Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その2 | THE MAP TIMES 
Select Language



Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その2

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年03月01日 21時55分]


春一番が到来して久しぶりに暖かい一日、本日から横浜にてCP+が開催されております。
気になる未発売のあの機種が、あのレンズが、生で触れる絶好のチャンス!

普段あまり見かけないアクセサリーを見てみたり、各社メーカー様のアウトレット品が購入できる販売会など、カメラ好きなら思わずワクワクしてしまうイベントが盛りだくさん。
3/4の日曜日まで開催されておりますので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

マップカメラでは会場の様子をリアルタイムで更新しています!
null

特設サイトがございますので、是非ご覧ください。


さて、本ブログでは先々週に引き続き、最新鋭機種 G9PROの魅力に迫っていきたいと思います。
Panasonic LUMIX DC-G9 PRO

↑前回のブログはこちら↑


前記事に引き続き、すべてJPGでの撮影 未加工です。
RAW現像抜きでの実力をご堪能ください。


G9PROの特徴のひとつである強力な6.5段手振れ補正、気になっている方も多いのではないでしょうか?
今回は夜景撮影に挑みました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 10mm F6.3 SS:2秒 ISO:400



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 11mm F13 SS:3.2秒 ISO:640



1枚目はシャッタースピード2秒、2枚目は3.2秒と、三脚必須の超低速シャッター。
しっかり三脚を構えて…といきたい所ですが、撮影スポットは三脚NG。
2枚の写真は全て三脚なし、手持ちでの撮影です。

遠方にある極々小さな光源までしっかりとした点で表示されているのを確認したときは、本当に驚きました。

一眼レフでは重さも相まって、2~3秒手持ちで撮影するとなると手が震えてしまい、手振れ補正がついていてもブレてしまいます。
マイクロフォーサーズだからこそ出来る軽量システム、そして強力な手振れ補正は、夜間撮影で圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれることが体感できました。

合わせてISO感度も上げずに撮影できるので、高感度撮影のノイズもカバー出来るのも魅力です。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 8mm F4 SS:1/5秒 ISO:400


高所から見下ろす町並みは絶景です。
こんな小さな家並もしっかり解像されています。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 8mm F4 SS:1/5秒 ISO:400


実は先ほどの写真、ハイレゾモードで撮影した写真をトリミングしたものなのです。
今回は手持ちでハイレゾモードに挑みましたが、しっかり撮影することが出来ました。
技術的な仕組み上、手振れ補正を犠牲にしているので基本的には三脚必須での機能ですが、三脚が使えない環境下であっても失敗覚悟で撮影に挑戦する価値はありそうです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 8mm F4 SS:1/5秒 ISO:400 (HDR ±1)


雰囲気のある暗いレストランでの撮影では明暗差が大きく、中々思い通りに撮影できないことも多いのではないでしょうか?

この写真は本体に搭載されているHDR機能を使って撮影しています。
明暗差をEV±1~3の中から設定できるので、強烈なダイナミックレンジはいらないけど、ちょっとでも明暗差を縮めたい…
そんな撮影環境では積極的に使用できる機能だと感じました。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH. 45mm F1.2 SS:1/4 ISO:400



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH. 45mm  F1.2 SS:1/2 ISO:400



G9PROはマイクロフォーサーズ機の中では大きいボディですが、それでも1眼レフに比べれば小型ですので、ちょっとした撮影にさっと取り出せるのも本機の魅力ポイント。
バリアングル液晶を搭載しているので、静かな場所でもスマートに撮影が出来ます。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 8mm F6.3 SS:1/250秒 ISO:100



撮影場所をガラっと変えて、富士山のふもとの山中湖にも撮影に向かってみました。
今年の厳しい寒冬で湖も半分凍っており、いつもとは違う一面を見せてくれます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO


天気もよく雲がタイミングよく流れてくれたので、富士山の山頂まで綺麗に撮影することが出来ました。
見ていただけると分かるとおり、岩や雪の質感までしっかり解像しています。
この写真、望遠レンズで撮影したと思いきや…


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 18mm F8 SS:1/160秒 ISO:100


例のごとくハイレゾモードで撮影した上記の写真をトリミングした物です。
軽量なマイクロフォーサーズシステムで、これだけの写真が撮れるのです。
トリミング前提で撮影を行えば、標準レンズ一本で望遠レンズのような構図も思いのまま。
前回のブログでもハイレゾショットの素晴らしさをお伝えしましたが、改めてそのすごさが身に染みる1枚になりました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH. 14mm F8 SS:1/320秒 ISO:100


冬は白鳥が飛来するようで、優雅な一面を覗かせてくれました。
バリアングル液晶を使用して、ローアングルでの撮影です。
タッチパネルで簡単に高速AFが使えるのも本機の大きな魅力のひとつです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH. 45mm  F2.2 SS:1/1600 ISO:100


↓↓トリミング↓↓


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH. 45mm  F4.5 SS:1/800 ISO:100


↓↓トリミング↓↓


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO



スナップ感覚で野鳥撮影にもトライ。
筆者は野鳥撮影を行ったことがないのですが、飛んでいる鳥にもビシっとピントをあわせることが出来ました。
シャッターを押すだけで飛ぶ鳥を捕らえる事ができたのは、本機の強力な追従AF性能があってこそ。
1枚目に関してはF2.2とかなりピントが浅くなる設定でしたが、ピンボケを起こすことなくする事もなくしっかり捕らえられているのは流石の一言です。

大胆にトリミングしても破綻しない、ローパスフィルターレス 20.3M Live MOSセンサーの性能も信頼して使えることが分かります。

文章が少し長くなってしまいましたが、本機は色々と語りたくなってしまうくらい、良いこと尽くしの最新機種となっております。
ご購入された方も色が綺麗!AFが早い!手振れがすごい!とご好評頂いている本機種、是非手にとって楽しんでみて下さい。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO

マップカメラ本館 4階ではA3ノビから、A1相当の作例を掲載しています。
マイクロフォーサーズとは思えない色調と解像力を是非ご覧ください。


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓



〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年03月01日 21時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]