【SONY】α7III その進化に迫る Part2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7シリーズ 比較

α7IIから大幅に進化した『α7III』。α9・α7RIIIで培われた技術が多く使われていることもあり、ボディ形状や操作系のみならず・ファインダー倍率・サイレント撮影性能・動画撮影機能など多くの共通点がみられます。

  SONY α7III SONY α7II SONY α7RIII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS
有効画素数 2420万画素 2430万画素 4240万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~25600
(拡張50〜25600)
100~32000
(拡張50〜102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
シングルスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 4.5段/5軸 5.5段/5軸
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約368万ドット
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
サイレント撮影 最高10コマ/秒 最高10コマ/秒
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高5コマ/秒(AF/AE追従) 最高10コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 89コマ(圧縮RAW) 23コマ(圧縮RAW) 76コマ(圧縮RAW)
動画撮影 4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応

S-Log2
4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.0型
約122.9万ドット
3.0型
約144万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約710コマ
NP-FW50
約290コマ
NP-FZ100
約530コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約126.9×95.7×59.7mm
約556g
約126.9×95.6×62.7mm
約572g



他メーカー ライバル機 比較

ミラーレス機と一眼レフ機の構造的な違いはあるものの、やはり最新機種である『α7III』の方が有利な点が目立つ結果になりました。しかしミラーレス機は電力を多く使用する分、バッテリーの撮影可能枚数は一眼レフ機の方がまだまだ上手。同じような使い方で撮影をするのなら、予備バッテリーがあったほうが安心かもしれません。

  SONY α7III Nikon D750 Canon 6D MarkII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズCMOS
有効画素数 2420万画素 2493万画素 2620万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~12800
(拡張50〜25600)
100~25600
(拡張102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
デュアルスロット シングルスロット
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 (手ブレ補正はレンズに依存) (手ブレ補正はレンズに依存)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
アイレベル式ペンタプリズム
視野率100%
アイレベル式ペンタプリズム
視野率98%
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.7倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
51点(位相差検出方式)
15点(クロスタイプ)
45点(位相差検出方式)
45点(クロスタイプ)
サイレント撮影 最高10コマ/秒(無音) 最高3コマ/秒(静音) 最高3コマ/秒(静音)
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 117コマ(JPEG) 100コマ(JPEG) 150コマ(JPEG)
動画撮影 4K HD 4K
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.2型
約122.9万ドット
3.0型
約104万ドット
タッチフォーカス/タッチシャッター対応
バッテリー撮影可能枚数 約710コマ 約1230コマ 約1200コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約140.5×113×78mm
約750g
約144.0×110.5×74.8mm
約685g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】紅葉の中を漕ぐ 【SONY】紅葉の中を漕ぐ 2018年11月10日
みなさんこんにちは。 遂に秋になり少し肌寒い日々が続きますね。 今回は日光の「中禅寺湖」にてカヤックをやりつつ紅葉を撮影してきました。 今回のお供は 【SONY Cyber-shot DSC-RX100M5】 バリオゾナー24-70mmF1.8-2.8 の明るいズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラです。 午前6時日光の中禅寺湖に到着。さっそく出艇の準備を整えます。 準備が終わりいざ出艇。 朝日に照らされた紅葉が美しい。 1時間ほど漕いで対岸に到着。 周りには誰もおら...
続きを読む
【SONY】Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 赤ちゃん撮影 【SONY】Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 赤ちゃん撮影 2018年10月29日
F2 1/60 ISO-100 結婚式撮影をさせて頂いた友人の出産を機に、ファミリーフォトの撮影をしてきました。 今回、15年間キヤノン使いだった私がほとんど使ったことのないソニーのカメラに挑戦。 ソニー使いとしては私もまだまだ赤ちゃんみたいなものです。 F2 1/60 ISO-160 ※トリミング画像 赤ちゃんは生まれて2ヶ月半ほど。 まだ首が座っていないので、頭を支えていないといけません。 F3.5 1/60 ISO-400 ※トリミング画像 出産前に着用しているワンピースでマタニティフォトを...
続きを読む
【SONY】つれづれ猫散歩。 【SONY】つれづれ猫散歩。 2018年10月22日
var forcia_var = { JAN_CODE: "4548736001657,4905524934786" ,LIMIT: "28" ,SELL:"used" ,SORT:"random" ,NO_SHOW:"subtitle,rating,review,icon_sp" ,GadgetType:"medium" ,DISP_PAGE_LINK: "1" };
続きを読む
究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」 究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」 2018年10月08日
人間の目のF値は1.0と言われおり、今回使用したレンズの明るさはF0.95。 肉眼より明るいレンズで撮影すると夜景はどの様に写るのでしょうか。 今回は現行販売されているレンズの中でもトップクラスの明るさを誇る 中一光学「SPEEDMASTER 50mm F0.95」を使って撮影してみました。 今回撮影した映像 使用機材:SONY α9+中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 撮影設定:F0.95/4K24fps記録 ISO AUTO(100~6400)で撮影 動画撮影時はフレームレートの関係からシャッタースピードを大きく下げて露出を調整する...
続きを読む
【SONY】α77II 虫撮り 【SONY】α77II 虫撮り 2018年10月06日
猛暑が落ち着いたと思いきや雨と台風による悪天気の繰り返しで、 なかなか撮影に行けないと思っている方は多いのではないでしょうか。 そんな天気の中、貴重な晴れ間に、 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 公園の入り口にハナゾノツクバネウツギ(公園でお馴染みの植物です)にオオスカシバが舞って吸蜜をしていました。 名前だけは仰々しいですが、見たことがある人が多いのではないでしょうか。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]