MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7シリーズ 比較

α7IIから大幅に進化した『α7III』。α9・α7RIIIで培われた技術が多く使われていることもあり、ボディ形状や操作系のみならず・ファインダー倍率・サイレント撮影性能・動画撮影機能など多くの共通点がみられます。

  SONY α7III SONY α7II SONY α7RIII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS
有効画素数 2420万画素 2430万画素 4240万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~25600
(拡張50〜25600)
100~32000
(拡張50〜102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
シングルスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 4.5段/5軸 5.5段/5軸
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約368万ドット
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
サイレント撮影 最高10コマ/秒 最高10コマ/秒
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高5コマ/秒(AF/AE追従) 最高10コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 89コマ(圧縮RAW) 23コマ(圧縮RAW) 76コマ(圧縮RAW)
動画撮影 4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応

S-Log2
4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.0型
約122.9万ドット
3.0型
約144万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約710コマ
NP-FW50
約290コマ
NP-FZ100
約530コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約126.9×95.7×59.7mm
約556g
約126.9×95.6×62.7mm
約572g



他メーカー ライバル機 比較

ミラーレス機と一眼レフ機の構造的な違いはあるものの、やはり最新機種である『α7III』の方が有利な点が目立つ結果になりました。しかしミラーレス機は電力を多く使用する分、バッテリーの撮影可能枚数は一眼レフ機の方がまだまだ上手。同じような使い方で撮影をするのなら、予備バッテリーがあったほうが安心かもしれません。

  SONY α7III Nikon D750 Canon 6D MarkII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズCMOS
有効画素数 2420万画素 2493万画素 2620万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~12800
(拡張50〜25600)
100~25600
(拡張102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
デュアルスロット シングルスロット
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 (手ブレ補正はレンズに依存) (手ブレ補正はレンズに依存)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
アイレベル式ペンタプリズム
視野率100%
アイレベル式ペンタプリズム
視野率98%
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.7倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
51点(位相差検出方式)
15点(クロスタイプ)
45点(位相差検出方式)
45点(クロスタイプ)
サイレント撮影 最高10コマ/秒(無音) 最高3コマ/秒(静音) 最高3コマ/秒(静音)
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 117コマ(JPEG) 100コマ(JPEG) 150コマ(JPEG)
動画撮影 4K HD 4K
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.2型
約122.9万ドット
3.0型
約104万ドット
タッチフォーカス/タッチシャッター対応
バッテリー撮影可能枚数 約710コマ 約1230コマ 約1200コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約140.5×113×78mm
約750g
約144.0×110.5×74.8mm
約685g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 【SONY】『FE400mm F2.8 GM OSS』先行展示レポート 2018年08月11日
正式発表より大きな反響を呼んでいる『SONY FE400mm F2.8 GM OSS』。プロユース向けの超望遠レンズとしては異例とも言える人気は、世界中のプロカメラマンが使用する機材が変わってきたことを意味しているのかもしれません。そんな大注目のレンズを一足お先にソニーストアの先行展示にて体験してきました。今回はその様子をレポートいたします。 ついに登場した、超望遠FEレンズの大本命。   報道・スポーツカメラマン向けのプロユースレンズとして絶対的な地位を築いている『...
続きを読む
【SONY】カメラと旅を。 【SONY】カメラと旅を。 2018年08月09日
私自身、写真を撮ることは好きですが、以前はカメラの知識はほとんどなく、いつもプログラムオートかシーンモードを使っていました。 本日のブログはそんな初心者でも簡単にお使いいただけるカメラを紹介していこうと思います。 撮影地は『死ぬ前に行きたい絶景』に選ばれた南米ボリビアのウユニ塩湖です。 長期旅行のため、カメラはSONY ‪α‬5100 +E PZ16-50mm F3.5-5.6 とGoPro Hero6を持って行きました。 こちら2つともびっくりするほど小型。カメラをずっと首に下げていても疲れず、G...
続きを読む
【24人の24mm】牛久シャトー 【24人の24mm】牛久シャトー 2018年08月04日
牛久シャトー 16-35㎜のズームレンズのため、24㎜という画角はあまり使用していなかったのですが、いい機会ということで地元にある牛久シャトーに行ってきました。 こちらは地元では昔から有名な場所。2011年の地震で建物の一部に被害が生じ、約5年の歳月をかけて修復されました。 そんな歴史もありつつ巡ります。 まずは本館の外観。 もうここが一番のメインといっても過言ではありません。建物内には入れませんがいつ見てもきれいです。 もう面影はありませんが...
続きを読む
続・デジタル一眼はじめました。 続・デジタル一眼はじめました。 2018年07月27日
東京は、酷暑ならぬ“極暑”と呼ばれる暑い日が一旦落ち着いております。 その極暑中のある日、一日中エアコンの効いた室内に籠もっているのもそれはまた体に悪いと思い、 熱中症対策を整え、多少日差しが和らいだ夕方から出掛けることにしました。 目的地は自宅からほど近い、大きな水辺のある公園。 機材は前回同様、α6500とVario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z です。 途中、西日に照らされた犬の置物の前を通り過ぎます。 普段から暑そうに見えるのですが、この日は特にそう感...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]