Select Language



【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。
今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。

今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。
雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒でデコレーションされた景色には、晴れの日には決して味わえない魅力があります。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

こちらはムスカリと呼ばれる花。ブドウのように見えることから、ブドウヒアシンスと呼ばれることも。
50mmで撮影したとは思えない立体感に驚いてしまった1枚です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

晴れている日には味わえない至極柔らかな光が、優しく草花を包み込みます。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

50mmのレンズにしては珍しく最短撮影距離が40cmと短いので、こんなカットもお手の物。背景のボケの滑らかさも見事です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

雨粒が付いていたり、落ち着いた光を味わえたりと雨の日撮影のメリットはいくつかありますが、「雨の日は人が少ない」というのも大きなメリットのうちの1つです。
まさにこの写真を撮っているときは周りに誰もいなかったので、寝そべるような態勢になりながら撮影をしました。じっくりと被写体と向き合えるのも雨の日撮影の良いところです。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

パンジーにちょこんと乗る水滴が可愛らしいです。余談ですが、パンジーの花が顔に見えてしまうのは私だけでしょうか。この写真のパンジーはだいぶ酸っぱい顔をしています。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

花は可愛いのに、つぼみが怖いことで有名なポピー。舌を出して笑っているようにも見えます。訪れた時はまだほとんどがつぼみだったので一面モジャモジャでした。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

冒頭の桜と同じくらい春の花として有名なチューリップ。綺麗に咲く期間は1週間くらいと短命です。この日はちょうど綺麗に咲きそろっていてくれました。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

夕方になってくると徐々に晴れ間が出てきて、帰るころにはすっかり雨も止んでいました。

このブログを書いていて、以前に新宿御苑で透明なCDケースに霧吹きで水をかけたあと、そのケース越しに花を撮影している人を見かけたことを思い出しました。晴れ男・晴れ女の方々はそういった形で雨を演出してみても良いかもしれません。

その他にも、水たまりを鏡のように利用してみたり、水滴が落ちるところを速いシャッタースピードで捉えてみたり、雨の日撮影は様々な楽しみ方があります。カメラが濡れてしまうことにだけは気を付けて、ぜひ皆さんも雨の日撮影にチャレンジしてみてください。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【Canon】パンケーキとマクロレンズ 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]