【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。
今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。

今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。
雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒でデコレーションされた景色には、晴れの日には決して味わえない魅力があります。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

こちらはムスカリと呼ばれる花。ブドウのように見えることから、ブドウヒアシンスと呼ばれることも。
50mmで撮影したとは思えない立体感に驚いてしまった1枚です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

晴れている日には味わえない至極柔らかな光が、優しく草花を包み込みます。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

50mmのレンズにしては珍しく最短撮影距離が40cmと短いので、こんなカットもお手の物。背景のボケの滑らかさも見事です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

雨粒が付いていたり、落ち着いた光を味わえたりと雨の日撮影のメリットはいくつかありますが、「雨の日は人が少ない」というのも大きなメリットのうちの1つです。
まさにこの写真を撮っているときは周りに誰もいなかったので、寝そべるような態勢になりながら撮影をしました。じっくりと被写体と向き合えるのも雨の日撮影の良いところです。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

パンジーにちょこんと乗る水滴が可愛らしいです。余談ですが、パンジーの花が顔に見えてしまうのは私だけでしょうか。この写真のパンジーはだいぶ酸っぱい顔をしています。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

花は可愛いのに、つぼみが怖いことで有名なポピー。舌を出して笑っているようにも見えます。訪れた時はまだほとんどがつぼみだったので一面モジャモジャでした。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

冒頭の桜と同じくらい春の花として有名なチューリップ。綺麗に咲く期間は1週間くらいと短命です。この日はちょうど綺麗に咲きそろっていてくれました。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

夕方になってくると徐々に晴れ間が出てきて、帰るころにはすっかり雨も止んでいました。

このブログを書いていて、以前に新宿御苑で透明なCDケースに霧吹きで水をかけたあと、そのケース越しに花を撮影している人を見かけたことを思い出しました。晴れ男・晴れ女の方々はそういった形で雨を演出してみても良いかもしれません。

その他にも、水たまりを鏡のように利用してみたり、水滴が落ちるところを速いシャッタースピードで捉えてみたり、雨の日撮影は様々な楽しみ方があります。カメラが濡れてしまうことにだけは気を付けて、ぜひ皆さんも雨の日撮影にチャレンジしてみてください。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
【PENTAX】椅子を巡る K-01 【PENTAX】椅子を巡る K-01 2018年09月17日
横浜の洋館巡りをしていると様々な椅子に出会う。 根岸線の石川町の駅を出て坂道を上がると山手イタリア山庭園がある。階段を登り切った我々を迎えてくれるのがブラフ18番館の横にある木製のベンチ。 建物の中に入ると籐製の椅子がある。花の置かれたテーブルを挟み2脚の椅子が窓際からの柔らかいを光を受けている。 こちらも同じ山手イタリア山庭園内にある外交官の家にある椅子。窓に囲まれた空間の中から遠くに横浜の街を見ることが出来る。 外交官の家から少し距離...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]