単焦点レンズでポートレート撮影 | THE MAP TIMES 
Select Language



単焦点レンズでポートレート撮影

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月22日 18時40分]



単焦点レンズ2本とストロボを持って、
野外と室内とで友人の和装ポートレート作品を撮影。
今回は異なるメーカー2本を持って行きました。


Canon EOS 5D MarkIV+EF50mm F1.2L USM
Canon EF50mm F1.2L USM
F2 1/500 ISO-100 50mm

公園で夕暮れ時に撮影。
小さな公園で背景選びに苦労しましたが、レンズ効果で背景が綺麗にボケてくれるので良く撮れました。
着物はモデル自身が着付けています。
和装撮影は滅多に出来ないのでとても楽しむことができました。



Canon EOS 5D MarkIV+EF50mm F1.2L USM
F1.8 1/160 ISO-500 50mm

室内で小物を持ち寄って背景を作り、撮影会。
きちんとしたスタジオをわざわざ借りなくても、
部屋の一区間、少しのスペースを確保して工夫して作りこめば撮影会は楽しむことができます。
今はカメラが優秀なので一般の室内でも色味が綺麗です。
定常光ですが、WB色温度を調節して撮影したら良い色味が出ました。



Canon EOS 5D MarkIV+EF50mm F1.2L USM
F2 1/80 ISO-500 50mm

上から下へ向かって徐々に溶けるようにボケて、少し幻想的な感じになりました。
Canonならではの非常に柔らかいボケ味。
女性の肌の質感を柔らかく演出できます。



Canon EOS 5D MarkIV+CarlZeiss Milvus 35mm F1.4 ZE
Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4 ZE
F1.4 1/1600 ISO-100 35mm

続いて、カールツァイスのMilvus35mm。
解像度が高く、キレの良いピント、でも背景はトロッと柔らかく高級感のあるボケ味。
MFオンリーなので、特に逆光撮影時は苦労しましたが、
今回使用したEOS 5D MarkⅣはピントが合わせやすく、スムーズに撮影出来ました。
まだまだMF初心者の私は電子音ありにして撮影、何回か挑戦している内に慣れてきました。



Canon EOS 5D MarkIV+CarlZeiss Milvus 35mm F1.4 ZE
F2 1/200 ISO-100 35mm

あえてハレーションを活かしての撮影。



Canon EOS 5D MarkIV+CarlZeiss Milvus 35mm F1.4 ZE
F1.4 1/160 ISO-500 35mm フラッシュあり

室内。今度はフラッシュを発光させてみました。
色味が良くなり、嫌な影も消えてパッと明るい印象に。
特に室内撮影ではストロボがあると撮影のレパートリーが増えて楽ししむことができます。
ストロボを一つ持っていると非常に重宝します!おすすめです。



Canon EOS 5D MarkIV+CarlZeiss Milvus 35mm F1.4 ZE
F1.4 1/160 ISO-500 35mm フラッシュあり

ストロボのお陰で、キャッチアイ(瞳の中に入る光)が活かされ、美しく色気のある目元になりました。
今回は天井バウンスで撮影しました。
他にもレフ板に反射させたり、フィルターを使用したり、真横から直で当てて顔に陰影をつけたりと使い方は様々。
使い方が分かれば、ポートレート撮影が更に楽しめるようになります。

Milvus35mmはとても柔らかいイメージだったのですが、
Canon50mmのレンズと一緒に使ってみると、少しシャープに感じました。
どちらも良いレンズですし、それぞれ味があるので、目的・イメージ・好みに合わせてレンズをお選び頂ければと思います。



↓今回使用した機材はコチラ!↓













〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月22日 18時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
【PENTAX】椅子を巡る K-01 【PENTAX】椅子を巡る K-01 2018年09月17日
横浜の洋館巡りをしていると様々な椅子に出会う。 根岸線の石川町の駅を出て坂道を上がると山手イタリア山庭園がある。階段を登り切った我々を迎えてくれるのがブラフ18番館の横にある木製のベンチ。 建物の中に入ると籐製の椅子がある。花の置かれたテーブルを挟み2脚の椅子が窓際からの柔らかいを光を受けている。 こちらも同じ山手イタリア山庭園内にある外交官の家にある椅子。窓に囲まれた空間の中から遠くに横浜の街を見ることが出来る。 外交官の家から少し距離...
続きを読む
2018年秋のAJCC写真展 "クラシックカメラで撮る楽しみ" 写真展のご案内 ~ 『2018年秋のAJCC写真展 "クラシックカメラで撮る楽しみ"』 2018年09月17日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『2018年秋のAJCC写真展 "クラシックカメラで撮る楽しみ"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]