Select Language



【OLYMPUS】馬の写真を撮ろう!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年03月10日 10時30分]



OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

競馬というとギャンブルのイメージが強い方もいるかと思いますが、スポーツという面からも大きな魅力が詰まっています。

とりわけ本日は馬の撮影についてスポットを当てていきたいと思います。

今回足を運んだのは浦和競馬場。

【撮影機材】
OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II


競馬場に行けばいつでも馬に会える訳ではなく、
関東の地方競馬は大井→川崎→船橋→浦和の4箇所を基本1週間交代で平日に開催しています。

また、水曜日は重賞が開催されることが多いので、それ以外の平日に行くのが吉。人も少なく撮影にはお奨めです。

大井競馬場はこれからの季節はナイター開催があり、最終レースは20:50発走というスケジュールが多いとのこと。
光り輝く中、地響きを立てて疾走する馬を見るのも一興。
仕事帰りに友人と一杯楽しみながらの撮影も楽しそうです!

最近の競馬場は芸能人をゲストに呼んだり、キッズスペースやアトラクション等もあって、子供も安心して連れて行ける環境が整備されてきています。
私の息子も保育園の散歩で競馬場に行っていました。

これならパパが競馬に夢中でも安心です。
(夢中になりすぎないように注意!)

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

胸高まるスタートの瞬間!
浦和競馬場は観覧席とコースの間が柵1つでとても近いので望遠側は200mm程度で十分対応できます。

こちらは浦和競馬場1400mのレース。
手前からスタートになるので目前でカメラを構えることができます。

1600mのレースは第4コーナーの奥からスタート!
たくさんの馬がコーナーを抜けてこちらに向かってくるので激写のチャンスです!

その他の短距離と多くの長距離走は第2コーナー奥からスタートになります。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

撮影は100mm(35mm判換算)
目の前を通過する時は広角がもっとないと寄りすぎてしまいます。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

ゴール寸前。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

パドックにて。
レースを走る直前の馬の状態をチェックできる場所でグルグルと周回している馬を見ることができます。
ここで最後にジョッキーが馬に跨り周回をするので目線を頂くチャンスは本馬場よりもこちらが多いです。


E-M5 MarkIIの本体は右手のグリップが浅いですが、別売りのグリップHLD-8Gを装着するとしっかりと握り込めました。

高感度に少し弱いところがありますが、ノイズの乗り方も自然で破綻することもないところがGOODです!
屋外の動体撮影では十分に対応できました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 IIもコンパクトながらも実に便利なレンズだと感じました。
マイクロフォーサーズなので望遠側でもボケにくいところはあるものの、周辺の歪みは最小限に抑えられていて、AF速度も文句なし!
常用レンズとして付けておくには、もってこいです。

今では馬券もレース映像もネットで見られて購入もできますが
それでもぜひ一度、走る迫力と引き締まった肉体が作り出す馬の魅力を体感してみてはいかがでしょうか。













〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年03月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む
三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]