【SONY】α7III その進化に迫る Part2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part2

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7シリーズ 比較

α7IIから大幅に進化した『α7III』。α9・α7RIIIで培われた技術が多く使われていることもあり、ボディ形状や操作系のみならず・ファインダー倍率・サイレント撮影性能・動画撮影機能など多くの共通点がみられます。

  SONY α7III SONY α7II SONY α7RIII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS
有効画素数 2420万画素 2430万画素 4240万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~25600
(拡張50〜25600)
100~32000
(拡張50〜102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
シングルスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 4.5段/5軸 5.5段/5軸
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
0.5型電子ビューファインダー
約368万ドット
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
サイレント撮影 最高10コマ/秒 最高10コマ/秒
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高5コマ/秒(AF/AE追従) 最高10コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 89コマ(圧縮RAW) 23コマ(圧縮RAW) 76コマ(圧縮RAW)
動画撮影 4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応

S-Log2
4K記録
S-Log2,S-Log3
HLG対応
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.0型
約122.9万ドット
3.0型
約144万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約710コマ
NP-FW50
約290コマ
NP-FZ100
約530コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約126.9×95.7×59.7mm
約556g
約126.9×95.6×62.7mm
約572g



他メーカー ライバル機 比較

ミラーレス機と一眼レフ機の構造的な違いはあるものの、やはり最新機種である『α7III』の方が有利な点が目立つ結果になりました。しかしミラーレス機は電力を多く使用する分、バッテリーの撮影可能枚数は一眼レフ機の方がまだまだ上手。同じような使い方で撮影をするのなら、予備バッテリーがあったほうが安心かもしれません。

  SONY α7III Nikon D750 Canon 6D MarkII
センサータイプ 35mmフルサイズ裏面照射型CMOS 35mmフルサイズCMOS 35mmフルサイズCMOS
有効画素数 2420万画素 2493万画素 2620万画素
ISO感度
(静止画)
100~51200
(拡張50〜204800)
100~12800
(拡張50〜25600)
100~25600
(拡張102400)
カードスロット デュアルスロット
(スロット1は UHS-IIに対応)
デュアルスロット シングルスロット
ボディ内 手ブレ補正 5.0段/5軸 (手ブレ補正はレンズに依存) (手ブレ補正はレンズに依存)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー
約240万ドット
アイレベル式ペンタプリズム
視野率100%
アイレベル式ペンタプリズム
視野率98%
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.7倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 693点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
51点(位相差検出方式)
15点(クロスタイプ)
45点(位相差検出方式)
45点(クロスタイプ)
サイレント撮影 最高10コマ/秒(無音) 最高3コマ/秒(静音) 最高3コマ/秒(静音)
最高連写速度 最高10コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従) 最高6.5コマ/秒(AF/AE追従)
連続撮影枚数 117コマ(JPEG) 100コマ(JPEG) 150コマ(JPEG)
動画撮影 4K HD 4K
液晶モニタ 3.0型
約92万ドット
タッチフォーカス/タッチパッド対応
3.2型
約122.9万ドット
3.0型
約104万ドット
タッチフォーカス/タッチシャッター対応
バッテリー撮影可能枚数 約710コマ 約1230コマ 約1200コマ
寸法(W×H×D)
質量(ボディのみ)
約126.9×95.6×62.7mm
約565g
約140.5×113×78mm
約750g
約144.0×110.5×74.8mm
約685g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時26分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】Batis40&85mmで撮る新春! 【SONY】Batis40&85mmで撮る新春! 2019年01月14日
SONY (ソニー) α7RⅢ+Carl Zeiss (カールツァイス)Batis 40mm F2 CF 焦点距離:40mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:100 皆様は2019年のお正月をどのように過ごされましたでしょうか?初詣や初売り、観光地にお出かけになられた方も多いかと思います。出不精な私は寝正月で毎年過ごしてきましたが、新春のすがすがしい陽気に誘われて「どこかへ出かけよう!」と思い立ち、新年初撮りを行いました。 使用機材はSONY α7RⅢにツァイス「Batisシリーズ」から大人気の「Batis 40mm F2 CF...
続きを読む
【SONY】 コンデジを侮ることなかれ HX99Vの実力は凄かった 【SONY】 コンデジを侮ることなかれ DSC-HX99Vの実力は凄かった! 2019年01月07日
突然ですが、この写真はどのカメラで撮影された写真かお分かりになりますでしょうか。 一眼レフ? ミラーレス? 高級コンデジ?? 本ブログのタイトルで察しがつくと思いますが 1/2.3インチ小型センサーを搭載したコンデジで撮影したものです。 一眼でもなく、ミラーレスでもなく、高級コンデジでもない ファミリー向けのセンサーサイズが小さいコンデジで撮影されたものだと聞くと、驚く方もいるかも知れません。 近年、スマートフォンを筆頭にした気軽に写真撮影ができる...
続きを読む
イルミネーション 【SONY】イルミネーションの輝き 2019年01月06日
つい先日までクリスマスムードに浸っていたのに、 もう年が明けてすっかりお正月です。 今年も日々精進して参ります。 改めてよろしくお願い致します。 去年の12月の写真になりますが、 年末の町の輝きが年間を通して一番好きな季節ですのでお付き合いください。 まずは、恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション。 最高級グラスで有名なBaccarat(バカラ)で作ったシャンデリア。 毎年見ても感動します。 ひょっこり東京タワーも見えました。 続いてこちらは...
続きを読む
明けましておめでとうございます。 【SONY】迎春。 2019年01月01日
明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。 本年も皆様に楽しんでいただけるような記事を掛けるよう 精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。 さて、2019年の元日でございます。 年始感のある写真をセレクトしましたので、早速ご覧ください。 まずはやはり初日の出。 赤く燃ゆる空、輝く陽光を眺めると心が洗われるようです。 そして初詣へ。 新年ばかりお参りにくる私のことを、神様はどう思っているのでしょう。 ...
続きを読む
スーパースローモーションで捉えるカメラ機構「メカシャッター編」 スーパースローモーションで捉えるカメラ機構「メカシャッター編」 2018年12月31日
SONY RX100シリーズでは、RX100M4以降から最大960fps(40倍)のスーパースローモーションが可能となっています。 今回はこの撮影機能を使って普段、目では捉えることの難しいシャッターの動きを撮影してみました。 今回使用したカメラはCanon EOS-1D X Mark II。 このカメラはファインダー撮影時、最高約14コマ/秒となっており、RX100M6の960fps(40倍)のスーパースローモーションで撮影しました。 どのように撮影できたかは、動画でご確認ください 使用機材:DSC-RX100M6 撮影設定:960fps 画質優...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]