SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!! | THE MAP TIMES 
Select Language



SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!!

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、
前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、
2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。

GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で,
両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、
コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、
観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、
コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュアカメラマンが集まります。
また、国内外で行われる計8戦のレースは会場や季節が変わることで、
撮影のバリエーションも豊富な事がオススメです。

筆者は2016年シーズン、近隣の富士スピードウェイから遠方のチャーンインターナショナルサーキットに至るまでの、
全戦の撮影を経て様々な場面に遭遇しました。
今回はそんなSUPER GTのレースで撮影した写真を紹介します。
レースを撮影している方や、これからレースを撮影する方の参考になれば幸いです。


レース撮影において基本になってくる使用レンズは超望遠レンズ。
筆者は1シーズンの撮影で、
EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM、EF500mm F4L IS Ⅱ USM、EF600mm F4L IS Ⅱ USMを使用。
撮影当時のボディ構成ではメイン機にEOS-1D X MarkⅡ、サブ機もEOS-1D X MarkⅡを使用、
そしてAPS-Cの1.6倍を利用した距離を稼ぐ為のEOS7D MarkⅡを含めた計3台を会場に運んでいました。
メイン機とサブ機を同じカメラにしておくと操作系に迷いがなくタイムロスが無くなります。

※画像にカーソルを置くと使用レンズが分かります。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM


フェンスの金網は大口径レンズだとこの様に抜けます。


次に良く使用するレンズが望遠ズームレンズ。
コースとの距離が近いところではサブ機にEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMを携えて撮影をします。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


そしてグリッド撮影やピット内の撮影で重要になってくるのが標準ズームレンズ。
EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMです。
ここは明るさを重視しなければ、EF24-70mm F4L IS USMやEF24-105mm F4L IS Ⅱ USMも良い候補かと思います。


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


筆者の愛車はミシュラン製のタイヤ、MICHELIN PILOT SPORT 4Sを履いてるので、
ピット裏でミシュラン製のタイヤを見つけると興奮を覚えます。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


レースは走行がメインですが、
舞台裏のピットの設営やグリットウォーク、華やかなレースクイーンも写真に収めておきたいところです。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM



いかがでしたでしょうか。ブログでは伝えきれない現場の雰囲気や撮影手法、そんなものを沢山得てきましたので、
気になる読者の方はマップカメラ店頭の、本館4階にいらしてください。レンズ選びのアドバイスも致します。
レース写真初心者の方も大歓迎です。

2018年、今シーズンは、4/7-8に岡山国際サーキットで行われる第一戦を歯切りに国内外7箇所、
計8戦が予定されています。詳しくは「SUPER GT」で検索。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF500mm F4L IS Ⅱ USM


EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM


▼今回の使用機材はこちら!▼







▼こちらもチェック!▼

超望遠レンズは数々の選択肢がありますが、
実際に一番使いやすかったのはEF500mm F4L IS Ⅱ USM(ゴーヨン)です。
ヨンニッパやロクヨンに比べると軽く、携行性に優れている点がオススメです。
また、サーキットにおいて一番キマる画角も500mmだと、筆者は思います。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
【PENTAX】椅子を巡る K-01 【PENTAX】椅子を巡る K-01 2018年09月17日
横浜の洋館巡りをしていると様々な椅子に出会う。 根岸線の石川町の駅を出て坂道を上がると山手イタリア山庭園がある。階段を登り切った我々を迎えてくれるのがブラフ18番館の横にある木製のベンチ。 建物の中に入ると籐製の椅子がある。花の置かれたテーブルを挟み2脚の椅子が窓際からの柔らかいを光を受けている。 こちらも同じ山手イタリア山庭園内にある外交官の家にある椅子。窓に囲まれた空間の中から遠くに横浜の街を見ることが出来る。 外交官の家から少し距離...
続きを読む
2018年秋のAJCC写真展 "クラシックカメラで撮る楽しみ" 写真展のご案内 ~ 『2018年秋のAJCC写真展 "クラシックカメラで撮る楽しみ"』 2018年09月17日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『2018年秋のAJCC写真展 "クラシックカメラで撮る楽しみ"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]