【Canon】 EF135mm F2L USM + SIGMA MC-11 で撮る。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】 EF135mm F2L USM + SIGMA MC-11 で撮る。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月15日 18時35分]



SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 135mm。
 望遠レンズの入り口、とも言われる焦点距離ですが
 なかなか最初は単焦点レンズとして手にしよう、とは思わないかもしれません。

 しかし各社から出ている135mmのレンズにハズレなし
 と言えるほど写りが良く、国内外問わずその素晴らしい作例に惹かれた
 135mmユーザーは着実に増えています。ともいう私もその中の1人です。

 やはり135mmといえばポートレートだと思いますが
 ふらふら歩きながら撮るのにも面白いかも、と思い使っています。
 今日はそんな135mmスナップをご紹介させていただきます。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 丁度このレンズを手にした頃です。
 もうじき桜の季節、開花が待ち遠しいです。
 f3.2と割と絞っていますがボケも綺麗です。
 この撮影でこのレンズの魅力がグッと増しました。

 ん?と思われた方もいるかもしれませんが
 アスペクト比を16:9にしています。
 135mmだと縦が冗長になりがちなため、この比率の方が個人的に画作りがハマりやすいのです。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 中望遠でF2の明るさから生まれるボケが魅力ですが
 解像力、描写力も素晴らしいものがあります。
 このレンズ、実はもう発売から20年以上経っています。(1996年発売)
 今は海外では売切れが続くほど人気で、マップカメラでも海外から足を運んで購入される方が沢山います。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:500 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
 
 切り取る。
 中望遠の面白さ。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:400 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

 開放で撮る直線の奥行き。
 楽しみ方は様々です。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / SONY α7RII + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 このレンズは「逆光が美しい」レンズかもしれません。
 ※この写真はSONY α7RIIで撮影しています。さすがの解像力です。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / SONY α7RII + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 ちなみにこのSIGMA MC-11
 α7第二世代からであればAFも使用可能になります。
 今からご検討中の方がいらっしゃればα7IIからの組み合わせをおすすめします。
 (135mmのMFで動き回る娘を撮るのは骨が3,4本折れます)

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:400 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:1000 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 勿論夜間スナップにも使えます。
 むしろこのレンズを持つようになって夜間スナップに興味が湧きました。
 
peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


ちなみに

既にカメラ業界では有名ですが
私もpeak design (ピークデザイン)のストラップを購入しました。
既存のものより更に細身になったストラップ「リーシュ」です。
peak design (ピークデザイン)の付け替えが簡単な
アンカーリンクシステムは一度体験すると癖になります。
是非体験してみてください。









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓
 

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月15日 18時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]