【SONY】α7III その進化に迫る Part2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7シリーズ 比較

α7IIから大幅に進化した『α7III』。α9・α7RIIIで培われた技術が多く使われていることもあり、ボディ形状や操作系のみならず・ファインダー倍率・サイレント撮影性能・動画撮影機能など多くの共通点がみられます。

  SONY α7III SONY α7II SONY α7RIII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS
有効画素数 2420万画素 2430万画素 4240万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~25600
(拡張50〜25600)
100~32000
(拡張50〜102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
シングルスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 4.5段/5軸 5.5段/5軸
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約368万ドット
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
サイレント撮影 最高10コマ/秒 最高10コマ/秒
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高5コマ/秒(AF/AE追従) 最高10コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 89コマ(圧縮RAW) 23コマ(圧縮RAW) 76コマ(圧縮RAW)
動画撮影 4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応

S-Log2
4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.0型
約122.9万ドット
3.0型
約144万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約710コマ
NP-FW50
約290コマ
NP-FZ100
約530コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約126.9×95.7×59.7mm
約556g
約126.9×95.6×62.7mm
約572g



他メーカー ライバル機 比較

ミラーレス機と一眼レフ機の構造的な違いはあるものの、やはり最新機種である『α7III』の方が有利な点が目立つ結果になりました。しかしミラーレス機は電力を多く使用する分、バッテリーの撮影可能枚数は一眼レフ機の方がまだまだ上手。同じような使い方で撮影をするのなら、予備バッテリーがあったほうが安心かもしれません。

  SONY α7III Nikon D750 Canon 6D MarkII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズCMOS
有効画素数 2420万画素 2493万画素 2620万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~12800
(拡張50〜25600)
100~25600
(拡張102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
デュアルスロット シングルスロット
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 (手ブレ補正はレンズに依存) (手ブレ補正はレンズに依存)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
アイレベル式ペンタプリズム
視野率100%
アイレベル式ペンタプリズム
視野率98%
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.7倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
51点(位相差検出方式)
15点(クロスタイプ)
45点(位相差検出方式)
45点(クロスタイプ)
サイレント撮影 最高10コマ/秒(無音) 最高3コマ/秒(静音) 最高3コマ/秒(静音)
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 117コマ(JPEG) 100コマ(JPEG) 150コマ(JPEG)
動画撮影 4K HD 4K
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.2型
約122.9万ドット
3.0型
約104万ドット
タッチフォーカス/タッチシャッター対応
バッテリー撮影可能枚数 約710コマ 約1230コマ 約1200コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約140.5×113×78mm
約750g
約144.0×110.5×74.8mm
約685g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む
【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 2019年04月11日
遂に動物瞳AFのファームウェア“Ver.3.0”がリリースされました!今回の対応機種はα7IIIとα7RIII。他にも性能や操作が向上した点など本ブログで説明いたします。 瞳AFの動物対応 犬・猫・その他一部の動物 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応しました。犬・猫の他に一部の動物に対応したとのことですが、おそらく顔のパターンが似ていれば反応するのではないかと思われます。ちなみにサンプル資料の中にはキツネの写真もありま...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 2019年04月09日
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 1/2000 F2.5 ISO100 マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか? やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。 どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなとこ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 2019年04月08日
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100 あと、数週間で平成が終わる。 約31年間、数多のカメラが登場しました。 その中の1台。ずっと前から気になっているカメラが私にはありました。そのカメラの名は「DSC-RX1R」 小型ボディにフルサイズセンサーを搭載。 解像度をさらに高めるローパスフィルターレス仕様。 有効約2430万画素。 カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。 フルサイズコンパクトという新たなカテゴリーを生み...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]