ネコ散歩 | THE MAP TIMES 
Select Language



ネコ散歩

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



Nikon (ニコン) D4 ボディ+ Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)
Nikon D4 + Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2 ZF.2

-お気に入りのカメラで猫を撮る-
筆者、大の猫好きで猫を探しにさまざな場所に散歩へ出かけています。

近年、猫ブームが到来し、お客様の中にも猫を飼われていたり、街中で筆者のように写真を撮っている方も、たくさんいるのではないかと思います。
店頭においても「猫の写真を撮るんですが、どんなカメラ・レンズがいいですか?」「どのように撮ったらいいですか?」といったご相談を受けることがあります。猫は動きを予測するのが難しい上に、種類や生活環境によっても、大きく変わってくるのでベストな機材を決めるのは難しいところでもあります。

そのような中で、筆者が猫を撮る時に気をつけているポイントが3つあります。

1.大きいボディ・大口径レンズを使わない
猫を探すのには長丁場になる可能性があるため、なるべく負担の少ない軽いボディを選ぶようにしております。
また、大口径レンズを使わない理由としては、レンズが大きな目玉のように見えてしまい、猫が警戒してしまう可能性があるからです。

2.猫の目線に合わせる
同じ目線になることで、迫力のある写真を撮れる可能性が上がります。上から撮っていては撮れない表情もあるためです。

3.猫とのコミュニケーション
やはりこれが一番大事。警戒されていては素敵な写真はなかなか撮れません。
可能であれば撮影を始める前に撫でたり、話しかけたりしてコミュニケーションを取るようにしています。
オス猫であれば「凛々しく」メス猫であれば「美しく」撮ってあげられるようにしたいと、いつも心がけています。

上記の3つ以外にも、チルト液晶やバリアングル液晶のカメラを使用したり、ズームレンズを使用し、近づくことの出来ない状況にも対応するなど、細かくみていけば多々ありますが、今回は特に気をつけている3点を挙げさせていただきました。

では、このあたりで筆者が撮影した猫の写真をご覧ください。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

のそのそと筆者の方に向かってくる。足元でスリスリしてくる仕草はとても可愛いです。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

凛々しい表情を見せてくれたので、アップで一枚。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

茶猫の後を追って、同じように筆者に近づいて来る。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

彼もいい表情ですね。
ふたりは、かなり仲がいいようで、どちらかが動けば後をついて行くの繰り返し。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

最後はふたり揃って撮影です。丸々とした体型は貫禄がありますね。

今回の散歩で出会った猫たちは、人にかなり慣れているようなので、比較的に撮影が難しくはありませんでしたが、マニュアルフォーカスレンズのみでの撮影だったため、時間をかけながらの撮影になりました。長々付き合ってくれた、彼らには感謝の気持ちでいっぱいです。

一期一会の散歩。素敵な出会いを求めて、また散歩に出かけたいと思います。

*今回の散歩で使用したボディはニコンとソニー、レンズはカールツァイスです。







[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む
秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]