【SONY】α7III その進化に迫る Part1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part1

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時25分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7IIユーザーのみならず、多くのカメラファンから期待されていた『α7III』が遂に発表されました。その詳細は驚くもので、操作系やボディ形状はα9やα7RIIIと共通するものへ一新。センサーは裏面照射型へと進化し、AFに至ってはα9以上の693点像面位相差と425点のコントラストAFを併せ持つハイブリッドAFへと強化されました。ベーシックグレードでありながら上位機種よりも優れた性能も目立つ『α7III』。今回は注目すべきポイントをピックアップし、ご紹介致します。

新開発の裏面照射型CMOS
約15ストップのダイナミックレンジ

α7III ブログ

有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーを新たに開発し、画像処理システムも新世代の画像処理エンジンBIONZ Xと画像処理をサポートするフロントエンドLSIに一新。常用ISO感度を最高ISO51200まで高め、ISO100~51200(拡張ISO50~204800)の広い感度域をカバーし、暗所や薄暗い場所でもノイズの少ない高感度撮影ができます。低感度時は、約15ストップの広いダイナミックレンジを実現。一新した画像処理システムにより、色再現性をより高め、ポートレート撮影における肌色や、鮮やかな花の色などを自然に描写します。

10コマ/秒の高速連続撮影
10コマ/秒のサイレント撮影を実現

最新のシャッターユニット採用に加え、画像処理システムを刷新することで、従来機『α7 II』比の2倍となる最高約10コマ/秒のAF/AE追従高速連写を実現。無音・無振動のサイレント撮影時にも、同様に最高10コマ/秒で連写できます。さらに、ライブビュー方式では最高約8コマ/秒の高速連写が可能です。バッファメモリーの大容量化に加え、システムの高速化とUHS-II対応のSDカードスロット採用などにより、JPEGスタンダード約177枚/圧縮RAW約89枚/非圧縮RAW約40枚の連続撮影ができます。

5.0段分に進化した
ボディ内5軸手ブレ補正機能

高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.0段の補正効果を実現し、様々なブレに対して5軸でブレを検出して高い補正効果を発揮します。静止画撮影中の手ブレ補正効果は、シャッターボタン半押しまたはピント拡大表示中にライブビュー映像で確認することができます。さらにボディ内手ブレ補正は、すべてのEマウントレンズはもちろん、マウントアダプターを介して装着するAマウントレンズなどでも活用できます。加えて、動画撮影時も5軸で手ブレを高精度に補正します。



AF-Cモードに対応した
「瞳AF」

α7III ブログ

瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能の検出精度・速度が向上し、AF-Cモードにも対応。瞳に安定して追従し続け、正面からうつ向き顔になった場合や振り向いた瞬間など、ピント合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出しピントを合わせて追従します。また、AF時の顔優先が[入]時は、シャッター半押しやAF-ONボタンを押すだけで自動で瞳AFが作動するようになりました(AF-Sモード時のみ)。さらにマウントアダプターを介してのAマウントレンズ装着時(※対応レンズの詳細は、メーカーサイトをご覧ください)も瞳AFに対応します。


デュアルSDカードスロットと
マルチセレクター

α9、α7RIIIと同様にデュアルスロットを搭載。スロット1はUHS-II対応なので、大容量の撮影データも高速で書き込むことが可能です。
また、操作系は『α7RII』と共通したものになり、AFポイントを任意で変えることのできるマルチセレクター、そしてAF-ONボタンが追加になったのが大きな進化点です。



α9のAFシステムを最適化した
最高峰のAF性能

α7III ブログ

撮像エリアの約93%をカバーする範囲に693点の像面位相差AF。コントラストAFは従来機『α7 II』の25点から425点に多分割化し、検出精度が大幅に向上しています。AF速度は低輝度時に最大2倍向上。動体追従性能においては、イメージセンサーからの読み出し速度の高速化に加え、最新の動体予測アルゴリズムを本機に最適化して搭載することで、従来機比約2倍に向上しています。また、AFアルゴリズムの進化により、AF-SモードでのAF検出輝度範囲の下限値はEV-3(ISO100相当/F2.0レンズ使用)を達成し、暗いシーンでも高精度な撮影が可能です。



α9・α7RIIIと同じ大容量バッテリー
「NP-FZ100」採用

α9、α7RIIIと共通のバッテリー、NP-FZ100を採用することにより容量が大幅にUPしました。ファインダー使用でミラーレス業界最大となる約710枚の静止画撮影が可能です。






次の記事へ >>




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く② 【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く② 2018年09月16日
以前にもブログを書きましたが、写真がだいぶ溜まってきたのでまたまた『ロシア ヘリオス44-2 58mm F2』をご紹介させていただきます。色々なレンズに浮気をしても、結局戻ってくる先はこのレンズなのです。 なぜこのレンズが好きなのかをぐるぐると考えていると、写りの柔らかさはもちろん、“58mm”という焦点距離にも魅了されているんだなと気づきました。遠くの物を引き寄せてくれることはもちろん、ぎりぎりテーブルフォトも行ける絶妙な焦点距離。 マニュアルレンズと言えど...
続きを読む
null 私がカメラを始めたきっかけ Vol.6 2018年09月14日
気が付けば4年半でこんなところまで来てしまった。 という感想から始まるのもたまには良いのではないでしょうか。 『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.6をお送りいたします! 私が始めて買ったカメラはSONYから発売されているDSC-RX100です。 今なお根強い人気を誇る、明るい開放F1.8のレンズに1インチセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラですが 当時家電量販店に勤め、カメラとは無縁の部署で働くインドア派だった私が、友人と出掛ける機会が増えたがために 「コンパクト...
続きを読む
【SONY】旅のお供 【SONY】旅のお供 2018年09月04日
今やフルサイズミラーレス機として確固たる地位を獲得したSONYα7Ⅱ。 その最大の魅力はズバリCarlZeissのレンズ群が使えることと言っても過言なのでは。 筆者もその魅力の虜になった一人です。 その中でもイチオシは「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」。 どんな撮影にお守り代わりに持っていく一本です。 今回は今までの旅行の中から数枚ピックアップしていきます。 ※撮影画像はCaptureOneにてRAW現像しています。 ズームレンズを使わずに単焦点を使ってどう写すか。 慣れてくれば様々...
続きを読む
SONY人気の標準単焦点を撮り比べ(Part2) SONY人気の標準単焦点を撮り比べ(Part2) 2018年09月03日
var forcia_var = { JAN_CODE: "4548736001657,4548736033078, 4905524934755, 4548736028357" ,LIMIT: "28" ,SELL:"used" ,SORT:"random" ,NO_SHOW:"subtitle,rating,review,icon_sp" ,GadgetType:"medium" ,DISP_PAGE_LINK: "1" };
続きを読む
八月の神社 八月の神社 2018年09月01日
台風の影響も過ぎ去り、再び目の眩むような日差しが戻ってきた8月下旬の日曜日 東京都府中市の大國魂神社へ撮影に出掛けました。 この神社には昔から馴染みがあり、長い参道とその荘厳な雰囲気に惹かれ、ふと訪れてしまいます。 関東三大奇祭の一つと言われる「くらやみ祭り」が有名な神社でもあります。 下調べもせず到着してみると20軒ほどの出店が軒を連ね、多くの参拝者で賑わっていました。 静寂を求めて来たのですが、少し予定変更です。 お団子屋のお姐さん。 非マッチョ系の私...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]