【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。
今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。

今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。
雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒でデコレーションされた景色には、晴れの日には決して味わえない魅力があります。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

こちらはムスカリと呼ばれる花。ブドウのように見えることから、ブドウヒアシンスと呼ばれることも。
50mmで撮影したとは思えない立体感に驚いてしまった1枚です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

晴れている日には味わえない至極柔らかな光が、優しく草花を包み込みます。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

50mmのレンズにしては珍しく最短撮影距離が40cmと短いので、こんなカットもお手の物。背景のボケの滑らかさも見事です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

雨粒が付いていたり、落ち着いた光を味わえたりと雨の日撮影のメリットはいくつかありますが、「雨の日は人が少ない」というのも大きなメリットのうちの1つです。
まさにこの写真を撮っているときは周りに誰もいなかったので、寝そべるような態勢になりながら撮影をしました。じっくりと被写体と向き合えるのも雨の日撮影の良いところです。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

パンジーにちょこんと乗る水滴が可愛らしいです。余談ですが、パンジーの花が顔に見えてしまうのは私だけでしょうか。この写真のパンジーはだいぶ酸っぱい顔をしています。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

花は可愛いのに、つぼみが怖いことで有名なポピー。舌を出して笑っているようにも見えます。訪れた時はまだほとんどがつぼみだったので一面モジャモジャでした。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

冒頭の桜と同じくらい春の花として有名なチューリップ。綺麗に咲く期間は1週間くらいと短命です。この日はちょうど綺麗に咲きそろっていてくれました。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

夕方になってくると徐々に晴れ間が出てきて、帰るころにはすっかり雨も止んでいました。

このブログを書いていて、以前に新宿御苑で透明なCDケースに霧吹きで水をかけたあと、そのケース越しに花を撮影している人を見かけたことを思い出しました。晴れ男・晴れ女の方々はそういった形で雨を演出してみても良いかもしれません。

その他にも、水たまりを鏡のように利用してみたり、水滴が落ちるところを速いシャッタースピードで捉えてみたり、雨の日撮影は様々な楽しみ方があります。カメラが濡れてしまうことにだけは気を付けて、ぜひ皆さんも雨の日撮影にチャレンジしてみてください。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z 【SONY】冬の紆余曲折 2019年01月18日
新しい年が明け、年始ムードが落ち着いてきた平日のある日。 ふと冬の新宿御苑で撮影をしたことがない事に思い当たり、早速、新宿へ出掛けました。 到着したのは少し遅めの、午後2時を回った頃。 閉園の4時30分まではじゅうぶん時間があります。 入場門に到着して早々に目に飛び込んできたのは、まさかの「営利目的の撮影禁止」の看板。 念の為、インフォメーションセンターで確認するも、自身の行為が営利目的であると太鼓判を押されただけでした。 「そういえば、プライベートでしか撮りに来た...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α7RIII/ α7III〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III 続いてはα7RIIIとα7III。この2機種は今年4月にVer.3.0をリリース予定されています。 Aiによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化 シャッターボタン半押しで作動/動物瞳AF 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。そして、動...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III ニコン、キヤノンから遂に新機種が発売され、パナソニック、シグマも参戦を表明しているフルサイズミラーレス市場。その新勢力に対抗すべく、昨日(1/16)にソニーからα9・α7RIII・α7IIIの機能と性能が大幅に向上するアップデートが発表されました。今までのαユーザーはもちろんですが、これからフルサイズミラーレス機を選ぶ方にも朗報と言える今回の大型アップデート内容をまとめてみま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]