Select Language



【Nikon】新世代の本格ズーム FX70-200mm~新生活にスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年03月28日 10時30分]


日常にスパイス 04

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR
新世代望遠ズームで、新生活にスパイス
不安定な気候が続く2018年。
それでも春はやってきます。

春の訪れを感じさせるものは様々ありますが、
中でも「桜」は、春の代名詞とも言えます。
日本における始まりと別れに季節に寄り添う花。
今日は、そんな季節的にもぴったりな桜を、

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VRで撮影してきました。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


道路沿いに広がる桜並木。
昼ごろに合わせて撮影に出かけましたが、
日も暖かく、穏やかな春の陽気と言ったおもむきです。

桜を撮影するにはうってつけのピーカンです。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


道路に沿って川も流れていました。
あえてF2.8まで開けて撮影。
開放でここまで使えてしまいます。
このレンズならきっと満足で些細な描写!

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR

並木の間で、ふと空を見上げます。
満開ではないようですが、
桜と青空のコントラストが儚くも鮮やかに見えます。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


こういう機械的な被写体は
ディテールの描写力を把握するのに役立ちます。
しかし、この表現力です。
枝を垂れる桜の質感から、パイプの金属の様子まで、
克明に写し取ってくれています。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


最短撮影距離は1.1mなので、
こういったマクロ撮影的な使い方もできます。
焦点距離の数字を見て敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、
個人的には非常に汎用性に富んだレンズと言えます。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


周囲を散策している時に撮った一枚。
これは椿?それとも山茶花?
花には詳しくありませんが、なんとも引き込まれる雰囲気です。
ピント部は非常に繊細に被写体を描写しながら、
ボケは非常になだらかです。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


斜陽の逆光からパシャリ。
ひとえに晴天時に行う撮影といっても、
日が傾くだけでその雰囲気はまるで変わるものです。
さっきまで清々しかった桜も、
なんだかそっとこちらに語りかけてくるような
儚さが伴ってきます。
当然このレンズもナノクリスタルコートを採用しています。
逆光のような不利の条件であっても、
それで質感の描写力を失うようなことはありません。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


最後はスナップ的に道路標識を。
文字や絵を写真で撮影すると、
写真が説明的になりがちなので、
普段はあまり行わないのですが、
描写力の高さが楽しく、
普段とちがう撮影さえも積極的になってしまいます。
一部にしかピントがあってないこの写真でも、
ボケによって画面が破綻している印象は決してありません。

いかがでしょうか。
今回このレンズを持ち出してまず初めに感じたことは、
旧タイプのAF-S 70-200mm F2.8G ED VRIIと比較して
とても軽く感じるということです。
といっても、新型との違いはわずか110g程度のはずですが、
たかが110g、されど110gといったところでしょう。
少なくとも、旧タイプを愛用していた方ならその違いを感じるはず。
実際、私はそうでした。
旧タイプ自体の性能も非常に高かったこともあり、
買い替えをまだためらわれている方もいると思います。
しかし、このレンズは素晴らしい。
一度でも試せば、あなたもこの描写の虜になると思います。
新しい70-200を買って、この春から始まる新年度に、
華をそえてみませんか?



▼今回使用したカメラとレンズはこちら▼











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年03月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~ 暑い祭りに高画素機片手にぶらつく話 【Nikon】Nikonの話~ 暑い祭りに高画素機片手にぶらつく話 2018年07月11日
今年もそろそろ夏本番となり気温も高くなり夏らしい日々が続いております 毎年のことではありますが熱中症にも気を付けていきましょう さて成田では夏の始まりを告げる祇園祭が行われました 毎年、7日に一番近い金土日の三日間におこなわれます 今年は6日から8日に開催され私は中日の7日に参加しました ちなみに成田で祇園祭がおこなわれる際には雨が降る傾向が強い気がします 今年も初日が雨に見舞われていました 毎年、参加してみるに祇園祭に訪れる方が増えているような気がします 参...
続きを読む
【Nikon】D810と新宿夜景 【Nikon】D810と新宿夜景 2018年07月06日
本日は夜景撮影をするためにD810を持って新宿まで撮影に行ってきました。 まずは新宿の大歓楽街「歌舞伎町」にて撮影。 11時を過ぎているのに多くの人で賑わっています。 ネオン街をバックに人の流れを写したかったので三脚を立てて長時間露光で撮影。 いい1枚が撮れました。 お次はお気に入りの撮影スポット、思い出横丁にて撮影。 金曜日ということもあり、とても賑わっています。 小さなお店が軒を連ねる思い出横丁。 細い路地は、沢山ある焼き鳥屋さんのケムリがモクモク...
続きを読む
先黒と歩く浅草 先黒と歩く浅草 2018年07月02日
昨年9月にリニューアルされたVoigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用)。 レンズの高性能化が盛んな中、クラシカルな外見の中に 現代の光学技術が詰め込まれたコンパクトなマニュアル専用レンズです。 本レンズは前モデルと同様にニコンのAi-S仕様とCPU内蔵を継承しつつ、 前モデルにはなかったいわゆる「カニ爪(距離計連動爪)」が追加されてAi以前のニコンカメラにも対応しています。 今回は通称“先黒(さきぐろ)”と呼ばれるブラックリムカラーのこのレ...
続きを読む
【Nikon】マイクロレンズを使ってみる。 【Nikon】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]