Select Language



【Leica】お花見ライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



例年より早かった、東京の桜の開花。 その後の好天もあり、気がつけばあっという間に満開に。

ただでさえ、何となく気が急くこの時期にあって、一刻の猶予もないといった状況です。

そんな時、桜をサクサク撮る(……)のに適したライカカメラといえば、これ!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


ライカ CL です。

ライカ初のミラーレス機として 2014年4月に登場した ライカT(Typ701)。
その流れをくみながら、大幅に進化した ライカ CL は、2017年12月の発売以来、大変な人気を博しています。

今回は、その ライカ CL に、これまた人気の広角ズームレンズ

スーパー・バリオ・エルマー TL11‐23㎜ F3.5‐4.5 ASPH.を装着して、

春の暖かな日差しのもと、横浜の山手地区にある西洋館の数々を訪れてみました。

まずは、みなとみらい線 元町・中華街駅下車すぐの「港の見える丘公園」に。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


本当に良い天気。 澄み渡った青空と海の中にベイブリッジが映えていました。

きれいに整備され、色とりどりの花が咲き誇る花壇を眺めながら進むと、ありました、お目当ての桜の木が…



Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


まさに満開です。
35㎜判換算 約17~35㎜相当の画角は、満開の迫力を表現するのにうってつけ。
人も少なかったので、あれこれアングルを変え、バシャバシャとシャッターを切りました。

そして、園の端にある「横浜市イギリス館」へと。

山手地区の西洋館は、どこも入場無料、写真撮影も他の見学者の迷惑にならないようにすればOKということで、なんともうれしい撮影スポットです。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


邸内は少し暗め。 その昔、持参したライカ M3では撮影できなかった趣ある調度品の数々も、CLなら気軽に、そして味わい深く撮影できました。

館を後にし、「山手外国人墓地」の脇を進むと、隣接する「元町公園」にも見事な桜が…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


「エリスマン邸」「ベーリック・ホール」と続きます。
邸内には、イースターの装飾が… ハロウィンのかぼちゃと違って、イースターの卵はさすがにまだなじみが薄いか…

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


次の洋館に行くと途中に、素敵な教会が…

青空に向かって伸びる尖塔を広角で狙います。

 + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


最後に訪れたのは、「山手イタリア山庭園」内にある「ブラフ18番館」「外交官の家」の2棟。

この時、すでにJPEGで300枚ほど撮影していて、バッテリー交換が必要になりました。

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.


TL11‐23㎜ は、標準ズームのTL18‐56㎜より少し全長が長く、径も大きくなります。
TLシリーズだと、装着するとちょっとバランスが悪くなりますが、CLならファインダーを覗くことでホールディングが安定するので、軽快に超広角撮影を楽しむことができます。

これからの季節、この組み合わせはおススメです!!

Leica CL + TL11-23mm F3.5-4.5 ASPH.









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年03月27日 22時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]