【Canon】 EF135mm F2L USM + SIGMA MC-11 で撮る。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】 EF135mm F2L USM + SIGMA MC-11 で撮る。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月15日 18時35分]



SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 135mm。
 望遠レンズの入り口、とも言われる焦点距離ですが
 なかなか最初は単焦点レンズとして手にしよう、とは思わないかもしれません。

 しかし各社から出ている135mmのレンズにハズレなし
 と言えるほど写りが良く、国内外問わずその素晴らしい作例に惹かれた
 135mmユーザーは着実に増えています。ともいう私もその中の1人です。

 やはり135mmといえばポートレートだと思いますが
 ふらふら歩きながら撮るのにも面白いかも、と思い使っています。
 今日はそんな135mmスナップをご紹介させていただきます。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 丁度このレンズを手にした頃です。
 もうじき桜の季節、開花が待ち遠しいです。
 f3.2と割と絞っていますがボケも綺麗です。
 この撮影でこのレンズの魅力がグッと増しました。

 ん?と思われた方もいるかもしれませんが
 アスペクト比を16:9にしています。
 135mmだと縦が冗長になりがちなため、この比率の方が個人的に画作りがハマりやすいのです。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 中望遠でF2の明るさから生まれるボケが魅力ですが
 解像力、描写力も素晴らしいものがあります。
 このレンズ、実はもう発売から20年以上経っています。(1996年発売)
 今は海外では売切れが続くほど人気で、マップカメラでも海外から足を運んで購入される方が沢山います。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:500 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
 
 切り取る。
 中望遠の面白さ。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:400 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

 開放で撮る直線の奥行き。
 楽しみ方は様々です。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / SONY α7RII + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 このレンズは「逆光が美しい」レンズかもしれません。
 ※この写真はSONY α7RIIで撮影しています。さすがの解像力です。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / SONY α7RII + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 ちなみにこのSIGMA MC-11
 α7第二世代からであればAFも使用可能になります。
 今からご検討中の方がいらっしゃればα7IIからの組み合わせをおすすめします。
 (135mmのMFで動き回る娘を撮るのは骨が3,4本折れます)

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:400 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:1000 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 勿論夜間スナップにも使えます。
 むしろこのレンズを持つようになって夜間スナップに興味が湧きました。
 
peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


ちなみに

既にカメラ業界では有名ですが
私もpeak design (ピークデザイン)のストラップを購入しました。
既存のものより更に細身になったストラップ「リーシュ」です。
peak design (ピークデザイン)の付け替えが簡単な
アンカーリンクシステムは一度体験すると癖になります。
是非体験してみてください。









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓
 

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月15日 18時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

私がカメラを始めたきっかけ 私がカメラを始めたきっかけ Vol.8 2018年09月21日
-私がカメラを始めたきっかけ- さて、「私が愛してやまないニコン」、の切り口で いつも記事を書かせていただいておりますが、 もっとも私が最初に手をしたカメラは、 今所持しているD850などとは似ても似つかない、 さらにはメーカーはニコンでもない、 非常にコンパクトなカメラだったのです。 私は平成に生を受けました。 私が物心付いたころに周囲にあったカメラといえば、 デジタルカメラがほとんどで、 フィルムカメラなどは「写ルンです」程度しかしらない世代です。 カ...
続きを読む
【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]