Select Language



【FUJIFILM】X MOUNT LENS SELECTION × 風景

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年03月07日 10時30分]


『X MOUNT LENS × 風景』
Xマウントレンズは、FUJINONレンズブランドによって「XFレンズ」として
Xシリーズの性能を最大限に引き出すレンズを表しています。
レンズの種類には、単焦点レンズとズームレンズに分けられます。
撮りたいシーンに合わせた最適なレンズの上手な選び方とは?
最初の一本はどちらを選ぶべきか!ズームは便利だが、小型の単焦点ならではの機動力も捨てがたい。
画角が固定の単焦点は、寄ったり引いたりと最適なポジションを探りながら足を使う撮影は写真の真髄が潜んでいるものだと思います。

前回は他のスタッフが『X MOUNT LENS × SNAP』ということで
「フジノン XF23mm F2 R WR」を使って撮影に行きました。

今回は「フジノン XF90mm F2 R LM WR」コチラを使って撮影に行きました!!

フジノン XF90mm F2 R LM WR

まずはモノクロで一枚!!
思ったより距離が足りませんでしたね、飛行機が小さくなってしまいました。


フジノン XF90mm F2 R LM WR

線路脇の壁を一枚、
灰色の壁に枯木がヒビの様に一体化しています。
今はただの枯木ですが徐々に葉が付き、花が咲き、また散る。
常に季節と共にあり、見ていて飽きません。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

水面に現われた木片、WBモードを「電球」にして一枚。
小さな波が静寂を演出して、心地良い感じの一枚になりました。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

夕方になり日が傾く。
ふと横目に映ったのは、
何も変哲も無い茂みを一瞬にして神秘的に変えた世界。
「すぐにシャッター切らなきゃ」そう思いながら衝動的にシャッターを切りました。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

街灯が日没を教えてくれました。
普段暗い夜道を上から照らしてくれる街灯を、
横から撮影したいな、と思い少し高い所から一枚。
後ろに写る建物の明かりが綺麗な円形ボケになっており、
もっと夜景が綺麗なところに行けば良かったと、少しばかり後悔してしまいました。

撮影が終わると足が疲れているのに気づきました。
「何時間歩いたのだろう」
一瞬考えてしまうくらい時間を忘れていました。
それだけ没頭した証拠だと思います。

フジノン XF90mm F2 R LM WR

最後に近所に咲いてる梅の花を一枚、
フィルムシミュレーションをASTIAにして少しやさしい雰囲気に、
厳しい冬の終わりとこれから始まる新しい季節の始まりを感じさせます。

フルサイズ換算で135mmの焦点距離、
普段標準レンズばかり使う私にとって、距離感を掴むのに一苦労しました。
しかし、その苦労の先には普段では見る事の出来ない世界があります。
是非一度使ってみては如何でしょうか。


ただいま本館3階では【X MOUNT LENS SELECTION】本当に必要なレンズをそろえようを開催中!
【PRIMEレンズセレクション】
『プレミアム単焦点レンズ』
開放F値が生み出す美しいキレとボケが最大の特徴である大口径単焦点レンズで、被写体の奥行きを表現するためのボケ味とシャープな描写力です。
『コンパクト単焦点レンズ』
高い描写性能と機動力に優れた小型で軽量な単焦点レンズで、あらゆるシーンで威力を発揮するため携帯に抜群です。
『マクロレンズ』
近接撮影するための最高レベルの解像力を誇るマクロレンズで、接写から中望遠まで様々なシーンで活躍してくれます。

目的と用途別に、撮りたいシーンに合わせた最適なレンズをセレクトしてみてください。
こちらのマークが目印です!風景 ポートレート スナップ 夜景 花 スポーツ 旅行













『XXX トリプルエックス』~ 3つのXstyle ~
カメラのアナログ的な操作感とデジタルの融合から、撮ることの新たな歓びと発見が生まれる・・・新感覚のXstyle!
いかなる時も頼れるレンズ、優れたレンズから覗く世界は気分が上がり、
カメラに装着することで最高の写真表現の可能性へと変わる・・・視覚のXstyle!
秘めた力を発揮し、新たな可能性を広げてくれる秘密のアクセサリー・・・秘密のXstyle!
今ここに3つの力が1つになるとき、本当の力が宿る!



〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年03月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]