Select Language



今日の絞り値は何にしよう。

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月24日 12時00分]



SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/320s,F1.4)


皆様こんにちは。
ここ数日は寒暖差が激しく春の訪れを感じます。
体調を崩しやすい季節ですから、皆様お気を付けください。

今日取り上げるのは、SONY α7R IIIとNikon Ai Nikkor 50mm F1.4の組み合わせ。
カメラはSONYなのに、レンズはNikon。メーカーは違えども、マウントアダプターを介して取り付けました。
SONYがフルサイズミラーレス一眼を世に送り出してからというもの、旧世代のレンズたちを心行くまで楽しめるようになりました。
本当に良い時代です。


SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/40s,F5.6)


Nikon Ai Nikkor 50mm F1.4は、現行のAi Nikkor 50mm F1.4 Sの一世代前。
製造期間は1977年から4年程度と短命な一方、製造上の仕様変更が多く、外観のバリエーションに富む点が面白いレンズです。
ピントリングの回転角も、現行品と比べて大きく取られており、ピントの細かな調整がしやすい点がお気に入りです。


SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/250s,F1.4,+0.3)
絞り開放では、周辺光陵落ちでトンネル効果が発生。



SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/100s,F2.8,+0.3)
2段程度絞ることで、解像感が整います。


描写性能については、現行品とほぼ共通との印象を受けます。
絞り開放では、ベールが掛かったようなソフトな描写にトンネル効果を生む周辺減光。
絞ると周辺減光は無くなり、画面全域がエッジの効いたシャープな描写へと変化していきます。
「どの絞り値で撮ろうか」という悩みが楽しみに思えてしまう、とても魅力的な存在です。
標準レンズというカテゴリーで定番の「Carl Zeiss Planar 50mm F1.4」と肩を並べるであろう個性は必見です。


SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/160s,F1.4,-1.7)
露出をマイナス補正すると、落ち方も強くなります。




SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4
SONY α7RIII + Nikon Ai 50mm F1.4(1/800s,F1.4)
夕空が美しい。明日の絞り値は何にしよう。


ここ数年は、銘玉ズームレンズが多く揃うマイクロフォーサーズ規格がメインだった筆者。
当然、持ち運ぶレンズもズームが中心で、単焦点レンズとは疎遠になっていました。
フルサイズ一眼を買ってからというもの、単焦点レンズの面白さを再認識する日々が多くなりました。
写真を撮り始めた頃に感じた「面白い!」という感情が蘇ってきます。
SONYの最高技術集合体である「G MASTER」レンズも良いですが、個性に富んだレンズも必見です。


▼今回の使用機材はこちら!▼

新品で買えるオールドレンズ...矛盾に満ちた表現ですが、
MFカメラ時代から製造されているレンズを現行品で入手できるところが、Nikonの面白いところ。
もちろん、マウントアダプターもお忘れなく!





▼こちらもチェック!▼

精度の高い国産品と気軽に手の出しやすい外国製をご用意しております。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月24日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本館4階マクロアドベンチャー 本館4階マクロアドベンチャー 2018年07月12日
本日はマップカメラ公式サイトのマクロ特集にちなんで、本館4階で取り扱っているマクロレンズをピックアップしてみました。 SIGMA Art 70mm F2.8 MACRO キヤノン純正マクロは他社製品を含めると様々な選択肢がありますが、70mm焦点距離で独壇場なのがSIGMAのカミソリマクロです。 今回Artシリーズの冠を引っ提げ、光学性能をさらに強化して帰ってきました。 Canon EOS 5D Mark III + Art 70mm F2.8 MACRO 絞りF4/シャッタースピード 1/80秒 インドシナウォータードラゴンを横か...
続きを読む
リバーサルフィルムについて。 リバーサルフィルムについて。 2018年07月10日
リバーサルフィルム。 フィルムには大きく分けて2種類。 ネガフィルムとリバーサルフィルムというものがあります。 今回はリバーサルフィルムの「FUJIFILM PROVIA100F」というフィルムをご紹介いたします。 対して、右上と右下のものリバーサルフィルム。 「スライドフィルム」や「ポジフィルム」とも呼ばれ、反転された補色(その色と正反対の色)が現れるネガフィルムとは異なり、 フィルム自体にそのまま色がのっています。(すごく簡単に説明していますが…) 左下のものがネガフィルム...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年6月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年07月09日
新品デジカメ6月ランキング 1位 SONY α7III レンズ交換式デジタルカメラ 2位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 3位 Nikon D7500 レンズ交換式デジタルカメラ 4位 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II レンズ交換式デジタルカメラ 5位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ 6位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ 7位 SONY α...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 『第48回 ミノックス写真展』 2018年07月06日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第48回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
Motorsports photo #2 Motorsports photo #2 2018年07月04日
「5月6月サーキット撮影-Nikon・PENTAX-」 6月29日、関東甲信地方が梅雨明けし、毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか? 夏場の撮影は体調管理に気をつけながら行ってくださいませ! 筆者、最近のモータースポーツシーンで衝撃だったのが「TOYOTA GAZOO Racingがル・マン初制覇」をしたことであります。 このニュースはモータースポーツファンとして、とてもうれしい出来事でした! 10月には富士でもFIA世界耐久選手権が開催されるので今から楽しみであります。 さてさて、今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]