりとこれから始まる新しい季節の始まりを感じさせます。

フルサイズ換算で135mmの焦点距離、
普段標準レンズばかり使う私にとって、距離感を掴むのに一苦労しました。
しかし、その苦労の先には普段では見る事の出来ない世界があります。
是非一度使ってみては如何でしょうか。


ただいま本館3階では【X MOUNT LENS SELECTION】本当に必要なレンズをそろえようを開催中!
【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行













『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年03月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]