【OLYMPUS】馬の写真を撮ろう! | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】馬の写真を撮ろう!

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年03月10日 10時30分]



OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

競馬というとギャンブルのイメージが強い方もいるかと思いますが、スポーツという面からも大きな魅力が詰まっています。

とりわけ本日は馬の撮影についてスポットを当てていきたいと思います。

今回足を運んだのは浦和競馬場。

【撮影機材】
OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II


競馬場に行けばいつでも馬に会える訳ではなく、
関東の地方競馬は大井→川崎→船橋→浦和の4箇所を基本1週間交代で平日に開催しています。

また、水曜日は重賞が開催されることが多いので、それ以外の平日に行くのが吉。人も少なく撮影にはお奨めです。

大井競馬場はこれからの季節はナイター開催があり、最終レースは20:50発走というスケジュールが多いとのこと。
光り輝く中、地響きを立てて疾走する馬を見るのも一興。
仕事帰りに友人と一杯楽しみながらの撮影も楽しそうです!

最近の競馬場は芸能人をゲストに呼んだり、キッズスペースやアトラクション等もあって、子供も安心して連れて行ける環境が整備されてきています。
私の息子も保育園の散歩で競馬場に行っていました。

これならパパが競馬に夢中でも安心です。
(夢中になりすぎないように注意!)

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

胸高まるスタートの瞬間!
浦和競馬場は観覧席とコースの間が柵1つでとても近いので望遠側は200mm程度で十分対応できます。

こちらは浦和競馬場1400mのレース。
手前からスタートになるので目前でカメラを構えることができます。

1600mのレースは第4コーナーの奥からスタート!
たくさんの馬がコーナーを抜けてこちらに向かってくるので激写のチャンスです!

その他の短距離と多くの長距離走は第2コーナー奥からスタートになります。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

撮影は100mm(35mm判換算)
目の前を通過する時は広角がもっとないと寄りすぎてしまいます。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

ゴール寸前。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

パドックにて。
レースを走る直前の馬の状態をチェックできる場所でグルグルと周回している馬を見ることができます。
ここで最後にジョッキーが馬に跨り周回をするので目線を頂くチャンスは本馬場よりもこちらが多いです。


E-M5 MarkIIの本体は右手のグリップが浅いですが、別売りのグリップHLD-8Gを装着するとしっかりと握り込めました。

高感度に少し弱いところがありますが、ノイズの乗り方も自然で破綻することもないところがGOODです!
屋外の動体撮影では十分に対応できました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 IIもコンパクトながらも実に便利なレンズだと感じました。
マイクロフォーサーズなので望遠側でもボケにくいところはあるものの、周辺の歪みは最小限に抑えられていて、AF速度も文句なし!
常用レンズとして付けておくには、もってこいです。

今では馬券もレース映像もネットで見られて購入もできますが
それでもぜひ一度、走る迫力と引き締まった肉体が作り出す馬の魅力を体感してみてはいかがでしょうか。













〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年03月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]