【Leica】お花見ライカ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】お花見ライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



例年より早かった、東京の桜の開花。 その後の好天もあり、気がつけばあっという間に満開に。

ただでさえ、何となく気が急くこの時期にあって、一刻の猶予もないといった状況です。

そんな時、桜をサクサク撮る(……)のに適したライカカメラといえば、これ!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


ライカ CL です。

ライカ初のミラーレス機として 2014年4月に登場した ライカT(Typ701)。
その流れをくみながら、大幅に進化した ライカ CL は、2017年12月の発売以来、大変な人気を博しています。

今回は、その ライカ CL に、これまた人気の広角ズームレンズ

スーパー・バリオ・エルマー TL11‐23㎜ F3.5‐4.5 ASPH.を装着して、

春の暖かな日差しのもと、横浜の山手地区にある西洋館の数々を訪れてみました。

まずは、みなとみらい線 元町・中華街駅下車すぐの「港の見える丘公園」に。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


本当に良い天気。 澄み渡った青空と海の中にベイブリッジが映えていました。

きれいに整備され、色とりどりの花が咲き誇る花壇を眺めながら進むと、ありました、お目当ての桜の木が…



Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


まさに満開です。
35㎜判換算 約17~35㎜相当の画角は、満開の迫力を表現するのにうってつけ。
人も少なかったので、あれこれアングルを変え、バシャバシャとシャッターを切りました。

そして、園の端にある「横浜市イギリス館」へと。

山手地区の西洋館は、どこも入場無料、写真撮影も他の見学者の迷惑にならないようにすればOKということで、なんともうれしい撮影スポットです。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


邸内は少し暗め。 その昔、持参したライカ M3では撮影できなかった趣ある調度品の数々も、CLなら気軽に、そして味わい深く撮影できました。

館を後にし、「山手外国人墓地」の脇を進むと、隣接する「元町公園」にも見事な桜が…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


「エリスマン邸」「ベーリック・ホール」と続きます。
邸内には、イースターの装飾が… ハロウィンのかぼちゃと違って、イースターの卵はさすがにまだなじみが薄いか…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


次の洋館に行くと途中に、素敵な教会が…

青空に向かって伸びる尖塔を広角で狙います。

 + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


最後に訪れたのは、「山手イタリア山庭園」内にある「ブラフ18番館」「外交官の家」の2棟。

この時、すでにJPEGで300枚ほど撮影していて、バッテリー交換が必要になりました。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


TL11‐23㎜ は、標準ズームのTL18‐56㎜より少し全長が長く、径も大きくなります。
TLシリーズだと、装着するとちょっとバランスが悪くなりますが、CLならファインダーを覗くことでホールディングが安定するので、軽快に超広角撮影を楽しむことができます。

これからの季節、この組み合わせはおススメです!!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]