ネコ散歩 | THE MAP TIMES 
Select Language



ネコ散歩

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



Nikon (ニコン) D4 ボディ+ Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)
Nikon D4 + Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2 ZF.2

-お気に入りのカメラで猫を撮る-
筆者、大の猫好きで猫を探しにさまざな場所に散歩へ出かけています。

近年、猫ブームが到来し、お客様の中にも猫を飼われていたり、街中で筆者のように写真を撮っている方も、たくさんいるのではないかと思います。
店頭においても「猫の写真を撮るんですが、どんなカメラ・レンズがいいですか?」「どのように撮ったらいいですか?」といったご相談を受けることがあります。猫は動きを予測するのが難しい上に、種類や生活環境によっても、大きく変わってくるのでベストな機材を決めるのは難しいところでもあります。

そのような中で、筆者が猫を撮る時に気をつけているポイントが3つあります。

1.大きいボディ・大口径レンズを使わない
猫を探すのには長丁場になる可能性があるため、なるべく負担の少ない軽いボディを選ぶようにしております。
また、大口径レンズを使わない理由としては、レンズが大きな目玉のように見えてしまい、猫が警戒してしまう可能性があるからです。

2.猫の目線に合わせる
同じ目線になることで、迫力のある写真を撮れる可能性が上がります。上から撮っていては撮れない表情もあるためです。

3.猫とのコミュニケーション
やはりこれが一番大事。警戒されていては素敵な写真はなかなか撮れません。
可能であれば撮影を始める前に撫でたり、話しかけたりしてコミュニケーションを取るようにしています。
オス猫であれば「凛々しく」メス猫であれば「美しく」撮ってあげられるようにしたいと、いつも心がけています。

上記の3つ以外にも、チルト液晶やバリアングル液晶のカメラを使用したり、ズームレンズを使用し、近づくことの出来ない状況にも対応するなど、細かくみていけば多々ありますが、今回は特に気をつけている3点を挙げさせていただきました。

では、このあたりで筆者が撮影した猫の写真をご覧ください。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

のそのそと筆者の方に向かってくる。足元でスリスリしてくる仕草はとても可愛いです。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

凛々しい表情を見せてくれたので、アップで一枚。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

茶猫の後を追って、同じように筆者に近づいて来る。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

彼もいい表情ですね。
ふたりは、かなり仲がいいようで、どちらかが動けば後をついて行くの繰り返し。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

最後はふたり揃って撮影です。丸々とした体型は貫禄がありますね。

今回の散歩で出会った猫たちは、人にかなり慣れているようなので、比較的に撮影が難しくはありませんでしたが、マニュアルフォーカスレンズのみでの撮影だったため、時間をかけながらの撮影になりました。長々付き合ってくれた、彼らには感謝の気持ちでいっぱいです。

一期一会の散歩。素敵な出会いを求めて、また散歩に出かけたいと思います。

*今回の散歩で使用したボディはニコンとソニー、レンズはカールツァイスです。







[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
null 【フォトコンテスト】とびきりの1枚vol.4 「美しい風景」フォトコンテスト 2018年09月14日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! とびきりの1枚vol.4 「美しい風景」フォトコンテスト 皆さまが撮影した、「美しい風景」をエビフォトにご投稿下さい!毎日、エヴィフォトスタッフが選出させていただきます! 参加方法は、エビフォトに投稿するだけ!皆さま奮ってご参加ください!
続きを読む
運動会にはMicroFourThirds 運動会には MicroFourThirds 2018年09月14日
運動会は年に一度の貴重なイベント!失敗できない大切なシーンだからこそ、スマホではなく「良いカメラ」で撮影したいものです。 今回は初心者でも使いやすく、長時間の撮影でも疲れにくい小型・軽量のマイクロフォーサーズカメラを紹介いたします。 高速連写と速いAFで決定的瞬間を逃さない! 強力な手ぶれ補正で失敗カットも減らすハイスペック機 撮りたい瞬間を逃さない新機能「プロキャプチャーモード」も搭載し、撮影者に必要なスペックがギュッ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]