Select Language



ネコ散歩

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



Nikon (ニコン) D4 ボディ+ Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)
Nikon D4 + Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2 ZF.2

-お気に入りのカメラで猫を撮る-
筆者、大の猫好きで猫を探しにさまざな場所に散歩へ出かけています。

近年、猫ブームが到来し、お客様の中にも猫を飼われていたり、街中で筆者のように写真を撮っている方も、たくさんいるのではないかと思います。
店頭においても「猫の写真を撮るんですが、どんなカメラ・レンズがいいですか?」「どのように撮ったらいいですか?」といったご相談を受けることがあります。猫は動きを予測するのが難しい上に、種類や生活環境によっても、大きく変わってくるのでベストな機材を決めるのは難しいところでもあります。

そのような中で、筆者が猫を撮る時に気をつけているポイントが3つあります。

1.大きいボディ・大口径レンズを使わない
猫を探すのには長丁場になる可能性があるため、なるべく負担の少ない軽いボディを選ぶようにしております。
また、大口径レンズを使わない理由としては、レンズが大きな目玉のように見えてしまい、猫が警戒してしまう可能性があるからです。

2.猫の目線に合わせる
同じ目線になることで、迫力のある写真を撮れる可能性が上がります。上から撮っていては撮れない表情もあるためです。

3.猫とのコミュニケーション
やはりこれが一番大事。警戒されていては素敵な写真はなかなか撮れません。
可能であれば撮影を始める前に撫でたり、話しかけたりしてコミュニケーションを取るようにしています。
オス猫であれば「凛々しく」メス猫であれば「美しく」撮ってあげられるようにしたいと、いつも心がけています。

上記の3つ以外にも、チルト液晶やバリアングル液晶のカメラを使用したり、ズームレンズを使用し、近づくことの出来ない状況にも対応するなど、細かくみていけば多々ありますが、今回は特に気をつけている3点を挙げさせていただきました。

では、このあたりで筆者が撮影した猫の写真をご覧ください。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

のそのそと筆者の方に向かってくる。足元でスリスリしてくる仕草はとても可愛いです。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

凛々しい表情を見せてくれたので、アップで一枚。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

茶猫の後を追って、同じように筆者に近づいて来る。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

彼もいい表情ですね。
ふたりは、かなり仲がいいようで、どちらかが動けば後をついて行くの繰り返し。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

最後はふたり揃って撮影です。丸々とした体型は貫禄がありますね。

今回の散歩で出会った猫たちは、人にかなり慣れているようなので、比較的に撮影が難しくはありませんでしたが、マニュアルフォーカスレンズのみでの撮影だったため、時間をかけながらの撮影になりました。長々付き合ってくれた、彼らには感謝の気持ちでいっぱいです。

一期一会の散歩。素敵な出会いを求めて、また散歩に出かけたいと思います。

*今回の散歩で使用したボディはニコンとソニー、レンズはカールツァイスです。







[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]