ネコ散歩 | THE MAP TIMES 
Select Language



ネコ散歩

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



Nikon (ニコン) D4 ボディ+ Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)
Nikon D4 + Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2 ZF.2

-お気に入りのカメラで猫を撮る-
筆者、大の猫好きで猫を探しにさまざな場所に散歩へ出かけています。

近年、猫ブームが到来し、お客様の中にも猫を飼われていたり、街中で筆者のように写真を撮っている方も、たくさんいるのではないかと思います。
店頭においても「猫の写真を撮るんですが、どんなカメラ・レンズがいいですか?」「どのように撮ったらいいですか?」といったご相談を受けることがあります。猫は動きを予測するのが難しい上に、種類や生活環境によっても、大きく変わってくるのでベストな機材を決めるのは難しいところでもあります。

そのような中で、筆者が猫を撮る時に気をつけているポイントが3つあります。

1.大きいボディ・大口径レンズを使わない
猫を探すのには長丁場になる可能性があるため、なるべく負担の少ない軽いボディを選ぶようにしております。
また、大口径レンズを使わない理由としては、レンズが大きな目玉のように見えてしまい、猫が警戒してしまう可能性があるからです。

2.猫の目線に合わせる
同じ目線になることで、迫力のある写真を撮れる可能性が上がります。上から撮っていては撮れない表情もあるためです。

3.猫とのコミュニケーション
やはりこれが一番大事。警戒されていては素敵な写真はなかなか撮れません。
可能であれば撮影を始める前に撫でたり、話しかけたりしてコミュニケーションを取るようにしています。
オス猫であれば「凛々しく」メス猫であれば「美しく」撮ってあげられるようにしたいと、いつも心がけています。

上記の3つ以外にも、チルト液晶やバリアングル液晶のカメラを使用したり、ズームレンズを使用し、近づくことの出来ない状況にも対応するなど、細かくみていけば多々ありますが、今回は特に気をつけている3点を挙げさせていただきました。

では、このあたりで筆者が撮影した猫の写真をご覧ください。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

のそのそと筆者の方に向かってくる。足元でスリスリしてくる仕草はとても可愛いです。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

凛々しい表情を見せてくれたので、アップで一枚。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

茶猫の後を追って、同じように筆者に近づいて来る。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

彼もいい表情ですね。
ふたりは、かなり仲がいいようで、どちらかが動けば後をついて行くの繰り返し。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

最後はふたり揃って撮影です。丸々とした体型は貫禄がありますね。

今回の散歩で出会った猫たちは、人にかなり慣れているようなので、比較的に撮影が難しくはありませんでしたが、マニュアルフォーカスレンズのみでの撮影だったため、時間をかけながらの撮影になりました。長々付き合ってくれた、彼らには感謝の気持ちでいっぱいです。

一期一会の散歩。素敵な出会いを求めて、また散歩に出かけたいと思います。

*今回の散歩で使用したボディはニコンとソニー、レンズはカールツァイスです。







[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]