【Leica】 ズミクロン50mm・・・その存在感。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】 ズミクロン50mm・・・その存在感。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月13日 10時30分]


Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

ライカといえばズミクロン。
ズミクロンといえばライカ。
そんなイメージをお持ちの方は多いと思います。
ズミクロン50mm・・・その存在感はやはり大きいものだと思います。
標準レンズとして必ず持っておきたいレンズではないでしょうか。

Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

ご覧いただいている画像はLeica M-Eズミクロン50mm F2(第1世代・固定鏡筒タイプ) を付けて撮ったものです。

Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

このヴィンテージ感が私は大好きです。

Leica M-E + ズミクロン M50mm F2

オールドレンズならではのこの描写に惚れ込んでしまいます。

こんな1950年代のズミクロン50mmから現在のズミクロン50mmまで順番に紹介してみましょう。

・第1世代

null

ズミクロン50mm F2 6群7枚 1954年~

Mマウントの沈胴タイプは名機「LeicaM3」と共に発売。
レンズ一群目を貼り合せず、空気層・・・いわゆる「空気レンズ」を設け、
コマ収差を良好に補正。
解像度は当時の水準では驚異的。

※M型デジタルカメラではカメラ内部に干渉するため、沈胴はさせないで下さい。




null

ズミクロン50mm F2 6群7枚 1956年~

レンズ構成は沈胴タイプそのまま、鏡筒が固定(リジット)になった。
前期はピントリングのローレットが山側、後期になると谷側に変更された。






null

DR ズミクロン50mm F2 6群7枚 1956年~

DRとはDual Range(デュアルレンジ)の略。
その名の通り、上述の通常の固定鏡筒モデルと同じ最短1m~無限遠域に加え、
約48cm~90cmの近接撮影を可能にしたモデル。
近接撮影時は、レンズ鏡筒上部へアタッチメント(メガネ)を装着する。
その際、ヘリコイドを近接側へ切り替えたうえで、
アタッチメントの下部によりコロが押さえられた状態ではないとヘリコイドが回らない等、
ドイツの工業製品らしい工夫がなされている。
通常の固定鏡筒モデルと同じく、
ピントリングのローレットの形状で前期と後期を見分けることが出来る。

null

左が通常撮影域使用時。右は近接撮影使用時。
視差補正のために近接撮影時はまさにカメラにメガネをかけたような状態になる。

※M型デジタルカメラではカメラ内部に干渉するため、メガネ装着での使用(近接側での撮影)ができません。



・第2世代

null

ズミクロン50mm F2 5群6枚 1969年~
 
最短撮影距離がこれまでの1mから0.7mに縮まった。
カラーフィルムへの対応を意識し、カラー撮影時の色収差補正も良好。



・第3世代

null

ズミクロン50mm F2 4群6枚 1979年~

レンズの設計にコンピューターを用い、ディストーションも良好に補正されている。
カラーフィルムでの使用を重視し、コントラスト重視の設計になった。






・第4世代

null

ズミクロン50mm F2 4群6枚 1994年~

ここまで紹介したズミクロン50mmは別途レンズフードを装着するものだったが、
この世代から鏡筒にレンズフードが内蔵されている。
レンズ構成は上記の4群6枚をそのまま受け継ぎ、現在に至っている。










そして・・・

null

アポズミクロン50mm F2 ASPH. 5群8枚 2013年~

最高の性能を追い求めたズミクロン50mmとして、
これまでで初めてアポクロマートレンズ及び非球面レンズを採用。
更にフローティングフォーカスシステムも搭載されている。
ゆるぎないライカの技術力・・・
世界一のレンズを設計するという意識の高さから生まれたズミクロン50mmだと言える。







いかがでしょうか?

60年以上も続いているズミクロン50mmの歴史・・・そしてそれぞれの存在感。

手にするなら今がチャンスです。

3月は決算の月!
マップカメラも「中古決算」開催中!
今回のズミクロン50mmも対象商品がございます!
もちろん他にもお買い得商品が多数ございますので要チェックです!

null


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月13日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~ 【Leica】Qと旅する~青森編~ 2018年09月11日
今回Leica Q(Typ116)とともに訪れたのは青森!! 車移動+美術館メインの旅の為、写真は少な目ですがご覧ください。 最初に(スイッチ式の)エンジンのかけ方が分からないというトラブルがあったりカーナビに惑わされたものの、 なんとか目的地へ…。 天気が心配でしたが、涼しく本当に気分爽快!! 思えば人生で一番北に来ました。 やってきたのは青森県立美術館! 青森を代表する芸術家、奈良美智氏や棟方志功の作品が 展示されているなど、見どころ満載です。 なかでも『あおもり犬』は見...
続きを読む
Leica (ライカ) Q(Typ116) 【Leica】非日常を楽しむ 2018年08月26日
「夏休み」というと子供の頃は特別の時間が流れていて、 その時に感じた想いや感動が大人になってもずっと忘れられない。 今回、Leica (ライカ) Q(Typ116)を持ってそんな夏休みの高原に出掛けてみた。 もう40年以上も昔のこと、大学で写真を勉強していた頃に小型でいつでも持ち歩ける、それでいて高い描写力の高性能コンパクトカメラが欲しくて学内のカメラ店に立ち寄った。 そこで出会った LEITZ-MINOLTA CL M-ROKKOR QF 40mm F2 付。 一瞬で一目惚れして、貧乏学生が一大決心をして分割で購...
続きを読む
null 【Leica】M10-P ファーストインプレッション 2018年08月25日
使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 遂に本日発売となりました『Leica M10-P』。基本性能はM10を踏襲しつつも、より静音性の高いシャッターの採用や、M型初となるタッチパネルの採用など、今までのプロフェッショナル仕様である“P”よりも特別感のあるポジションを手にいれたように感じます。そんな『Leica M10-P』を早速フィールドへ持ち出し撮影をしてきました。是非その性能の片鱗を感じて頂けたらと思います。 使用機材:Leica M10-P + ズマロン M28mm F5.6 ...
続きを読む
【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 【Leica】M10-Pご予約開始 & 先行展示やってます!! 2018年08月22日
皆様こんにちは ついにこの時がやって参りました。 Leica M10-Pのご予約受付け開始!! 正面の赤丸ロゴの代わりに天面に刻印が入ったことで 「P」の名の通りプロフェッショナルな雰囲気が漂う逸品です。 しかも今回はタッチパネル採用です。 ライブビュー撮影時のピント拡大や画像再生時の操作が快適になりました。 ナント今回、発売前ですが展示用に実機がやってきました! ライカといえば赤でしょう。 ということで、折角の刻印入りなので俯瞰から布を敷いてパシャリ。 クロームボデ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]