【Leica】ライカSLと行く静岡の旅。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】ライカSLと行く静岡の旅。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月06日 10時30分]

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2 ASPH

50mm F4 1/60秒 ISO160

皆様こんにちは!
先月末に静岡に行ってきました。
今年が「大厄」という知人が厄払いに行くというので、それに同行させてもらいました。

仕事終わりに合流して車で出発!まず目指すは「静岡ゴールデン横丁」
「新宿ゴールデン街」的なところがあるらしいということでわくわく。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2 ASPH

50mm F2 1/60秒 ISO1000
冒頭からファンキーなお兄さんの像がお出迎え。
内装も昭和の雰囲気で統一されており、良い感じでした。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2 ASPH

50mm F2 1/60秒 ISO1000
綺麗なお姉さんも居ました。
ピント面の解像感となめらかなボケが見事です。

今回メインで使用したのはLeica SL(Typ601)アポズミクロン M50mm F2 ASPHです。
広角はスーパーエルマー M21mm F3.4 ASPHです。

Leica SL(Typ601) + Super Elmar M21mm F3.4 ASPH

21mm F3.4 1/250秒 ISO125
さて、今回の旅の目的だった知人の厄払いに「久能山東照宮」にやってきました。
徳川家康のお墓があることでも有名です。
本殿には豊臣秀吉と織田信長も祀られています。
戦国の覇者が一同集結といったところでしょうか。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2 ASPH

50mm F4 1/250秒 ISO200
アポズミクロンを持ってきて良かったと思った写真その1です。
こういった細かい装飾がどこまでビシッと写るか。
まじまじ見てみると自分の目で見たより細かいところが写っているように思います。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2 ASPH

50mm F2 1/250秒 ISO250
アポズミクロンを持ってきて良かったと思える写真その2です。
獅子の体はつるっとしていて、たてがみはザラッとした質感。
それぞれの素材の違いが手に取るように分かります。
そして体の金色に反射している光にもフリンジ(輪郭が紫などで縁取られる現象)が全くありません。
フリンジはセンサー上で光が結像する際に、光の3原色であるRGBの波長がずれてしまうことで発生しやすいです。
(特にRは波長が長く、Bは波長が短い)
レンズ名の頭に付く「アポ(アポクロマート)」は光の3原色それぞれの波長を整えることで
色のズレを防ぐ特別な構成になっているレンズにだけ与えられる名前です。
ハイライトの強い部分や輝度差があるシーンを撮ると「あぁ、こういうことなんだな」と思います。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2 ASPH

50mm F2 1/250秒 ISO64
寒桜がほぼ満開に近いほど咲き誇っていました。
写真を撮っていると、おそらくヤマガラでしょうか、飛んできたのでパシャリ。
シャッターを切ったらすぐ飛んで行ってしまったので心の中でガッツポーズ。
元データを見たら羽根の1枚1枚まで解像していて改めてこのレンズの性能に驚かされました。
ボケもスッと自然になっていて、まるで弱点が見当たらないです。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2 ASPH

50mm F4 1/250秒 ISO50
久能山東照宮へはロープウェイに乗っていきました。
途中で見える屏風谷をパシャリ。
1100段の階段を上っていくことも出来るのですが、そこまでの体力はないので断念。

アポズミクロン M50mmは絞り開放から解像力が高いので「画質を気にして絞る」ということはありません。
「被写界深度(ピントが合って見える範囲)の調整の為」に絞ります。
ポテンシャルが非常に高く、何を撮っても綺麗に写ります。
Leica SLのファインダーの解像度の高さと相まって、シャッターを切る前からピントの山がハッキリしているので
ピント拡大やピーキング機能は全然使いませんでした。

今度はポートレートで使ってみたいと思います。











3月は決算の月!
マップカメラも「中古決算」開催中!
今回ご紹介したアポズミクロン M50mm F2 ASPHも対象商品がございます!
Leica至高のレンズとして名高いこのレンズを手に入れるチャンスです!!
その他にもお買い得商品が多数ございますので要チェックです!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月06日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]