Select Language



今日の絞り値は何にしよう。

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月24日 12時00分]



SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/320s,F1.4)


皆様こんにちは。
ここ数日は寒暖差が激しく春の訪れを感じます。
体調を崩しやすい季節ですから、皆様お気を付けください。

今日取り上げるのは、SONY α7R IIIとNikon Ai Nikkor 50mm F1.4の組み合わせ。
カメラはSONYなのに、レンズはNikon。メーカーは違えども、マウントアダプターを介して取り付けました。
SONYがフルサイズミラーレス一眼を世に送り出してからというもの、旧世代のレンズたちを心行くまで楽しめるようになりました。
本当に良い時代です。


SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/40s,F5.6)


Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4は、現行のAi Nikkor 50mm F1.4 Sの一世代前。
製造期間は1977年から4年程度と短命な一方、製造上の仕様変更が多く、外観のバリエーションに富む点が面白いレンズです。
ピントリングの回転角も、現行品と比べて大きく取られており、ピントの細かな調整がしやすい点がお気に入りです。


SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/250s,F1.4,+0.3)
絞り開放では、周辺光陵落ちでトンネル効果が発生。



SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/100s,F2.8,+0.3)
2段程度絞ることで、解像感が整います。


描写性能については、現行品とほぼ共通との印象を受けます。
絞り開放では、ベールが掛かったようなソフトな描写にトンネル効果を生む周辺減光。
絞ると周辺減光は無くなり、画面全域がエッジの効いたシャープな描写へと変化していきます。
「どの絞り値で撮ろうか」という悩みが楽しみに思えてしまう、とても魅力的な存在です。
標準レンズというカテゴリーで定番の「Carl Zeiss Planar 50mm F1.4」と肩を並べるであろう個性は必見です。


SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/160s,F1.4,-1.7)
露出をマイナス補正すると、落ち方も強くなります。




SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/800s,F1.4)
夕空が美しい。明日の絞り値は何にしよう。


ここ数年は、銘玉ズームレンズが多く揃うマイクロフォーサーズ規格がメインだった筆者。
当然、持ち運ぶレンズもズームが中心で、単焦点レンズとは疎遠になっていました。
フルサイズ一眼を買ってからというもの、単焦点レンズの面白さを再認識する日々が多くなりました。
写真を撮り始めた頃に感じた「面白い!」という感情が蘇ってきます。
SONYの最高技術集合体である「G MASTER」レンズも良いですが、個性に富んだレンズも必見です。


▼今回の使用機材はこちら!▼

新品で買えるオールドレンズ...矛盾に満ちた表現ですが、
MFカメラ時代から製造されているレンズを現行品で入手できるところが、Nikonの面白いところ。
もちろん、マウントアダプターもお忘れなく!





▼こちらもチェック!▼

精度の高い国産品と気軽に手の出しやすい外国製をご用意しております。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月24日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【Canon】パンケーキとマクロレンズ 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]