【Leica】 ズミクロン50mm・・・その存在感。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】 ズミクロン50mm・・・その存在感。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月13日 10時30分]


Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

ライカといえばズミクロン。
ズミクロンといえばライカ。
そんなイメージをお持ちの方は多いと思います。
ズミクロン50mm・・・その存在感はやはり大きいものだと思います。
標準レンズとして必ず持っておきたいレンズではないでしょうか。

Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

ご覧いただいている画像はLeica M-Eズミクロン50mm F2(第1世代・固定鏡筒タイプ) を付けて撮ったものです。

Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

このヴィンテージ感が私は大好きです。

Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

オールドレンズならではのこの描写に惚れ込んでしまいます。

こんな1950年代のズミクロン50mmから現在のズミクロン50mmまで順番に紹介してみましょう。

・第1世代

null

ズミクロン50mm F2 6群7枚 1954年~

Mマウントの沈胴タイプは名機「LeicaM3」と共に発売。
レンズ一群目を貼り合せず、空気層・・・いわゆる「空気レンズ」を設け、
コマ収差を良好に補正。
解像度は当時の水準では驚異的。

※M型デジタルカメラではカメラ内部に干渉するため、沈胴はさせないで下さい。




null

ズミクロン50mm F2 6群7枚 1956年~

レンズ構成は沈胴タイプそのまま、鏡筒が固定(リジット)になった。
前期はピントリングのローレットが山側、後期になると谷側に変更された。






null

DR ズミクロン50mm F2 6群7枚 1956年~

DRとはDual Range(デュアルレンジ)の略。
その名の通り、上述の通常の固定鏡筒モデルと同じ最短1m~無限遠域に加え、
約48cm~90cmの近接撮影を可能にしたモデル。
近接撮影時は、レンズ鏡筒上部へアタッチメント(メガネ)を装着する。
その際、ヘリコイドを近接側へ切り替えたうえで、
アタッチメントの下部によりコロが押さえられた状態ではないとヘリコイドが回らない等、
ドイツの工業製品らしい工夫がなされている。
通常の固定鏡筒モデルと同じく、
ピントリングのローレットの形状で前期と後期を見分けることが出来る。

null

左が通常撮影域使用時。右は近接撮影使用時。
視差補正のために近接撮影時はまさにカメラにメガネをかけたような状態になる。

※M型デジタルカメラではカメラ内部に干渉するため、メガネ装着での使用(近接側での撮影)ができません。



・第2世代

null

ズミクロン50mm F2 5群6枚 1969年~
 
最短撮影距離がこれまでの1mから0.7mに縮まった。
カラーフィルムへの対応を意識し、カラー撮影時の色収差補正も良好。



・第3世代

null

ズミクロン50mm F2 4群6枚 1979年~

レンズの設計にコンピューターを用い、ディストーションも良好に補正されている。
カラーフィルムでの使用を重視し、コントラスト重視の設計になった。






・第4世代

null

ズミクロン50mm F2 4群6枚 1994年~

ここまで紹介したズミクロン50mmは別途レンズフードを装着するものだったが、
この世代から鏡筒にレンズフードが内蔵されている。
レンズ構成は上記の4群6枚をそのまま受け継ぎ、現在に至っている。










そして・・・

null

アポズミクロン50mm F2 ASPH. 5群8枚 2013年~

最高の性能を追い求めたズミクロン50mmとして、
これまでで初めてアポクロマートレンズ及び非球面レンズを採用。
更にフローティングフォーカスシステムも搭載されている。
ゆるぎないライカの技術力・・・
世界一のレンズを設計するという意識の高さから生まれたズミクロン50mmだと言える。







いかがでしょうか?

60年以上も続いているズミクロン50mmの歴史・・・そしてそれぞれの存在感。

手にするなら今がチャンスです。

3月は決算の月!
マップカメラも「中古決算」開催中!
今回のズミクロン50mmも対象商品がございます!
もちろん他にもお買い得商品が多数ございますので要チェックです!

null


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月13日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む
秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]